2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

真田丸のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 真田丸 あらすじと感想一覧


今週の真田丸は42話「味方」です。大河が40話台に入ってくると、今年ももう終わりだな~という気にさせられますね


さて、いよいよ大坂城入りした幸村ですが真田丸のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ、まずは新たに顔をそろえた面々を少し眺めてまいりましょうか


やはり何と言っても曲者は織田有楽斎(長益)でございましょうか。キャスティングも井上順さんと、いかにも胡散臭かったですね


この有楽斎は織田信長の弟で茶々の叔父にあたる訳ですが、関ケ原の戦いでは徳川方(東軍)についていたそうです。もっとさかのぼると、本能寺の変の際も、主君にあたる信忠を自害に追い込んだとも噂されていたのだとか。あ~あの笑顔に二枚舌、いかにもさもありなんな雰囲気ですよね


また、今や「お上(かみ)様」と呼ばれている茶々あらため淀君に、相変わらずベッタリとくっついている大蔵卿の息子=大野治長(今井朋彦)もようやく登場しています。毎度のことながら下世話な話で恐縮でござるが、この大野治長こそ、秀長の実の父親ではないかと噂されている人物ですが、この真田丸では、石田三成の時同様、まったく触れられていないようですね


さて、話を本題に戻しましょう


この42話では、幸村を初めとする「大阪五人衆」の成り立ちがメインに描かれていました。秀頼や治長は幸村を総大将としたかったのが、ほかの牢人衆からクレームがついたため、幸村が自分を含めた5人の代表~後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)、明石全登(小林顕作)~いわゆる合議制を提案した結果です。


まず後藤又兵衛ですが、彼はドラマの中でも本人が力説していたように、元々は黒田家の重臣でした。以前放送された「軍師官兵衛」では塚本高史さんが演じてらっしゃいましたっけ。


又兵衛は、官兵衛(如水)の息子の長政と折り合いが悪くて黒田家を出奔し、その後は細川家を頼るも、その細川家と黒田家との関係が悪化したためそこに留まることができなかったばかりか、長政が手配した奉公構(他の大名に仕えなくする刑罰)のため牢人となっていたところ、治長の誘いを受けて、真っ先に大坂城入りしたのだそうです


そんな事情ですから、たとえ大名ではなくてもプライドは高く、後からのこのこやってきた幸村がちやほやされるのが我慢ならないのも当然でしょう。


次は毛利勝永です。勝永は、その父毛利勝信とともに秀吉に仕えており、九州平定の際の功績を認められて小倉城主となりましたが、秀吉の死、そして関ヶ原の戦いの後、これを如水に奪われて改易されてしまいます。


その後は加藤清正や山之内一豊のもとに身を寄せましたが、父の死後、秀頼からの誘いを受けて土佐を脱出、大坂城へはせ参じたそうです。


また長宗我部盛親もなかなかいわくつきの人物です。ドラマの中でも自身が語っていたように「戦が嫌いで肝の小さい男」のようで、関ケ原の戦いでは、表向きは西軍についていましたが、本来は参加したくなかった~さっさと家康に投降したかったのだそうです


が、ようやくその願いが叶ったというのに、かねてよりのお家騒動で兄を殺したことを家康に非難され、土佐の領土を没収された上、牢人になってしまったそうです。幸村も語っていたように、見た目はその幼名(千熊丸)にふさわしくといかにも荒々しいですが、中身は、荒ぶる牢人衆の中で心細く感じていたという小心者のようです


さて最後は明石全登です。ドラマの中でもずっと「祈り」を唱えていたことからも分かるように、全登はいわゆるキリシタン大名です。秀吉がキリシタンへの取り締まりを強化した際には、母方の親戚である黒田如水の庇護を受けていたのだとか。


その後は徳川および長政により本格的にキリスト教が禁止されたため、逆にこの勢力を取り込もうとした秀頼の下へ駆けつけたと思われまする。


これら何とも個性的な面々を今後幸村がどうまとめていくのか、に注目です。長年苦労を積んだ幸村なら彼らの個性をうまく生かしていけそうでしたし、それを三谷さんがどう味付けしていくのかが楽しみですね


さて、お堅い話はこれぐらいにして、ほかで楽しかったのは、やはり、源三郎と堀田作兵衛のシーンでしょうか藤本隆宏さんが楽しい♪。こちらもそろそろ「信之」と呼ぶべきでしょうがなかなかその気になれませぬ


大阪入りした幸村から、年を取った内記に代わり、腹心として側におきたいと声を掛けられた作兵衛は、二つ返事でこの誘いに応じることにしました。その前に、すえ(恒松祐里)と石合十蔵(加藤諒)に婚礼を挙げさせたのは、これを幸村に報告したい気持ちもあったのでしょうね


が、作兵衛の計画に気づいた源三郎がその行く手を遮ります


お前を行かせるわけにはいかぬ!わしにお前を斬らせるなっ!!一応はカッコいいシーンなんですが・


対豊臣の戦にふたりの息子を出陣させる源三郎としては、幸村の参戦は寝耳に水で大変ショックだったわけです~やはり蕎麦しか送らんかったのがまずかったんちゃうか。これ以上、身内から「裏切り者」を出すわけには参りません。今や源三郎はすっかり徳川家の家臣なのです。


ですがここで、昨今源三郎を悩ませていた「腕のしびれ」が襲いました。これで源三郎が刀を落としてしまったのを、佐助や作兵衛は、

「許してくれた

と勘違いし、涙ながらに礼を言って去っていくわけです


やはり若殿は分かってくれたさすがは信之殿!!いや違う、許したのではないっ!!いやそうではない、許してなどおらぬ!


いやいや、ここはいかにも源三郎らしくてお腹抱えて大笑いでございました


他、秀忠の正室のが登場し、娘で秀頼の妻となっている千姫(永野芽郁)を心配していたのを見て、それが新妻聖子さんだったことに驚いてしまったおばさんです。いや~ミュージカル以外のドラマ出演は初めて拝見いたしました。


そんな江の心配をよそに家康をたきつけていた阿茶局はまた相変わらず貫禄十分でございましたね


孫娘をおもんぱかる家康に、そんなものはテキトーに嘘をついてごまかし、千姫を奪還してから秀頼を亡き者にすればよいとうそぶきます。そこで先日見たドラマを思い出し、「スケバン刑事」がなかったらこの阿茶局もなかったのか、などとついつい妄想逞しくしてしまったおばさんなのでありました(注:「かもしれない女優たち」byバカリズム)。


と、今回目についたのはそれぐらいだったでしょうか


次回(もう明日でござるね)は「軍議」だそうですので、ますます盛り上がっていきそうですね。続きもとっても楽しみです真田丸が楽しみ(^◇^)



NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック (東京ニュースムック)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.