ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
刑事フォイル(Foyle's War)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

刑事フォイル(Foyle's war)あらすじと感想 第30話 クリスマスの足音(後編)

刑事フォイルFoyle's War)のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: 刑事フォイル(Foyle's War)あらすじと登場人物一覧


刑事フォイルFoyle's war】の30話は「クリスマスの足音(後編)」です。


いや~前回あれで全部語ったと思っていたのに、1つだけ、しかも肝心な点が抜けていました。大体妄想が膨らむ時は危ないんですよね~自分の妄想ですっかり盛り上がって、大事なことを見逃しちまいます


と、言い訳はこれぐらいにして、早速その抜けていた点を補充しますと、前回フォイルが闇商人のブライアン・トレメインを逮捕した際、巡査たちが、押収に来たはずの「証拠品」を盗み食いしていたため、ポールが厳しく叱責したのです。さすがに「七面鳥」には手が出せなかったようですが、他の食料品の少しぐらいは食べても構わないだろうと思ったようです。


その時の巡査のひとり、ピーターズ(Alexander Perkins)は、いかにも不服そうにしていました。前回は、戦時下ゆえに警官でさえもその道義心が薄らいでいるという象徴だと思っていたのですが


これを踏まえた上で、以下早速ネタバレです刑事フォイルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


前回の予告で、ポールを「犯人」呼ばわりしたのは運転手のスタンではなく、ARPのサム・ブラッドショー(John Nettleton)という監視員でした。前編で、ジェーンが殺された際に見回りをしていた人物だそうです。


ブラッドショーがポールを犯人だと言ったのにはからくりがあったそう~前述したピーターズがブラッドショーをそう言うように仕向けたのです。ピーターズはブラッドショーを迎えに行き、彼がポールを犯人だと思い込むようその特徴を吹き込んだらしい。その上ピーターズはポールの家を捜索するにあたり、ポールのシャツにジェーンの血液を塗っておいたのだそうです。ピーターズは以前、ジェーンの遺体の回収にもあたったそうです


まったく~これでは盗み食いどころの話じゃありませんね警察も地に落ちたな( `ー´)ノ


ピーターズは、ポールとともにブライトンで訓練を受けたのに、ポールが先に巡査部長になったことを秘かに妬んでいたようです。でもこれにはフォイルがすぐに気づいてピーターズを詰問しました


フォイル:
How far did you mean it to go? The hanging?
どこまでやるつもりだったんだ?吊るし首か?


さて次は、ジェーンとグレース殺しの犯人です。やはりグレースも事故ではなく「殺害」されていたそうです。二人を殺したのはハリーでした


ハリーはもともと金庫破りを企んでいたらしく、そのために必要なニトログリセリンをグレースに工場から盗ませたそうです。が、グレースが後に難色を示したため、グレースが邪魔になったハリーは、やはりあの朝、グレースが飲んでいた貧血の薬に、殺鼠剤に使われるストリキニーネを混入したのだそうです


ハリーは、出勤途中に死ぬかと思ったのに、都合よく「爆死」してくれたとうそぶきましたが、グレースも負けてはいなかったというのがせめてもの救いでした。なんとグレースは、ニトログリセリンではなく、ただの「グリセリン」を着色してハリーに渡していたのだそうです


その後ハリーは、グレースの死を不審に思ったジェーンに問い詰められたため、ジェーンをレンガで撲殺したそうです。やはりあの封筒には、グレースが美容院勤務時代に姉のように慕っていたジェーンにハリーの盗みのことを相談した手紙が入っていたそうです


ハリーはそればかりか、偶然車の修理に立ち寄ったサムが警察関係者だと聞いて逆上し、これをなだめようとしたエリックまで刺し殺してしまいます。サムは命からがら逃げだして、フォイルに知らせに行きました


追いつめられたハリーは、モリーの美容室に立てこもり、そこへやってきたフォイルも巻き込んで自爆しようと試みますが、上で触れたように、ハリーが手に入れたのはただの「グリセリン」だったので、爆発するはずもありません


Nice sense of humour, though.
(グレースには)ユーモアのセンスがあったな


グレースの大家であり、修理工場でのハリーの雇い主でもあったネヴィル・ジョンソンが言うには、ハリーには、何をしでかすか分からない危うさがあったのだとか。そう思ったのなら、ハリーとの交際を止めるよう店子のグレースに忠告してあげたらよかったのにね


また、弾薬工場のアドルフことベイカー工場長の「秘密」も、蓋を開けてみれば可愛いものでした。ベイカーは、グレースの母親は既に亡くなっていたのに寄付を集め、それを懐に入れたのだそうです。も~いったいどんな秘密があるのかと、妄想逞しくしていましたのに苦笑いです


そして気になっていた七面鳥はと言えば?肝心の七面鳥の行方やいかに?


フォイル:
Well, your accidents are very helpful.
君の「事故」はとても役に立つ


サム:
Are they, sir? I'll have to arrange some more, then.
本当に?それならもっと起こすようにしなければ


偶然とはいえ、車の故障とグレースの母親に関する報告(娘の葬儀への欠席)という手柄を立てたしたサムは、そのご褒美?として、無事、七面鳥にありつけることになりました。フォイルは判事に電話をし、「証拠品」は七面鳥の写真で代用し、現物は疎開してきた子供たちに振る舞う許しを得たのだそうです。いかにもフォイルらしい実に粋な計らいでござりまするね


In the circumstances I thought, much as you did, what a waste of a turkey.
君がさんざん言っていたように、私も、この状況下で七面鳥を無駄にするのはもったいないと思っただけだ


毎日覗いていた証拠保管室から七面鳥が消えたことで、自分が疑われたのではないかと慌てたサムが、自分もその相伴にあずかれるという僥倖に大喜びした顔が忘れられません。またブルックが、ちゃんと知ってるくせに、わざとサムをからかったのも楽しかった


Well, I wouldn't like to say. But I can tell you, he had steam coming out of his ears.
言いたくはないけれど、警視正は頭から湯気を出してお怒りだ


サムと言えば、フォイルとのこのシーンも楽しかったですね


サム:
You have a look. A sort of "Cry havoc, and let loose the dogs of war顔見ただけで分かりますよ♪." That's Julius Caesar.
その顔は何かに気づきましたね。例えるなら「雄たけびを上げて戦争の犬を逃がせ」でしょうか。ジュリアス・シーザーです。


フォイル:
It's "slip". It's, "Let slip the dogs of war."
(「逃がせ」じゃなくて)「解き放て」だ。正しくは「戦争の犬を解き放て」だ。


できることなら、サムが七面鳥の足にかぶりつく顔も見たかったけど、それはお得意の妄想で補うことにいたしまする


街ではクリスマスのベルが鳴り、人々は心から「平和」を待ち望んで声を掛けあいましたHappy Christmas! And you.


何とも陰惨な事件ではありましたが、何とか無事に解決できて良かったですね。刑事フォイルは続きもとっても楽しみですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

工場長。てっきりハリーと共謀していると思ってました。大掛かりな工場の横流しを、グレースも巻き込んでやっているのかと。その秘密を守る為、女工を脅したのかと思いきゃ、セコいカンパ金の着服とは!只、母親が葬儀に出席しない〜既に死亡していた〜の件りは秀逸だと思いました。次週はあのモールズリーさんが!楽しみでなりません!!
英ドラファンさん、工場長には笑っちゃいましたね~。
あの脅しは「こけおどし」だったのですね。

予告を見ると先入観が入るので、内容は見なかったのですが、
モールズリー、いましたね~。どんな役なのか、楽しみですね。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング