2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち3】(Devious Maids S3)の6話は「抑えられない気持ち」です。英語の副題となっていた「She Done Him Wrong」(わたしは別よ)は同名のアメリカ映画のタイトルを採用したようです。


今回は特に大きな動きはなかったようですね。と、そういう時に限って大事なことを見逃していたりするんですが・。以下簡単なネタバレのあらすじですデビアスなメイドたち3のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずはこれから~前回意識を失っていたテイラーは一命をとりとめたようです。医師は、胃の中から出てきた安定剤の量から「自殺」を疑い、マイケルもまた、自分が浮気を責め立てたからだと思い込みましたが、ケイティがテイラーのピルケースを持っていたことが発覚して事実が明らかになります。ケイティは、やはり、テイラーを元気づけようとしただけのようです。


真相を知ったマイケルはケイティを激しく叱りました。嫌われたと思ったケイティが家を飛び出してパウエル家の玄関に佇んでいると、意外にも、エヴリンがケイティを慰めてくれます。エヴリンもまたひとり息子のバレットが亡くなった後、養子をとりたいと考えていたそうなのです。が、エイドリアンに反対されて諦めざるを得なかったのだとか


エヴリンに諭されたマイケルは厳しく叱ったことをケイティに詫び、二度と出ていったりしないよう言い聞かせました。悪い人がおまえを捜しているのだから、と


ここにきて最初の印象、ケイティが殺人鬼というイメージは大分薄れてきたようですよね。それに、今回マリソルがジェシーに、ケイティが薄気味悪い子だと語った際、ジェシーはこんな見方を示してくれたのもその伏線でしょう。薄気味悪く見えるのは、本人が何かに怯えているからかもしれない、と


やはりジェシーはなかなか良い子のようですね~。今回はマリソルとも急接近です。最初はマリソルからのキスに始まり、ついには、台所をハチャメチャにするほど激しく愛し合っていたようです。なにせ優秀なメイドがいるからお片づけの心配が要らないというのも助かりまする。あくまでも個人的な好みですが、これまでこのドラマに登場した男性陣の中で、最も魅力的な人物かもしれませぬ


と、おばさんの好みはさておき、ほかの面々についてもあっさり見ておきましょうか


まずはゾイラ~今回はゾイラの妹=レイナ(Justina Machado)が初登場でした。シッカリ者の姉につきものの実にお騒がせ極まりない妹でヴィクター(Jason Manuel Olazabal)という夫がいる身にもかかわらず、パブロと寝たことまであるそうです。他にも浮気相手は数知れず。。。


とはいえ、やはり妹は妹ということで、ゾイラを心から案じていることは間違いないようです。あ~妹というのは実に厄介な生き物ですよね。身に覚えのあるおばさん的にはゾイラに同情しきりでした


そんなゾイラも、今回は階段から転げ落ちるというアクシデントに見舞われ、やっとお腹の子ども(娘)への愛情が芽生えたらしいのは何よりでした。子どもが無事だったのも幸いでしたね


さて次はカルメンです。カルメンは、エイドリアンの度重なる異常な要求を断り切れず、ついに「電気プレイにまで付き合わされたところ、エイドリアンがその(電気)ショックで倒れてしまいます。も~ここは笑うしかありませんよね。自業自得だっつーのエイドリアンの末路は決まりvv


入院先でエイドリアンの体の傷を見た医師が、エヴリンによる虐待ではないかと誤解したのにも大笑いでした。仕方なくエイドリアンは、それがSMプレイによる傷であることを告白します。相手は妻であってほしかったが妻ではない、と


一方のカルメンもまた、最初は隠しておこうとしたのですが、あろうことかエヴリンから、夫の窮地を救ってくれた、あなたはエンジェルだと感謝までされてしまったため、黙っていられなくなります。この辺がいかにもカルメンらしいですよね


カルメンから事情を聞いたマリソルはカルメンに付き添い、エヴリンにすべてを話すよう促しました。真相を知って驚いたエヴリンは即刻カルメンを解雇しようとしましたが、そこはマリソルが許しません。異常な行為を強要したのはエイドリアンの方だ。カルメンを解雇したら訴える、と迫ります。


仕方なく折れたエヴリンは、エイドリアンに自分の要求を突きつけました。今後もずっとあなたは好きに生きればいい。私もほしいものがある~子どもよ。


さて最後はロージーです。


神父から、神が認めた夫はエルネストだと聞かされて以来、ずっとスペンスとの関係を避けていたロージーでしたが、ロージーほど信仰心の厚くないゾイラから、一番大切なのはロージーの気持ちだと励まされ、久しぶりにスペンスと愛し合おうとしたところに、神の怒りが炸裂します(?)。なんとウェストモア家にが落ちてきたのです


ロージーはすっかり怯えてしまい、もはやスペンスとはいられないとウェストモア家を出ていきました。神の怒りが怖いのみならず、ロージー自身がエルネストに惹かれているのも事実のようです。


ロージーはマリソルを頼り、テイラーが入院中のスタッポード家で働くことになったようです。ああ見えてなかなかシッカリ者のロージーですから、謎の解明に一役買ってくれそうですね。


以上でござる


シーズン3は全13話らしいのでそろそろ折り返しですね。聞くところによるとデビアスなメイドたちはシーズン4での終了が決定したそうです。最後まで楽しませてもらいたいものですねデビアスなメイドたち3も楽しみ



これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.