2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

イニョプの道のあらすじはこちらからお探しいただけます: イニョプの道 全20話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【イニョプの道】の16話は「反逆の始まり」です。ついにムミョンが反撃に出しましたイニョプの道のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下ネタバレのあらすじです


役所に戻ったムミョンは、その意図を問うた太宗に、自分を殺してほしいと申し出ました。太宗は既に、ムミョンが訪れたのはキム・チグォンだとの報告を受けていたようでその理由を尋ねてきます。ムミョンは、そのチグォンこそがマヌォル党の党首であると告発しました


ムミョンは、マヌォル党を倒すために=母の仇を討つためには、彼らが行動を起こす「きっかけ」を与えることが最良の策だと考えたようです。以前からウンギたちが、太宗が弟を殺して太上王を追い出したことを利用し、今度は実の息子まで殺したと民心を煽り立てるつもりでいることを知っていたからでしょう


敵を欺くにはまず味方からということで、ムミョンと太宗は、ウンチャムにも内緒で「ムミョンの処刑」を演じました


それは致し方ないとしても、ムミョンが殺されたと聞かされたイニョプの悲しみようは、見ているだけで胸が痛くなりました。本来なら、愛する人を失った悲しみにくれて呆然とするところなのに、下女であるイニョプは、そんな時でさえ、皆と同じように雑巾がけをしなければならないのです


一方のウンギも、さすがにこれにはショックを受けていたようです。が、こと相手がイニョプとなると、意地にならずにいられません。またイニョプが、ムミョンは自分の命と引き換えにサウォルを救ってくれたなどと言ったから尚更です。もうサウォルは自分の奴婢だから返せないの一点張りでした。あの男は仇じゃないか!?


イニョプはそんなウンギに、ムミョンを許したことは一度もないし、もう許すことさえできなくなったと嘆きました後悔先にたたずでござるね。ホ家に戻ってムミョンの部屋へ行き、人知れず涙にくれるイニョプが可哀想でなりませんでしたね。


「可愛さ余って憎さ百倍」が韓ドラの定番でしょうが、こうした行動を見るにつけ、愛する人を傷つけて何が楽しいのだろうか、と悲しく思わずにいられません。結局は自分も虚しくなるだけだろうに。


その後ウンギは、かねてからの計画通り、太宗が実子のムミョンを処刑したと張り紙をして決起に備えました。その様子を、今や逆境を逆手に取って彼らの動きを探っていたサウォルが嗅ぎ付けます。サウォルは早速イニョプのもとに駆けつけましたが、その動きは、無念にも、ウンギに知られてしまいますサウォルが危ない!


サウォルに剣を突き付けてふたりを詰るウンギを、イニョプは必死で止めようとしました。罰するならサウォルではなく私を罰してください!!サウォルを助けて!!


あの状況でイニョプがそう叫ぶのは無理はない、その状況を創り出しているのはウンギ本人だというのに、ここで

私がサウォルを殺すとでも思っているのか?

と逆切れして聞き返してくるウンギって、お好きな方には申し訳ないけど、ホントにうざったくてたまりませんです。はい。自分を嫌うようにさんざん仕向けてきておきながら、ほーらやっぱり嫌ったじゃないか、僕はこんなに尽くしているのに!と被害者ぶるお子ちゃまは、もうショジキ、見るに堪えません。ま、これはウンギの成長物語でもあるんでしょうケド


そこへ、こちらは苦労人で大人のムミョンが駆けつけてきました。もちろんイニョプはその無事を喜ばずにいられませんが、と同時に、ムミョンがウンギに剣を突き付けるのも止めずにはいられません。一度は愛した人なのです


そんなイニョプに、ムミョンが軽い嫉妬を覚えるのは当然でしょう。それにムミョンは変にひねくれて意固地になったりしませんからね。ホ家に戻ったムミョンは、直接イニョプの気持ちを問いただしました。お前の心の中にはいったい誰がいるんだ?


そこでイニョプが決めかねるのもまた無理からぬこと。何せ近くでウンギが聞いていたのですから尚更でしょう。そのウンギには、ムミョンを帰したのちに、キッパリ、ウンギとの縁はもう修復不可能だと言い渡しました


そのウンギは今や「逆賊」として手配されています。彼らの謀反をウンチャムに伝えたのはイニョプです。迫りくる追っ手を前に、チグォンは自信ありげにこう語ってウンギだけを逃がしました。大丈夫だ、私には考えがある


その考えというのが、太宗に高麗王室の財産を渡すことでした。その後ろには太上王がいたようです。チグォンは巧妙に太上王に取り入り、ともに挙兵しようとの約束を取り付けたのだそうです。が、太宗が取引に応じればそれを撤回し、太宗の頭痛の種である太上王を宮殿に連れ戻すと持ち掛けたのだとか


チグォンから、娘婿が逆賊では都合が悪いだろうと脅されたウンチャムが、この仲立ちを務めました。マヌォル党のことが明るみに出れば、ムミョンの過去も明かされかねないということで、太宗は一切を不問に付すことにしてしまいます。


ということは、つまり、クク・ユの無実は証明されず、クク家の復権は叶わないということです可哀想なイニョプvv


そんなこととは知らないイニョプが、サウォルとともに復権が間近に迫っていると喜んでいたのが、また何とも気の毒でしたよね


そこへ、太宗から事情を聞かされたムミョンがやってきて説明し、それを聞いて絶望するイニョプを励ましました。


もう一度だけ俺を信じてくれないか?必ず約束を守るから!お前の願いを叶えてみせる!


ムミョンが差し出した手を振り払うイニョプの気持ち、分かりますよね。どんなに頑張っても、世界は決して変わらない、と私は一生このままなの!


一方、トクセとの結婚式を前に、母が用意してくれた花嫁衣装を着て微笑むタンジもまた実に印象的でした。望んだ結婚ではないけれど、普通の奴婢なら望めないような衣装を身にまとって思わず顔がほころんでしまうタンジを見ては、思わず母親の気持ちになってしまいます。たとえ恋しく思う相手と添い遂げられずとも、優しいトクセと一緒になって穏やかな幸せを手に入れてくれればそれでよい、とタンジにも幸せになってほしい♪


が、ここにきて、なんとユンソが一念発起したようです。ユンソは自分が生きている証はタンジだけだと断言し、すべてを手放す決意をして、タンジと駆け落ちを図ったのです??


いや~あのユンソに貧乏暮らしが耐えられるんですかね~とここは甚だ疑問でござるねまったく情けない男だ


最後まで見たはずなのに、こうして再視聴してみると、あらためてジックリ見入ってしまいますイニョプの道は続きを見るのが楽しみです




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.