このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ワンス・アポン・ア・タイム4(Once Upon A Time S4)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ワンス・アポン・ア・タイム4 あらすじと感想 第20話 マレフィセントの娘

ワンス・アポン・ア・タイム4のあらすじはこちらからご覧いただけます: ワンス・アポン・ア・タイム4 あらすじ(ネタバレ)と登場人物、キャスト


ワンス・アポン・ア・タイム4】(Once Upon A Time S4)の第20話は「マレフィセントの娘」(Lily)です。


このエピソード自体にそれほど小ネタ的要素は見られませんでしたが、あのリリーのトレーラーハウスの中のボードはまさに宝の山状態な匂いがプンプンして、思わず録画を止めて逐一メモしまったほど、オタク心がうずきました。他にもおそらくは意味があるのでしょうけれど、とりあえずはわかる範囲で拾ってみたので、まだ録画を残してある方は是非確認してみてくださいませね


でもまずは、簡単なネタバレのあらすじから参りまするワンス・アポン・ア・タイム4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


予告通り、エマはレジーナとともにNYへ行くことになりました。レジーナはロビン救うためですが、エマの目的は、図らずも両親が不幸にしてしまったマレフィセントの娘、リリーを捜し出すこと。さすがのエマも、まさか、昔出会ったリリス=リリーとそんな因縁があろうとは夢にも思わなかったようです。


これはマレフィセントからの情報によって明らかになりました。マレフィセントは、己の目的を達成するためには仲間だったクルエラもあっさり殺した(エマに殺させた)ルンペルとは組めないと思い知り、エマに娘を捜してほしいと協力を仰ぎに来たのです。個人的に、マレフィセントは結構お気に入りキャラだったりするのでここは嬉しい展開でした


事実を知って驚いていたエマに、レジーナが共感を示したシーンがまた良かったですね


Ain't fate a bitch? Emma, there are powers beyond our understanding. I know. It hurts, doesn't it? Our actions are our own, but fate pushes us.
運命って皮肉よね。私たちの理解を越えた力が存在している。分かるわ、辛いわよね。行動は自分で起こすものだけど、運命がそれを押しているのよ。


その上でレジーナはこう付け加えます。Maybe it's time to push back.(たぶん、押し返す時が来たのよ)


こうしてエマとレジーナはNYへ行き、これまた運命のなせる業か、エマが昔、最初にストーリーブルックにやってきた時同様「オオカミ」の姿を目にした後、見事にリリー(Agnes Bruckner)を見つけ出します。リリーはスターラという偽名を使い、小さなレストランで働いていました。もちろん決め手は手首のあの星形の痣です


その上リリーは、これまた意外なことに、既に事実を知っていました。これは魔法使いの弟子が、その良心の呵責に耐えかねて真実を話したのだそうです。


今回は、声だけですが、魔法使い(The Sorcerer)そのものも登場していましたね。魔法使いの弟子は魔法使いにアイザックの勝手なふるまいについて報告し、既に本の中に閉じ込めて勝手な行動をとれないようにしたと語っていました。ここはタイムラグがあるのか、まだ真実に気づいていないだけなのか分かりません。


またこれはエマの回想で明らかになったことですが、エマはあの後もう一度リリーに再会していたそうです。リリーは、エマがようやく理解のある優しい養父母※(ビル~Cameron Bancroftとケイティ~Kendall Cross)に引き取られたところ、その家にいきなり現れたのだとか。が、それが、BFにそそのかされて強盗をした直後だったため、そのニュースをテレビで見たエマに突き放されてしまいます


※この家にはマックス(Sidney Shapiro)とザック(Parker Magnuson)という子供もいましたので一応記しておきまする。


が、リリーは懸命に自らの不幸を訴えました。エマにあってからというもの、何をやってもうまくいかない、そのBFとも別れたいけれど、実母からもらった月形のペンダントだけは取り戻したい、自分が行くと捕まるから代わりに取ってきてほしい、と。


が、エマがリリーの話を信じてそのペンダントを手に入れて戻ってくると、リリーは姿を消していました。しかも、皆で旅行に出かけるための資金も盗んでいったのだそうです


早速警察に問い合わせ、リリーが指名手配されていることを知った養父母は、つい、エマにも疑いの目を受けたため、繊細なエマは即、その家を飛び出してしまったそうです。そんなエマの前に現れたリリーに、エマは二度と会わないと絶交を言い渡しました


昔はリリーを責めてばかりいたけれど、実際にはそのリリーの不幸は、すべて、自分の両親がリリーに与えたものだったと知ったエマはひどく苦しみましたが、リリーが「復讐」を企てていると知ると、一転、所持していた拳銃をリリーに向けてしまいます。エマの心は、あれからどんどん闇に支配されつつあったのです


これを止めてくれたのもレジーナでした。レジーナは家族(そしてキリアン)のためにもヒーローでいなくてはならないと懸命にエマを説得します。闇に心を支配されてはルンペルの思うつぼだ、と。


こうして何とか思いとどまったエマですが、なかなか前途は多難な様です


多難と言えば、レジーナにも困難が待ち受けていました。なんと、ずる賢いゼリーナは既にロビンの子どもを身ごもっていたのだそうです。レジーナから真実を聞かされ、またゼリーナからも正体を明かされたロビンですが、子どものことを思うとゼリーナを捨てることができないようです。やれやれ


それ以外では、レジーナが手に入れたベルの心臓は、まんまとルンペルに奪還されてしまいました。ベル自身、自分の心臓が盗まれたことを知らなかったようですね


文字通り、愛する人のハートが盗まれたことを知ったウィルは、心ならずも、ルンペルに協力せざるを得ません。ルンペルは、レジーナとマレフィセントの魔法に対抗するために、泥棒のウィルを説得して事にあたらせたという訳です。桶は桶屋に、盗みはドロボーに任せろってね。


しかもルンペルは、取り戻した心臓をベルに戻した後、今後はウィルにベルのことを託すと約束しました。ルンペルのハートは「傷ついたハートの薬」をもってしても治せなかったそうで、ここで物語を書き換えてハッピーエンドが得られなければ生きながらえることもできないのだとか。


え~ホンマかいな。ルンペルの願いが叶った=ハッピーエンドになった暁には、隣にベルの姿があると思い込んでいたのですけど??


さて、本編はこれぐらいにして、最後にお待ちかね?の小ネタをご披露させていただきまする


スノーホワイトやチャーミング王子、悪い魔女(Evil Queen)にマレフィセント、クルエラにルンペルシュティルツキン、そして「Author」についての情報が収集されていたあのクリップボードでひときわ目を引いたのは、やはり、この新聞の見出しでございましょうか


Boy spotted in the United States - but where?
アメリカで見つかった少年~でもどこで?


これに加えてさらにこんな文面も目に飛び込んできたから大喜びです


Toy becomes a real boy.
人形が本当の少年になる


これってピノキオのことですよね?いやいや、目を凝らした甲斐があり、大満足でございました


また、エマに関する情報では、エマがシアトルで探偵をやっていたことも判明しました:


PRIVATE INVESTIGATOR
Member of the Northwest Investigator Union
PO box 51-0257, Seattle, WA, 95141
Phone: (206) 555 0101
Fax: (206) 555 0101


自分はどーしよーもないオタクだと思い知らされる一瞬です


久々に趣味に走ってしまいました。お付き合いくださいました皆様もご苦労様でございました


ワンス・アポン・ア・タイム4もいよいよ残すところ3話です。続きを見るのが待ち遠しいですワンス・アポン・ア・タイム4が面白すぎ( *´艸`)


ワンス・アポン・ア・タイムのレビューはこちらから: シーズン1シーズン2シーズン3


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はワンス・アポン・ア・タイム4(Once Upon A Time S4)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング