ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
カルテット
 ラブコメ

カルテット ネタバレと感想 第1話 「偶然」に隠された大きな秘密とは?

坂元裕二さん脚本のラブ・サスペンス?ドラマ、【カルテット】も覗いてみましたカルテットのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


以前の坂元さんの作品=いつ恋にも見られた、おばさんからしたらどうでもいい(どっちでもいい)ように思える会話のやり取りは少々長く感じられましたが全体としての雰囲気は悪くなかったです


会話そのものよりも、役者が醸し出す雰囲気が良かったのでしょうか。何せ、松たか子さん、満島ひかりさん、松田龍平さんに高橋一生さん、という豪華な布陣なのですからね


そこにイッセー尾形さん、もたいまさこさん、そして期待の若手、吉岡里帆さんとくれば、期待しないほうがおかしいですよね。以下、ネタバレのか~なり簡単なあらすじですネタバレですのでご注意を♪


冒頭でも触れたように、このドラマは(ラブ)サスペンスに分類されるそうです。そのミステリアスな雰囲気は最初のこのシーンから既に始まっていました巻鏡子(もたいまさこ)という老婦人が、道端でチェロを弾いていた世吹すずめ(せぶきすずめ~満島ひかり)に近づいてこう語ったのです


この写真の女性と友達になってほしい


その写真の女性の名は巻真紀(まきまき~松たか子)。後に判明したところによると、同姓のこのふたりは嫁姑の間柄のようです。


またこれは最後に明かされましたが、真紀曰く、夫の巻がある日突然失踪してしまったそうなのですが、姑の鏡子はこれを否定~息子は嫁に殺されたのだと訴えました


鏡子はその証拠をつかむために、チェリストのすずめに真紀に近づくよう頼んだそうです。ちなみに、真紀はヴァイオリニストです。


ここに、家森諭高(いえもりゆたか~高橋一生)と別府司(べっぷつかさ~松田龍平)という男性二人も加わりました。4人は「偶然」カラオケボックスで出くわしたことになっていますが、実際にはそうでないことは、ドラマを見れば明らかです


すずめはもちろんのこと、美容室でアルバイトをしているヴィオリストの家森と、「ふくろうドーナツ」で働いているセカンドヴァイオリンを担当する別府もまた、真紀の様子を伺っていたのです。ちなみに別府の祖父は世界的指揮者だそうです。


4人はこの出会いをきっかけに「カルテット」を結成することにしました。その名も「Doughnuts Hole」(ドーナツの穴)。


~このドラマの主題歌「おとなの掟」(椎名林檎)を歌っているのも「Doughnuts Hole」という限定ユニットだそうです


4人は、別府の祖父が所有している軽井沢の別荘で、寝起きもともにすることになりました。


その軽井沢で、4人は「余命9カ月」を標榜するピアニスト=ベンジャミン瀧田(イッセー尾形)に出会います。演奏するのにちょうどいいと目を付けたレストランは、瀧田が専任で演奏しているのだとか。


相手が病人なら仕方ない


そう思って諦めようとしたところ、普段は大人しくてその声さえ聞こえないほどの真紀が、思いもよらぬ行動に出ました。真紀が言うには、瀧田は5年前も「余命9カ月」を売りにして、東京でコンサートを開いていたのだそうです


真紀がレストランのオーナーに真相を話したことで、4人は瀧田の代わりにそこで演奏できるようになりました。


後味が悪い


気乗りのしない仲間たちに、真紀は本音をぶちまけます


今まで夫と幸せに暮らしている風を装っていたけれど、その夫は真紀を「愛してはいるけど好きじゃない」と後輩に語った後、行方をくらましてしまった。音楽だけで食っていけるほどの才能はない。私には戻るところなどどこにもない


後半は皆も同様です。4人は30代でまだ夢を叶えられず、

「人生のピークに辿り着くことなく、ゆるやかな下り坂の前で立ち止まっている者たち」

なのです。これはまた絶妙な表現でござりまするね(公式サイトより引用)。


ミステリー部分ももちろんのこと、この4人なら恋愛模様も楽しめそうです。いったい誰がどんな嘘をついて、何をしようといるのか?


謎がいっぱいのカルテットは来週の放送も楽しみですねドランクエストもよかった♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング