ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

ダウントン・アビー5 あらすじと感想 第6話 母と娘

ダウントン・アビーのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: ダウントン・アビー あらすじと登場人物一覧


ダウントン・アビー5】(Downton Abbey S5)の第6話は「母と娘」です。これまた悲喜こもごもてんこ盛りで実に面白かったですね~。さて何から語りましょうか


やはり、副題にもなった「母と娘」~イーディスから参りましょうか


今回はついにグレッグソンの訃報がもたらされました。グレッグソンは「ミュンヘン一揆」の最中に殺されたのだそうです。このミュンヘン一揆は、ロバートが「Bierkeller Putsch」と言ったことからも分かるように、この事件が起きたのがビアホール(ビュルガーブロイケラー)だったことから「ビアホール一揆」 とも呼ばれているそうです。


これまでも、グレッグソンが生存している可能性はほんのわずかであり、イーディスを除くほとんどの人々は皆諦めていましたが、イーディスだけはその一縷の望みにすがっていたため、この知らせは彼女を哀しみのどん底に突き落としてしまいました。


それでもイーディスにはマリゴールドがいたので救われましたよね。ですが、彼女はその気持ちを家族の誰とも分かち合うことができず、ついにはマリゴールドを連れてダウントンを出る決意をしてしまいます


イーディスはユ―ツリー農場へ行ってマージー・ドリューにすべてを打ち明け、それでも疑うマージーから、無理矢理マリゴールドを奪いとりました。


ようやくイーディスの言葉が真実だと悟ったマージーが、泣きながら、マリゴールドのお気に入りのぬいぐるみを渡したシーンが、何とも切なかったですね。イーディスも、あんな風にマリゴールドを連れ去るのではなく、もっと時間をかけて説得できたらよかったのに


また今回イーディスは、グレッグソンからその出版社を譲り受けたそうです。今後の運営次第でしょうが、一応、生きる手段を手に入れたのですから、これからは「強く逞しい母」として、正々堂々胸を張って生きていってほしいものです。


~ところでグレッグソンの妻はどうなったのでしょうかね?グレッグソンは彼女と離婚できたのでしょうか??


一方、イーディスが書置きすら残さず、たまたま家に戻ってきたトムに「家を出る」とだけ告げて出ていったため、家族は皆、彼女を心配していました。事情を知るヴァイオレットはコーラにすべてを打ち明けようとロザムンドに持ちかけていたようですが、ロザムンドは、それではイーディスを裏切ることになると反対していたようです。ロザムンドがそう考えるのは子どもがいないからかな


でもそこへドリュー夫妻が訪ねてくるようでしたね。これでようやく皆が新しい家族の存在を知ることになるのでしょうか


さて次はメアリーです。


メアリーは、馬の障害レースが開かれる、そこにトニーとブレイクがやってくると聞き、自分も参加することにしました。自分から振っておきながら、トニーに「惜しかった」と思わせるため、わざわざヨークまで足を運んで髪をショートカットにするなんざ、いかにもメアリーらしいですね


おばさんもイザベル同様、メアリーの様な女性は大好きだけれど、妹のイーディスが恋人を亡くした悲しみに暮れているというのに、まったく配慮せずにうきうき浮かれている姿を見るにつけ、やはり違和感を覚えずにいられません。自分も最愛の伴侶=マシューを失うという経験をしたはずなのに、同じ境遇となった妹に同情するそぶりさえ見せないのは、何とも非情に感じられてしまいます


今回はこれに加え、アイシスの具合が悪かったらしいのに、メアリーは、死んだリスでも食べたからだろう、などと意にも介さなかったので、余計にカチンと来てしまいました。むしろ、こちらの方が腹立たしかったかもしれませぬ


さて、このメアリーが以前アンナに預かってもらった避妊セット~マリー・ストープスの本(Married Love~結婚愛)と小道具~が、思わぬ波紋を呼んでしまいました。今回ベイツが、期待通り?これを見つけてしまうのですが、ベイツはここから思いもよらぬ解釈をしてしまったのです


君は僕が殺人犯だから、僕の子を産みたくないのだろう?


アンナは、ベイツのこの言葉から、ベイツがすべてを知っていたことに気づきました。でもベイツはグリーンを殺したのは自分ではない、殺そうとは思ったけれどできなかったと告白します


その証拠が、以前エルシーが見つけた「ロンドンへの往復切符」だったのだそうです。ベイツは切符を買ったけれど使わなかった~つまりあの切符は未使用だった(=ロンドンへは行っていない!)のだそうです。


念のために今録画を確認してみたら(S4#9)、やはり「untorn」(破られてない)でしたよ~。そこに気づかないなんて、迂闊でござった!


ベイツは、あの切符が残っていたら無実が証明できたけれど、残っていない今、駅員が自分に切符を売ったことを覚えていたら万事休すだと心配していたようです。でもアンナはこれでベイツが殺人を犯していないことを確信し、ようやくホッとしたようでした。もう避妊具セットのことはどーでもよくなっちまったね


アンナは急いでエルシーに確認しますが、エルシーは切符をメアリーに預けたため、その後どうなったかは知らないようです。一応、もう捨てた、と答えましたが、冷静なメアリーがそこに気づいていて保管していてくれたら、と願うばかりでござりまするが


~メアリーは既にこれを暖炉に投げ込んで燃やしてしまっていたそうです。なんとな~くそんな光景も頭をよぎらぬでもなかったのですが(S4#10のレビューにも自分で書いてましたし)、ついめんどくさくて確認を怠ってしまいました。ご指摘ありがとうございます


さて、そのエルシー、今回はパットモアに付き添って、パットモアが目を付けたというコテージを見に行きました。これにはパットモアとの仲直りを望んでいたカーソンも同行します。


そこで購入を決意し、これまたウキウキと将来=引退後の計画を語るパットモアを羨ましいと語っていたカーソンは、同じ気持ちを抱きながらも口には出さずにいたエルシーに、後日、粋な提案をいたします。カーソンはエルシーに、以前パットモアに勧めた「不動産への投資」を切り出したのです。しかもカーソンとの「共同投資」です


I was thinking, if Mrs Patmore can do it, then we might buy somewhere jointly, as a business venture, mind, spruce it up and share the rental income. We'd have a tidy sum by the time we retired.
考えたのだが、もしパットモアさんにできるのなら、我々にもどこかに、ビジネスとして家を買い、賃貸料を分け合えるのではないか。そうすれば、引退後にいささかの蓄えができる。


引退する前に死んでいるかもしれない(Who says I'll live to retire?)などと語っていたエルシーが、口では、さっさと鐘を鳴らしに行け、と言いながら、その実とっても嬉しそうにしていたのが印象的でしたエルシーとカーソンがお似合いどすな♪。パットモアがエルシーを同居に誘ってくれるかとも思ったのに、誘いませんでしたからね


さて、次はトーマスです。


おばさんはてっきりトーマスは「女性への転換」を試みているのだと思い込んでいましたが、トーマス曰く、そうではなくて「普通の男」になるための治療を受けていたのだそうです。別に身体的な異常があった訳ではないのですよね~あ、そこは突っ込んじゃいけないとこですね


でも、これは予想通り、「治療」は詐欺だったため、与えられた「薬」は単なる生理食塩水だったそうです。ただ、それを注射する注射器が非衛生的だったことから、患部が炎症を起こして具合が悪くなっていたのだとか。ふっくらして見えたのは単に太っただけだったのですね


My advice to you, Thomas, would be to accept the burden that chance has seen fit to lay upon you. And to fashion as good a life as you are able. Remember - harsh reality is always better than false hope.
私が君に言えることは、運命が君に与えた試練を大人しく受け入れて自分らしく生きること。まやかしの希望より厳しい現実の方がマシだ。


バクスターに連れられてクラークソンの病院へ行ったトーマスは、クラークソンのこの言葉を今後どう生かしていくのでしょうか?


と、ここまでは良い話なんだけれど、そう簡単にトーマスが変わるとは思えません。これは病院に行く前の話でござるが、腹黒トーマスは警察に(たぶん)匿名で手紙を書き、ダウントンアビーにいるバクスターは「グリーン殺害に関するベイツ夫妻の秘密を知っている」と密告したのだそうです。まったくそれでよくもバクスターに助けなんぞ求められたものでござるね


もちろんバクスターは何も知りませんからそう答えましたが、この取調べで、バクスターの過去がエルシーに知られてしまいました。バクスターは現在執行猶予中みたいでしたね。


でも賢く優しいエルシーはバクスターにこう確認しただけです


奥様(コーラ)はすべてご存知なの?それなら私に言うことは何もないわ


そのコーラとブリッカーに腹を立てていたロバートは、いかにも厭味ったらしく別室で寝起きしていたようですが、コーラからガツンとやられてついに降参したようです


If you can honestly say you have never let a flirtation get out of hand since we married, if you have never given a woman the wrong impression, then by all means stay away. Otherwise, I expect you back in my room tonight.
結婚してから誘惑に負けそうになったことがないというなら、女性に誤った印象を与えたことがないというなら、そこで寝るがいいわ。さもなければ、今夜中に戻ってきて


我々が知る限りでも1度はありましたものね~これはもう戻らない訳には参りませんね


次は、意外にもデイジーとモールズリーの組み合わせです


サラが去って以来、デイジーはますます勉学に励むようになったそうです。数学の次は歴史に興味を持ったらしいデイジーに、歴史は得意だというモールズリーが協力を申し出たのが実に良かった。モールズリーも勉強は得意だったらしいのに(除く数学)、家庭の事情で働かざるを得なくなったのだとか。


これからでも大学へ行けばいいというデイジーに、モールズリーはもう遅すぎると答えましたが、デイジーのように未来ある若者には協力を惜しまないと言ってくれたのが嬉しかったですよね。やっぱりモールズリー、結構好きだ~


さて、最後は老若男女、3つの「恋バナ」でしめくくりましょうか


1つめはヴァイオレットとプリンス・クラーギンあらためイーゴリ、2つめはイザベルとマートン卿、そして3つめはローズとアティカスです。


ヴァイオレットは、新しく来た侍女のデンカー(Sue Johnston)をお供にしてイーゴリに会いに行きました。このデンカーもまたプライドの高い侍女のようで、

侍女が(たぶん)パンツなど洗えない

とスプラットに食って掛かったらしいのには大笑いでしたね


そのデンカーを外に待たせて中に入ったヴァイオレットは、早速イーゴリの妻=イリーナが生きているらしいことを報告しますが、イーゴリは、もしイリーナが死んだと分かれば即、今度こそ、ヴァイオレットと駆け落ちしたいと告白します。


いや~過去の恋バナは過去の美しい思い出として取っておくべきだと思うのはおばさんだけではありますまいて。そう言ったら身も蓋もありませんが、大体今のイーゴリにヴァイオレットを幸せにできんじゃろて紐になるだけやんvv


でも現在進行形は別です。どうやらイザベルはついにマートン卿との結婚を決意したようです


I feel it's my last chance of a new adventure before I'm done.
これが最後の冒険になるような気がするから


そこまで覚悟を決めたのなら是非応援したいところですが、予告ではうるさい息子が横やりを入れてくるようで?


ローズとアティカスは順調のようです。今回開かれた馬の障害レースも、シンダビー卿が主催者だったのでしょうか。ローズはめでたく、未来の両親?をダウントンアビーに招待することに成功したようです


この様子を見たイザベルは、相手がユダヤ人なら改宗しなくて良いから楽だとコメントしていましたが、ヴァイオレットの見解は異なるようです


There's always something, isn't there?
また何かひと悶着ありそうね


思わず大きく頷いてしまいました


いやいやまったくもって語り甲斐のあるドラマでござるねダウントンアビー5は、続きを見るのが待ち遠しいですねダウントンアビー5が面白い(^^)/


  
英文のスクリプトです。ダウントンアビーファンなら是非手元に置いておきたいですね



【Amazon.co.jp限定】ダウントン・アビー ファイナル・シーズン ブルーレイBOX(全6シーズン収納BOX付き) [Blu-ray]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

はじめまして
録画を観たあとにこちらのブログを拝見するのが一週間の楽しみの一つです。
わかりやすいあらすじと丁寧な背景の解説で面白さ倍増です!感謝してます!
今回はマージーのぬいぐるみシーンで泣いてしまいました。。
これからもドラマ&こんさまのブログ、この最高の組合わせを楽しみにしてます。
こちらこそありがとうございます♪
とらこさん、はじめまして^^。
いつもブログをご利用いただきましてありがとうございます!

マージーのぬいぐるみのシーン、切なかったですよね(;O;)。
なんとかならなかったのかな~とヤキモキさせられました。

続きもとっても楽しみですね~。

これからもどうぞよろしくお付き合いくださいませねv-22。こん
はじめまして
いつもブログを楽しみにさせていただいているものです。
ダウントンアビー、本当に毎週待ち遠しいドラマですねv-238

ベイツの無実の証明のあの切符ですが、シーズン4の最終回『恩返し』で皇太子のラブレターをベイツが取り戻した後、メアリーが暖炉に投げて燃やしてしまいました。あの状況でベイツのことを100%信じるのは難しいですもんね。せっかくの無実の証拠だったなんて…
 
これからも楽しみにしています。よろしくお願いしますv-238




ご指摘感謝です♪
四つ葉さん、はじめまして^^。
いつもブログをご利用いただきましてありがとうありがとうございます。

またこの度はご指摘をありがとうございました。

そーなんですよねー。
私も、メアリーが暖炉にチケットを投げ入れた光景が、
脳裏をかすめぬこともなかったのですが(苦笑、
それがどこでだったか思い出せなかったので(&そそっかしいので)
いつもの気のせいだろうと確認を怠ってしまいました(;´∀`)。

ご指摘いただけて助かりました~ありがとうございました。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたしまするv-22。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング