2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

中国ドラマ、【武則天】、今回は47話と48話です。も~週末に見たいドラマがありすぎて、なかなかたどり着けませんでした。以下ネタバレの簡単なあらすじ感想文です武則天のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


媚嬢が戻ってきた皇宮(特に後宮)は、もう彼女の知っていたそれではなくなっていました。李世民は、前よりも規律正しくなったと徐慧を評価しましたが、媚嬢の留守を守っていた瑞安は、それが徐慧の「恐怖支配」の結果だと教えてくれます。実際、媚嬢の目の前で失態を犯した女官は、その後すぐに徐慧の命によって殺されて(杖刑)しまったそうです


李世民はそんな恐ろしい魔女をますます怒らせてしまいました。徐慧がひとりで後宮を治めるのは大変だろうからと「親友の媚嬢」を同じ任に当たらせることにしたのです


それでなくても、死んだ、少なくとも目の前から消えてくれたと思っていた邪魔者が戻ってきたことで、徐慧は怒りを燃やしていたのに、李世民の媚嬢への寵愛が以前より増したことを知っては黙っているはずもありません


徐慧は女官に命じ、媚嬢本人から聞いた話~媚嬢が法に反して戦場へ行き、あまつさえ戦略に口出しまでしたという事実を、瑞安の名で大臣たちに知らせてしまいます


まったく、どこまでもやり方が汚いですよね~徐慧が許せん( `ー´)ノ。おばさんは、自分より強い人間と喧嘩するのは応援するけど、弱い者いじめをする卑怯者は絶対に許せんのだす


だから、徐慧が文娘を殺した燭台に語り掛けるたびに、文娘の無念を思ってむかっ腹が立ってきます。自分で殺しておいて、死んでからまで親しげに話しかけるなっぎゅうぎゅうに懲らしめないと気が済まん( `ー´)ノ!と言いたいです


あ~早く腹黒徐慧の正体が暴露されないかしらね。


媚嬢、騙されるな!


これで媚嬢は再び長孫たちから「女帝武氏」の話を蒸し返されるらしいのですが? そうそう、韓国ドラマでも、長孫は則天武后に反抗的でしたっけ


それ以外では、妻(皇太子妃)をめとりながらもいまだに媚嬢が忘れられない雉奴もなかなか好ましく描かれていました。ただ一人兄の胸の内を知る妹の高陽公主は、僧侶の弁機(べんき)との逢瀬を重ねていたようですが、これを案じた李世民から、武人の房遺愛との結婚を命じられてしまいます。


これを嫌がって駄々をこねる公主を媚嬢が説得したくだりも楽しかったですね


公主は貞淑か?そうでなければ、陛下の命じた結婚をした後に弁機との密会を続ければよい


そういう媚嬢こそ誰よりも貞淑だというのがまた素敵でござるね。だから雉奴はいつまでたっても片思いのままなのでござる


さ~て今日はどうなるかな。全82話はかなり長いと思ったけれど、もうすぐ50話になるのですよね~。これならもっと長くてもいいな


武則天は続きを見るのが待ち遠しいです武則天が面白すぎ♪




これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.