2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ワンス・アポン・ア・タイム4のあらすじはこちらからご覧いただけます: ワンス・アポン・ア・タイム4 あらすじ(ネタバレ)と登場人物、キャスト


ワンス・アポン・ア・タイム4】(Once Upon A Time S4)の第15話は「マレフィセントのたくらみ」、英語の副題は「Enter the Dragon~ドラゴンの中へ」です。 以下、ネタバレのあらすじです。


まず今回はレジーナとマレフィセントのつながりが明らかになりました。スノーの(悪気のない)密告により恋人を失ったレジーナは、その復讐のためにルンペルから魔法を習っている最中、強力な魔法使い=マレフィセントにあこがれを抱いていたそうです


が、その頃マレフィセントはブライア・ローズへの呪いに失敗してすっかり自暴自棄になっていたそうで、レジーナが訪ねて行った時には、最強の魔女の面影はどこにも見当たりませんでした。


「眠れる森の美女」ではたしか「ブライア・ローズ=オーロラ」でしたが、ここでは親子という設定のようです


レジーナは、何とかして憧れの先輩マレフィセントを鼓舞しようと、以前マレフィセントが燃やし、いまだに燃え続けているという一本の木のもとにマレフィセントを連れていきました


が、そこにオーロラの父スティーブン王(Sebastian Roché)がやってきて、マレフィセントとレジーナを捕まえて連行しようとします。マレフィセントはなすすべなくあっさりと捕まったにもかかわらず、そのマレフィセントから「魔法の初心者」と嘲られたレジーナは決して諦めず、マレフィセントを励まして抗戦し、再びマレフィセントに魔力を取り戻させるに至ったそうです


こうして元通りの最強の魔女に戻ったマレフィセントは、江戸の敵を長崎でワンス4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ、いや違った、母親で失敗した呪いを娘のオーロラにかけて、見事一矢報いたそうです。いやいや、これではどっちを応援しているか分からんね


その後レジーナはマレフィセントから「闇の呪い」を奪い、彼女を時計台の地下に30年も閉じ込めることになったわけですが、マレフィセント曰く、そんなことはスノーのした仕打ちに比べればまだかわいいものなのだとか。


今回レジーナは、スノーに依頼された通りにマレフィセントらの仲間のふりをし、彼らの行動を探ろうとしました。そこで悪戦苦闘した結果、レジーナはついに、彼らの背後にはルンペルがいて、皆で「著者」を捜そうとしていることを突き止めます。実際には悪と善とのパワーバランスを書き換えたいと表現していたようですが、要するに彼らもまた「ハッピーエンド」になりたいのです


そしてルンペルもまた、レジーナ同様、鍵はオーガストが握っていることに気づいていました。


ルンペルはマレフィセントに命じてレジーナにピノキオを誘拐させます。そうすれば「仲間」だと信じてやると脅かして


レジーナ的にはもうオーガスト=ピノキオに手を出したくはなかったけれど、仲間を装うためには致し方なく、マレフィセントの命じるままにピノキオを誘拐してしまいます。そのマレフィセントに連れていかれたのはルンペル(ゴールド)の別荘です。ここでレジーナは、ルンペルの存在を確信しました


そこへ現れたルンペルは、なんと、ピノキオをオーガストの姿に変えてしまいます。ひや~そんなことができるんなら、さっさとやればよかったのにルンペルにしかできない魔法なのねきっと、と思ったのはおばさんだけでございましょうか。いやいや、これは「闇の王」だからこそなせる業なのでございましょうな


オーガストの所持品の中にあった、あの本から切り取ったらしい一頁=「一枚のドア」が描かれた絵は既にヘンリーが調査中ですが、オーガスト自身の口から一体何が聞けるのか、これはレジーナならずとも興味津々でござりまする


ルンペルは、ロビンとの別れで心に深い傷を負ったレジーナなら、ふりではなく本当に再び悪に戻る可能性がある=仲間になれる、と考えていたようですが、果たしてレジーナは踏みとどまることができるのでしょうか?ワンスのレジーナが大好き(^^)/


そのルンペルですが、今回はキリアンに化けてまんまとベルを騙し、闇の腱を取り戻してしまいます。だいたいですね、あのキリアンが、エマ無しで単独行動をした時点で怪しいですよね


それに、ベルが、ルンペルが舞い戻っているような気がして不安だと打ち明けた際、キリアンに化けたルンペルは、そんなに不安なら、闇の剣に命じてルンペルを呼び寄せればよい、などとうそぶきます。既に目の前にいるっつーのも~ベル、人が良過ぎ(;´・ω・)


またルンペルは、ベル本人の口からウィルとの交際について聞き出しました。もうルンペルのことは忘れてしまったのか、という問いに、ベルは、忘れることはできないけれど(I don't know if I can ever be over him)、ウィルといると楽しいと答えています


ルンペル自身、自分がベルを幸せにできない事は自覚しているのか、無理矢理翻意させようとしなかったのが、また何とも切なかった。もうこのふたりは本当に終わってしまうのでしょうか


次回は「人魚の歌」だそうで、そろそろキリアンとアースラの過去が明らかになりそうですね。これもめっちゃ楽しみです


ワンス・アポン・ア・タイムのレビューはこちらから: シーズン1シーズン2シーズン3


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4 コレクターズ BOX Part2 [DVD]ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4 コレクターズ BOX Part2 [DVD]
関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.