ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

ダウントン・アビー5 あらすじと感想 第7話 二つの恋模様

ダウントン・アビーのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: ダウントン・アビー あらすじと登場人物一覧


ダウントン・アビー5】(Downton Abbey S5)の第7話は「二つの恋模様」です。う~ん、1つはまずまずだったけど、もう1つの方は実に巨大で厄介な壁が立ちはだかっていましたね~。以下ネタバレのあらすじですダウントンアビー5のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずはそこから参りますると、1つめのローズとアティカスの恋の行方はまずまず順調のようでした。宗教の違いからなのか、アティカスの父シンダビー卿は二人の縁談に乗り気ではなかったようですが、少なくとも母親は賛成していたようですし、何より、当人のアティカスがローズにプロポーズをしたのです


予告では、ローズの両親も娘の結婚でもめていたようですが、このふたりのもめ事は今に始まったことではありませんし~もう離婚したんかいな~シュリンピーがスーザンを説得(脅迫?)していたようですから、こちらはそう心配無さそうな気配でした


が、もう一方、こちらこそ当人たちが同意すれば障害はないように見えていたイザベルとマートン卿あらためディッキー・グレイ(=リチャード・グレイ)は、案の定、息子たちの猛反対にあってしまいました。特にひどかったのは、以前トムに無礼を働いたラリーです


Only that Mrs Crawley, a decent middle class woman with neither birth nor fortune is expecting to fill another's shoes as one of the leaders of the county. Is she capable of it?
ミセスクローリー、家柄も財産もない礼儀正しい中流階級の女性が、州の名士だった人物の後釜に収まるなんて可能だと思います?


Or will her inevitable failure prove a source of misery to them both?
もしくは彼女(イザベル)の避けがたい失敗によって双方が惨めになることを証明するのか?


相変わらず礼儀を知らない若造でござるラリー・グレイ、許せん( `ー´)ノ


サラ・バクスター以外に対しては礼儀を知っているロバートが、イザベルは身内だとたしなめようとしますが、ヤツは聞く耳を持ちません


Everyone has distant cousins who are odd.
誰にでも怪しい親戚のひとりやふたりいる


今度はディッキーが、以前に続いてまた息子の非礼を詫びたくないと即退席を命じましたが、ラリーの暴言は留まるところを知りません


I know the choice of in-laws is eccentric. In this family, you already boast a chauffeur and soon you can claim a Jew.
この家の選択はエキセントリックだ。運転手を自慢し、もうじきユダヤ人を迎える


ここでついにトムが立ち上がりました。


Why don't you just get out, you bastard!トム、よくぞ言った!
すぐにここから出ていけ、ク〇野郎!


ラリーの言葉に眉をひそめていたヴァイオレットも、さすがにこの言葉にはとりなさずにいられません


And suddenly we've slipped into a foreign tongue.
あら、いきなり(言葉が通じない)外国に来てしまったわ


が、ロバートはトムを咎めず、続けてこう加勢しました


I do not endorse Tom's language but that is certainly how we all feel.
トムの言葉は支持しないが、気持ちはまさに同じだ


も~ここはざ〇あみろ!でござりましたね。あ、またしても外国に飛んできてしまいました


これを聞いていたモールズリーが、早速「下」にすっ飛んでいき、身振り手振りで「ゴシップ」を聞かせた姿が目に浮かぶようでしたね面と向かっていったんだよ!。それを早速カーソンに見とがめられていたのにも大笑い


せっかくイザベルが勇気を出したというのに、何ともひどい結果に終わってしまいました。でも逆に言うと、クローリー家の皆がいてくれた時でよかったですよね。イザベルがひとり敵地に乗り込んで苛められるよりは、事前に事情が分かったのは幸いでした。


もしおばさんがイザベルだったら、これで逆に闘志満々~こんな中傷に負けないわ!となりそうですが?


イザベルの結婚に反対していたヴァイオレットは、今回初めてメアリーにその本音を明かしました。ヴァイオレットは、今や誰よりも親しい友となったイザベルを失うのが寂しいのだそうです


確かに嫁に行ってしまえば、これまでのように頻繁に行き来するのは難しいかもしれませんけど、相手がイザベルですから、むしろ積極的にヴァイオレットを招いてくれそうな気もしますけどどうでしょうか


それにヴァイオレットは、イザベルが自分を尊敬したことなどない、と断言しておりましたけど、それも違うと思います。イザベルもまた、ヴァイオレット同様、ヴァイオレットが好きで、かつ、尊敬していると思いまする


そのヴァイオレットのこの言葉、メアリーは肝に銘じておくべきでしょう。メアリーは、皆がイーディスを心配しているのを馬鹿にするような態度を取ったため、たしなめられてしまったのです


My dear, a lack of compassion can be as vulgar as an excess of tears.
思いやりの欠如は、涙を流し過ぎるのと同じぐらい下品よ


そう、メアリーの最大の欠点は多分これ「a lack of compassion」なのですよね。思いやりに欠けるからこそ、興味が失せればあっさり捨てるくせに、他人に渡すのは「惜しい」。常に自己中心で、他人の気持ちは二の次なのです。あ~書いてて耳(目?)が痛くなります


今回トニーとブレイクのやり取りには苦笑しきりでございました


Did she look like a woman today trying to rid herself of a suitor?
今日の彼女は求婚者を忘れようと努力していたように見えなかったか?


髪型を変えたことがまだ自分に気がある証拠だと思い込むトニーは、もはや気の毒以外の何物でもありませんでしたよね。これに対してブレイクが、何とかトニーに真実を分からせようとするのですが、トニーはどんだけしょっているのか、まったく聞く耳を持ちません。


You're muddling her instinct, which is to hold every man in thrall, and her wish, which is to break up.
彼女は本能的に男の気を引きたいだけだ、君だけじゃなくあらゆる男の。君とは別れたいと望んでいる


この後ブレイクはレイン・フォックスと共謀し、トニーにメアリーとのキスシーンを見せて諦めさせようとしました。トニーも、さすがにそこまでア〇ではないらしく、ようやく踏ん切りがついたようでしたが、メアリーはここに来てもまだ、なんだか寂しいなどとのたまっています。わがままお嬢なだけなのか、それとも根っからの男〇き~おおっと、また外国へ行くとこでした


さて次はイーディスに参りましょうか


ようやくコーラが真相を知りました。ヴァイオレットがコーラに打ち明けようとしたところにドリュー夫妻がやってきて、すべてを明かしたようです。


事前にロザムンドと打ち合わせたヴァイオレットが、ロバートには明かさなくていいのかというロザムンドに対し、男には権利がないと言い切ったのも可笑しかったですね。He's a man. Men don't have rights. 何せヴァイオレットは「権利がない男」とは散歩すらしないのですからね


コーラは早速ロンドンの出版社を訪ね、そこにいたイーディスの説得にあたりました。コーラは、マリゴールドをダウントンアビーに引き取って育てるよう勧めたのです。ドリュー夫人(マージー)がマリゴールドを養育できなくなったことにすればいいわ。


最も反対しそうだったロバートは、アイシスが癌で余命いくばくもないことで頭がいっぱいですべてをコーラに任せてきたため、事は問題なく運びそうです。


そのアイシスには泣けました。私事で恐縮ですが、6年前にうちのみぃが死んだ時も、今回ロバートとコーラがしていたように母と川の字になって寝た翌朝、皆の見守る中旅立っていったのを思い出し、涙が止まりませんでしたアイシスが死んで寂しくなるな


さて次はトーマスです。今回トーマスはかなりの変化を見せてくれました


トーマスはパットモアとモールズリーの会話に割って入り、めずらしく的確で思いやりのある助言をしました。ふたりは、デイジーが勉強への意欲を失いつつあるのを心配していたのですが、トーマスは、デイジーを説得するならメイソンがうってつけだとアドバイスしたのです


またベイツ夫妻が前回自分たちに不利な証言をしたバクスターを疎んじているのを見て、本当のことを言ったらどうだとも促しました。バクスターを気の毒に思ったのですね~その後もバクスターに気分転換のための外出を勧めてくれました。こんなことがかつてあったでしょうか、と思わず大喜びでした


これに関連して、次はベイツ夫婦に参りましょうか。


アンナとベイツは、グリーン死亡の件はひとまず忘れ、将来の計画を立てることにしました。ベイツの母が残した家を売り、ダウントンにコテージを買って念願だったホテル経営に乗り出したいと考えているようです。ああそれなのにアンナが捕まっちまうなんて!?


ベイツに対する疑いはどうやら晴れたようなのですが、予告によると、アンナが逮捕されるようなのですなんてこった!!!?


そのアンナは今回、ティム・ドリューがマリゴールドと一等車に乗っていたところを目撃しました。その日は、イーディスが母のコーラとともにダウントンに戻ってきた日です。本来彼らは合流するはずだったのですが、イーディスがホームにメアリーがいたのを目ざとく見つけ、これを回避したのです。


不審に思ったアンナは早速エルシーに報告しましたが、懸命なエルシーはそんなアンナをこう言ってたしなめました


Anna, you shouldn't involve yourself in any speculation of that sort. The child is safe and the child is loved. And that's all we need to be sure of.
アンナ、そういうことに余計な詮索をしてはいけない。子供が安全で愛されていればそれで十分としなくては。


引き続きデイジーに参りましょう


新聞を読むようになったデイジーは労働党政権が長く続かないと知り、勉強などしても無駄だと絶望していました。パットモアとモールズリーがこれを憂い、トーマスの助言に従ってメイソンの助けを借りるシーンがまた和みましたね


メイソンがモールズリーとデイジーを家に招待してくれました。これにトーマスに勧められたバクスターも同行します。もちろんパットモアも快く承諾してくれます。I'm the one with the extra work.(忙しくなるのはアタシだから大丈夫)


そしてメイソンは期待通りの働きをしてくれました


Next time, when they're elected, it'll be for longer, and soon a Labour Government might seem ordinary.
(たとえ労働党政権が交代しても)また次の機会があるかもしれないし、次はもっと長く続くかもしれない。いずれはそれが普通になるかもしれない。


デイジーの顔がすっかり明るくなり希望を捨てちゃダメだ!、帰りにはメイソンにトムの武勇伝を聞かせるまでになっていたのが楽しかったですね


バクスターも、愛する息子を亡くしながらもその息子が愛したデイジーを娘のように大切にしている心優しいメイソンと過ごせたことで、すっかり心癒されていたようです。そのバクスターから、たとえ教育を受けていなくても十分に価値ある人生を送っていると褒められたモールズリーもかなり嬉しそうでした


そうそう、トムがついにシビーを連れてボストン~アメリカへ行く決意をしたらしいことも付け加えておきまする。皆寂しくなりますが、喧嘩別れでも家出でもないトムがトムらしく生きるためのこの決断は祝福すべき前進ですよね


さ~てこれでようやく語り終わったかな。1時間でこんなにあるのに、来週は72分の拡大版になるそうで、きっともう1日では語りつくせませんね


ダウントンアビー5も残すところあと3話です。ジックリタップリ楽しませてほしいですね。続きもとっても楽しみですダウントンアビー5が面白い(^^)/


  
英文のスクリプトです。ダウントンアビーファンなら是非手元に置いておきたいですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はダウントン・アビー(Downton Abbey)のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング