ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
フォスター家の事情(The Fosters)
 家族モノ・ホームドラマ

フォスター家の事情2(The Fosters S2) 最終回 あらすじ けじめ

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情2The Fosters S2)】もついに最終回を迎えました。副題は「けじめ」で、原題は「The End of the Beginning」(始まりの終わり)です。も~いったいどんだけハラハラさせたら気が済むのでしょうかね、このドラマは。以下早速ネタバレですikari


なんと、最終回のラストでは、アナが運転してヘスースとマリアナを乗せていた車が事故に遭ってしまいました。あくまでも警官として現場へ急行するよう要請されたステフには「One reported fatality」(ひとり死亡)という連絡が入っています


ぶつかったのは助手席のようでしたので、そこに乗っていたヘスースの確率が高いように思われますが~何とか誤報であってほしいと願わずにいられません


本来なら、妊婦のアナが運転すべきではなかったのですが、ステフとリーナはマリアナの親権のことで裁判所から呼び出されたところでした。ロバートが、キャリーが法的独立を試みていることに気づいたのです。


が、折よくロバートは、昔、父のロバートSr(Patrick Duffy)に自分がされた仕打ちを思い出していました。ちょうどキャリーが、裁判所命令でロバートの家に泊まりに行った際、キャリーの祖父にあたるロバートが妻のモニカ(Mia Cottet)を伴って遊びに来ていたのです。


そこには、入院していたソフィアも戻ってきていました。孫が可愛いロバートSrは、ソフィアが精神を病んだのは、息子のロバートが昔の恋人の娘キャリーを引き取ろうとしているからだ、と批判しますが、ロバートは、そんなことになったのも、すべてはロバートSrがキャリーの母との結婚に反対したからだと言い返しました。


このやり取りを聞いていたキャリーは、後で謝りに来た父ロバートを、家族とはそういうものだ(families are weird)、と慰めます。


I am part of you and Sophia. I don't wanna fight that anymore.
私はあなたとソフィアの家族。これ以上争いたくない


キャリーは、もしロバートがキャリーのことを知っていたら、ジュードと一緒に引き取っていたはずだから、自分を責めないでほしいと続けました。


It's just the Fosters, they're home, and they feel like home. No matter what, just know that I want you to be a part of my life. To be my dad. Whatever happens, you can trust me, just know that honest.
ただ、今はフォスター家で、彼らが私の家族なの。でも何があろうと知っていてほしい、あなたは私の人生の一部だと。私の父親だと。何が起きても、信じてほしい、これが正直な気持ち。


キャリーが内緒で法的に独立しようとしていたことを知った後も、ロバートはこのキャリーの言葉を信じました。これでようやく、ふたりは本当の親子になれたのではないでしょうか


ロバートは、ついに、真剣を放棄する書類にサインをしてくれました


また、気になっていたマリアナの「ダンス」ですが、運悪く(ヘスースがスケボーを置きっぱなしにした)足を怪我してしまったマリアナは、CGでコンクールを乗り切ることを思いつきます。出られない自分に代わって、エマのアバターを作って躍らせたのです。これには会場も大喜びでしたね。セクシーさと賢さが両立することも、これで見事に証明しました


それに引き換え、エイプリルたちの卑怯なことったらありませんでしたね。彼らは、以前キャンプでマリアナがヘイリーに披露した「a dystopian future-type theme like the new vampiresrobot5(新しいヴァンパイアのようなディストピア的将来系テーマ)をパクって踊ったのです~もう、恥を知れ、でござるね


またマリアナは、ステフとリーナが子供を引き取ると聞いてすぐにヘスースを伴い、祖父母に前言を撤回しに行きました。フォスター家に引き取られれば、子どもはきっと幸せになるわ。ママたちなら、互いに行き来もさせてくれるはず。


が、ヴィクターとエレナはよくよく考慮したのでしょう、後日ふたりでフォスター家を訪ねてきます。ふたりは、今度こそ、自分の手でその子を育てるようアナを励ましに来たのです。うちに戻ってきて家族皆で暮らそう、と


アナは、もう決まったことだからと断わりましたが、この様子を見ていた、ああ見えて結構賢いヘスースが、マリアナを促します。アナもママたちも、お前のために子どものことを決めたのだから、お前がアナの本心を聞くべきだ。(本当は自分で育てたいに決まっている)


迷っていたマリアナが、アナにようやくこれを伝えたのが、冒頭で触れた「車」の中でした。そのまま、新しい生活が始まるかに見えましたのに~だから始まりの終わり、なのでしょうか


さて、次はジュードに参りましょうか。


コナーがアダムに真実を打ち明けたと聞いたジュードは、自分もまた勇気を振り絞りました。指にマニキュアを塗り、単身、コナーの入院している病院へと乗り込みます。アダムに見つかって追い返されそうになっても、ジュードは負けずに座りこみを続けました。おそらくはそれでアダムがリーナを呼んだのでしょうか。


以前、テントで女の子とキスをしたと言ったのは嘘で、キスをした相手はコナーだった


ジュードの告白を聞いてその強い決意を知ったリーナは、断固としてアダムに意見しました。たとえジュードを締め出しても、今後ずっとコナーがゲイであることを否定すれば、今度はアダムがコナーから否定されるだけだと。


こうしてようやくアダムが折れて、ジュードはコナーへの面会が許されました。ジュードのマニキュアに気づいたコナーがそれはなにかと尋ねると、ジュードは、とても誇らしげにこう答えます。「War paint(出陣化粧)。


そしてリーナは、ステフに対する不満を抑えられずにいました。リーナは、アナの子どもを引き取ることに心から納得はしていなかったのです。それを聞いたモンティーは、思わずリーナにキスをしてしまうのですが?


え~それはいかんでしょうよ。確かにステフも強引なところがあるかもしれんけど、リーナももっとステフに対して正直にならないといかんですよね。これは男女間でも同じですけど、ふたりにも倦怠期が訪れているのではないでしょうかね。互いのことは分かっていると思って=甘えて安心しきっていたけれど、いつの間にか心がすれ違っていたってやつです


お互いに無いところを補いあえる素晴らしいカップルなのですから、何とか修復していただきたいものです。


さて最後はブランドンです。ルーは最後までブランドンを引き留めようとしましたが、ブランドンは(たぶん)ついにルーを振り切って心を決めたようです。そうした決定的なシーンはありませんでしたが、ブランドンが、ルーのせいでサマースクールの審査員との約束に遅れはしたけれど何とか駆けつけてきたことがその証拠なのだと思いまする


以上です。あ~早く新シーズンが始まらないですかね~ikariフォスター家の事情3の放送が今からとっても待ち遠しいです




これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング