2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

草彅剛さん主演の復讐ドラマ、【嘘の戦争】は2話に入って話が具体的になってますます面白かったですね。以下ネタバレのあらすじです嘘の戦争のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、前回顔を見せなかった刑事の三輪は、やはり、六平直政さんだったことが判明しました。も~ここで(変換)サッカー選手出てこないでほしいんですが()。実際の復讐に取りかかるのは次回になりそうです


また、目指す本丸の興三と隆は、体を張って興三を救った浩一を、ますます疑ってしまっています。会ったばかりの人間を命懸けで救うなど、彼らには考えられない行動なのです。ここは容易に崩せそうにありません


そこで今回ターゲットとなったのは、入院中の浩一を訪ねてやってきた、ニシナグループ顧問弁護士の六反田健次(飯田基祐)です。浩一は、この「六反田」という苗字に見覚えがあったそう~幼い頃家に来ていた新聞配達の少年の自転車に「六反田」と書かれていたのだそうです。いつも笑顔を絶やさなかったあの優しそうなお兄さんが??


この記憶と推理は正しかったらしく、子どもの頃は純真そのものの笑顔を浮かべていた六反田少年は、今やすっかり金の亡者と化していました。こうなると復讐もしやすいってものです六反田、覚悟しいや!


浩一は、前回の五十嵐同様、巧妙な手口で六反田を追いつめました。既に五十嵐が破滅に追い込まれたという前例があるため、六反田にニシナグループへの疑いを抱かせるのは前回よりも容易になります


俺も五十嵐のように切り捨てられてしまうのか?


浩一が、仲間のひとり=八尋カズキ(菊池風磨)に命じて、六反田に偽のメールを送ったくだりも楽しかったですね。本物のアドレスは「nishina」と「h」が入るところ「nisina」に変えて偽装したようです。これではなかなか気づけないかもしれませんね~特に六反田は老眼みたいでしたし


身の危険を感じた六反田は、興三が30年前に犯した罪を自ら語ったテープで我が身を守ろうとしました。そっちがその気なら、このテープを然るべきところに持っていく!


いきなり逆切れされて驚いたのは隆ですが、何せスネに傷のある身ですから、どうしてそんなことになったのか、話を聞く余裕がないのも楽しかった。まずはそのテープを持ってきてください。


これこそ浩一が狙っていた瞬間です。六反田はこのテープを銀行の貸金庫に預けていたのです。


六反田は、命を狙われているとばかり思っていたため、隆のオフィスに行くことを嫌い、人の大勢いるホテルを待ち合わせ場所に指定してきました。これもまた浩一の思うツボです。浩一は、詐欺師の師匠だという百田ユウジ(マギー)らに命じて団体客を装わせ、六反田の乗ったエレベーターに詰めかけて、テープの入った封筒をまんまとすり替えました


そのテープには、興三が30年前の犯行に及んだ理由が収められていました


30年前、大学生たちがひとりのOLを暴行しようとしたところ、そのOLが頭を打って死亡してしまったそうです。慌てた大学生たちは親たちに泣きつき、その親から頼まれた興三が、警察と解剖医に手を回して事故に見せかけようとしたのに、その解剖医の助手に付いた千葉、つまりは浩一の父(迫田孝也~三十郎@真田丸)が、その遺体に残っていた抵抗の痕跡を見逃さず、警察に通報しようとしたのだそうです


どんなに説得を試みても千葉が応じなかったため、興三は仕方なく、千葉の殺害を五十嵐たちに命じたそうです。本来は千葉ひとりを殺す計画だったのに、そこに浩一たち家族が戻ってきたため、やむなく皆殺しにして一家心中に見せかけようとしたのだとか


これを知っているのは、依頼者である親たちと三輪刑事「クシマ」と「シジョウ」(字幕には久島と四条とあった)、そして六反田と興三だけだそうです。OLに乱暴しようとした学生たちは知らないそうです。当時解剖にあたった医者は老医師だったそうなので、今ではもう亡くなってしまったのでしょうか。


五十嵐と行動をともにし、まだ5歳だった浩一の弟を殺したのは、前回五十嵐が語ったところによると二科の部下だったそうですが、彼が久島か四条なのかな?


事件に関わった者全員に復讐を誓う浩一


結局六反田は、詐欺グループと結託していたことが発覚して破滅させられてしまいました。次のターゲットは刑事の三輪になりそうですね


と、復讐パートもなかなかですが、個人的には、そのめざす復讐相手にも愛する家族がいる~という伏線?も気に入りました


興三はともかくとして、隆は、出来の悪い兄の晃を(ああ見えて)心から心配していたようですし、その晃と妹の楓は、実に仲の良い兄妹なのです。ふたりが浩一の病室で居眠りしていたシーン、可愛かったですよね。晃と楓のシーンが好き♪


単細胞の晃はともかく、楓は、隆から浩一には気を付けるよう重々釘を刺されたことで、一旦は浩一を疑うのですが、その浩一と晃が実に楽しそうに野球に興じていた様子に、そんな懸念は全て吹き飛んでしまいます。あんなに楽しそうな顔を見たのは久しぶりだわ


そして浩一もまた、難攻不落の興三に近づくため、いっそその懐に飛び込もう~楓と結婚しようと企んでいるようです


目的のためには手段を択ばず、とは言いながらも、逆に、純粋な楓によって浩一の心が癒されるケースも無きにしも非ず~なのかなと期待しているところでござりまする。浩一が、昔世話になった三瓶守(大西連)の経営する児童養護施設の子どもたちと戯れているシーン、浩一の笑顔にも心がなごみますよね


とはいえ、ミステリーの常道~最も怪しくない人物を疑え~からいうと、この三瓶からも目が離せないのも事実なのですけれど


さ~て来週は、国民の公僕であるべき公務員のくせに金に転んだ卑劣な三輪を、浩一がどんな手でやっつけるのか嘘の戦争が面白い(^^)/、今からとっても楽しみですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.