2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ワンス・アポン・ア・タイム4のあらすじはこちらからご覧いただけます: ワンス・アポン・ア・タイム4 あらすじ(ネタバレ)と登場人物、キャスト


ワンス・アポン・ア・タイム4】(Once Upon A Time S4)の最終回は「闇の行方」(Operation Mongoose, Part 2)です。いや~この結末には正真正銘ビックリさせられました。以下早速ネタバレです


シーズン1からずっと語り続けられてきたあの言葉~魔法には対価が伴う~が最近あまり耳にしなくなったと思いきや、最後の最後に来てドッカーンとやられちまいました


スノーとデヴィッドが、娘のエマを「ヒーロー」にしたくてかけた魔法、魔法使いの弟子に頼んで取り払ったはずの「闇」が、ここに来てついにエマを襲いました。ルンペルがゾゾから受け継いだ「闇の王」の闇、あの短剣に込められていた闇がエマに取り付き、短剣には「Emma」の名が刻まれてしまったのですも~なんてこった!!!!


~Emmaって日本語読みすると「閻魔」(えんま)とも読めますね~。ま、ホロヴィッツさんは知らんだろうけど


経緯はこうですワンス・アポン・ア・タイム4最終回のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


エマが閉じ込められている孤島は「底なしの海」(the bottomless sea)にあると聞き出したヘンリーは、早速キリアンのいるジョリーロジャー号を訪れました。キリアンはでもフック船長としてではなく、黒ひげ船長の下で働く下っ端の海賊となって働いています


そんなキリアンを一生懸命励ますヘンリーがまた頼もしかったですね。も~子どもはどんどん成長していきますね


こうしてめざす孤島へやってきたヘンリーは、ここでもキリアンと力を合わせてエマを救い出しました。エマは全てを覚えていて、きっとヘンリーが助けに来てくれると信じて待っていたのだそうです


またこの牢でエマを見張っていた見張りは「リリードラゴン」です。こちらも、エマとキリアンが協力して倒しましたが、その後の「一杯」が、お馴染みのラム酒ではなく「ヤギの乳だったのには大笑いですも~キリアン、違い過ぎ。ちなみにここでエマがキリアンを

「ジャックスパロウ」

と呼んでいましたが、これは言うまでもなく、パイレーツ・オブ・カリビアンに登場する海賊の名前でござりまするね。


そしてそのキリアンは、文字通り命懸けでエマを守ってくれました。戻ってきたエマたちをスノーとデヴィッドが待ち受けていたのを、キリアンが、弱いのに、体を張って逃がしてくれたのです


If I can help return things to how they were meant to be, then what happens to me here won't matter, will it?
もし物事を元通りにすることができたら、ここで何が起きようと同じことだろう?


も~ここはキリアンを刺殺したデヴィッドが実に憎たらしかったイミテーション、許さんぞ!


愛する人を失ったエマはレジーナの下へ行き、自分は最後までキリアンに愛していると言えなかった、レジーナに同じ過ちを繰り返してほしくはないと励ましましたエマとレジーナの友情が好き♪。これでようやく自分の気持ちに気づいたレジーナは、意を決してロビンとゼリーナが式を挙げている教会へと赴きます


が、ここに今度はルンペルが現れました。ルンペルはアイザックから「現実」を突き付けられて脅されたのです。ルンペルは決してヒーローなどではなく、その臆病さゆえに息子を死に至らしめた、それをベルに知られても良いのか?と


そう、この世界では、これは期待通りだったんだけどルンペルとベルは夫婦となり、可愛い子供までもうけていたのですよ。あの赤ん坊は、現実でいうところのスノーとデヴィッドの息子、プリンスニールでございましょうか


ルンペルがようやく手に入れたこの幸せを手放すはずがありません


アイザックに脅されたルンペルはヘンリーを殺しにやってきました。そして今度はレジーナが、体を張ってヘンリーを庇いますレジーナがヒーローとなった瞬間(´▽`*)


ママっ!!


ここでこの様子を聞きつけた、式の最中もドアから覗いていたレジーナのことが気になっていたロビンが駆けつけてきます。その後を追ってきたゼリーナは、倒れているレジーナより、ウェディングドレスについた血の方が気になるといういかにもビッチぶりを露呈したため、その手が緑色に変わっていきます。さすがはGreenieでやんすね


ロビンはついにレジーナへの愛の言葉を口にしましたAt least I can promise you. You won't die alone.(これだけは誓う~君をひとりでは死なせない)


そこにのこのこ現れたアイザックをエマが殴り倒すとアイザック、許さん!、アイザックのカバンから「魔法のペン」が転げ落ちました。それをヘンリーが拾うと、ペンは再び光を放ち始めます。そう、なんとヘンリーが次の著者に選ばれたのです。そしてインクには

光の救世主=レジーナ

の血が使われました。も~ここは実に感動的でした。前回登場したレジーナファンの女の子(Mandie Vredegoor)も、この光景を見たら大喜びしたことでしょう。Long Live Regina!なんてバッジ作るほどですからね


Thanks to the hero Regina's sacrifice, Isaac's villainous work was undone.
ヒーローレジーナの犠牲のおかげで、アイザックの非道な仕打ちは食い止められた


ヘンリーが綴った一文ですべてが元に戻りました。レジーナと言いキリアンと言い、たとえ魔法のペンの力を借りずとも、悪役がヒーローになれた良い例ですね。やはり「ハッピーエンド」は自分の力で勝ち取るものなのです


普通のドラマなら、こうして元の世界に戻ったところでめでたしめでたし~となるところでしょうに、ワンスはまだここでおおよそ半分の時間しか費やしていませんでした。残りの時間にいったい何が待っているのか~ここは実にワクワクさせられました実に中身の濃い最終回だった


現実に戻って最も哀れだったのはルンペルです。心臓=ハートが真っ黒になりつつあるルンペルの命は文字通り風前の灯火でした。しかもそのハートとは、どうやらルンペルという人間の心臓を指すのみならず、人を愛せる心をも指すらしく、もしルンペルのハートが完全に真っ黒になってしまったら、その肉体を支配するのは「the Dark One(闇の王)」そのものなのだそうです


せっかくベルが戻ってきて、ウィルを愛してなどいない、ルンペルをひとりでは逝かせない、と言ってくれたというのに

That's more dangerous than. You can ever imagine.
想像すらできない危険な存在

に、まさかあのエマがなってしまうとは!?


そのエマたちは皆でおばあちゃんのダイナーに集まって、文字通りつかの間の幸せなひと時を過ごしていました


リリーは、今度は父親を捜したいそうで、エマも喜んで協力を申し出ます。リリーの月形のネックレスはリリーが入っていた「卵の殻」でできていて、父親の唯一の手掛かりなのだそう。その時ドラゴンだったマレフィセントには、相手(リリーの父親)が誰だかわからなかったというのもまた気の毒です


また次の「著者」に選ばれたヘンリーは、亡き父ニールを蘇らせたいという誘惑にかられましたが、魔法使いの弟子からそれは不可能だと聞かされると、人を不幸にするかもしれない力は持つべきではないと、魔法のペンを自ら折ってしまいました。


また、スノーとデヴィッドは、そそくさと逃げ出したアイザックを追いかけて、こんなことをしでかした理由を問いただします。アイザックにとって、魔法の森のヒーローたちは昔の上司を彷彿させたのだそうです


あ~これ、なんとなくわかりますね。モラハラとヒーローの行動は確かに似ているかもしれません。アイザックがユダヤ人だという設定も頷けます


でも、ボッシーなモラハラの根底にあるのは自己中心性であり、それは、スノーも言っていたように結局は不幸を招くだけ。ヒーローは他人のために進んで犠牲になれる人なのです


そのスノーたちが戻ってきた頃、ダイナーにベルが現れて、ルンペルの危篤を伝えました。魔法使いの弟子は「魔法使いの帽子」を使ってルンペルの中の闇を封印しようとしましたが、闇はこれを嫌い、魔法使いの弟子に襲い掛かった後に姿を消してしまいます。ちなみにルンペルの心臓はとりあえず白くはなりましたが機能していない~ルンペルは昏睡状態にあるようです。


あやうくとりつかれそうになった魔法使いの弟子は、闇を阻止できるのは魔法使いのみ、その名はマーリンだと明かしました。お~ようやくマーリンの登場ですね


が、エマたちがそのマーリンを捜す前に、再び「闇」が現れてレジーナに取り付こうとします。それを見たエマは、そうはさせじと前に進み出ました。エマは、

You figured out how to take the darkness out of me once. You need to do it again. As heroes.
その昔デヴィッドとスノーがエマの闇を追い出したように、自分が闇に取り付かれたら、もう一度同じように闇を振り払ってほしい~ヒーローとして

と言い残して、自らの体を闇に差し出してしまいます。必死で止めようとするキリアンに

「I love you」(愛している)

と伝えながら・・・。エマーっ!!Emma! Emma, please! No. Don't do this


残された「闇の剣」には「Emma」の文字が刻まれていました。。。なんてこった、しか言えんvv


本来「・・・」や「。。。」なる表現は好かんのですが、ここは使わねばなりますまいて


あ~本当にショックでした。個人的には、エマよりレジーナのファンでしたが、まさかこんな展開が待っているとは?ワンス・アポン・ア・タイム4、衝撃の最終回!


でもあれですね、エマ・スワン(白鳥)が闇に支配されたら、文字通りブラックスワン(黒鳥)になりそうでやんすね。などとアホなこと言っとらんと、1日も早いシーズン5の放送を願うばかりでござりまする


また最後になりましたが、すっかり遅れてしまったオタクレビューに最後までお付き合いくださいました皆々様には厚く御礼申し上げます。おかげさまで何とか語り終えることができました。


来年の話をすると鬼が笑うと申しますが、来年こそは無事、リアタイで語れますことを祈りながら、最後のレビューとさせていただきます。本当にありがとうございました!


ワンス・アポン・ア・タイム5が待ち遠しい♪


ワンス・アポン・ア・タイムのレビューはこちらから: シーズン1シーズン2シーズン3


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4 コレクターズ BOX Part2 [DVD]ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4 コレクターズ BOX Part2 [DVD]
関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.