2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

グッド・ワイフ6の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ6 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


リーガルドラマ、【グッド・ワイフ6】の18話は「悪意の編集」です。原題の「Loser Edit」は文字通り訳すと「負け犬の編集」ですが、今は「現実社会での失敗」を示すキャッチフレーズとして使われているようです


単独でもなかなか面白かった17話がここ18話に見事につながっていました。こ~れがグッドワイフの醍醐味ですよね~。特にシーズン4ではこうした回をまたいだ布石があちこちに打ってあって、心から感動したものでした。以下簡単なネタバレのあらすじですグッドワイフ6のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


前回流出したメールが、早速マスコミに流出してしまいました。それを手に入れてほくそ笑んだのは、テレビ局のペトラ・モーリス(Lily Rabe)です。ペトラはめでたく州検事に当選したアリシアのビデオを製作していました


平凡な妻だった頃から、ピーターのスキャンダルに悩まされた時期を経、この苦難を乗り越えて弁護士として復帰し、キャリアを積んだ日々~これらが、時にモノクロ映像なども使いながら、実に効果的に、そして感動的に編集されていきます


特に面白かったのがこのモノクロの使い方です。最初ペトラは、アリシアにとって不都合な真実や敵対する人々をモノトーンで表現していたのに、上述したメール、つまりはアリシアにとってのスキャンダルを手に入れた途端、モノクロはアリシア自身に使われてしまうのです。いや~これがなかなか見事でしたね


これに慌てたのは、もうエルフマンはいなくなってしまったので、イーライとジョシュ・マリナーです。必死に策を練った結果、ふたりはピーターに一役買ってもらうことにしました。どうやらペトラは以前からピーターの単独インタビューを取りたがっていたと思われ、今回イーライは、この要求を呑むことによって時間稼ぎをしようとしたのです


もちろんペトラも〇カではありませんから、イーライの意図にはすぐに気づいたようなのですが、それでもこの誘惑には勝てず、悩んだ末にこの申し出を受けることにします。ペトラはいっそピーターからも「アリシアとウィルの浮気」についてコメントを取ろうと考えたらしい


その頃アリシアは、イーライから必死に説得されていましたイーライが面白すぎ( *´艸`)。ペトラに暴露される前にこちらから暴露しよう~アリシアに好意的な記者に情報を流し、あのメールは悪ふざけだったと書いてもらうと力説します。


この好意的な記者=テッド・ウィロビー(Mo Rocca)がまた何ともマヌケで可笑しかったですねMe, my, mo, may~と発声練習に余念がない( *´艸`)


アリシアは、ウィルとのことは本気だったから嘘をつきたくないと断りましたが、イーライは、ウィルはそんなことを望むような男ではないと主張しました。おばさんにウィルの気持ちは分らんけど、確かに今、死んだウィルに義理立てしても喜ぶ人は誰もおらんね


その後今度はピーターがアリシアを訪ねてきますピーター頑張れ~♪


ふたりも語っていたように、これまでお互いに相手を愛しながらも、裏切ったり助けあったり、を繰り返してきたふたりが、ようやくここに来ていかにも長年連れ添った夫婦らしく、妻でも夫でもなくかつ母でも父でもない、ただ相手のことを最も理解している人間同士(親友もしくは同志)になれたらしいのが、なかなか印象的でしたふたりには良き同志、良き友であってほしい♪。こうなった男女はこれまでとはまた違った「穏やかな愛情」が育めますね


こうして吹っ切ったアリシアは、ウィルとのことを「悪ふざけ」として過去に葬り、ピーターもまた、アリシアがそういうならそうなんだ、と全面的にアリシアを擁護しました。その上ピーターは反撃することも忘れません。ペトラは3年前からアリシアを目の敵にしていたのだそうです


ペトラの上司らしいチャールズ・ジンクス(Ruben Santiago-Hudson)は、慌ててインタビューを切り上げました。もういいと言われた時のピーターの顔がまた実に憎たらしくて実に頼もしかったですね~。え?私ならもっと続けてもいいのに??


アリシアはこれで再びSr.アリシア(=グッドワイフ)に返り咲きました


が、ペトラも負けてはいませんでした。ペトラは、アリシアが選挙で不正を働いた~プレイディの票がアリシアの票に改ざんされたという告発を受けたと公表します。


I recently spoke with a Chicago election monitor, and serious accusations are being made that the voting machines in some wards registered votes for Frank Prady as votes for Alicia Florrick.


あ~誰かさんも、自分が不利になると盛んに似たようなこと言ってましたね


果たしてアリシアはこの非常事態を切り抜けることができるのでしょうか?


一方、ダイアンは前回知り合ったRDから模擬裁判に出席するよう頼まれました。こちらもまた前回同様、共和党と民主党の考え方の相違が争点になっています。今回は同棲婚を認めるか否かです戦闘開始( `ー´)ノ


簡単に言うと、当時の同棲婚を認める州法と信仰や表現の自由を認める合衆国憲法(これまた以前登場した権利章典、修正第1条に当たりまする)との闘いですが、実際に「同棲婚」は2015年の6月に全米で合法化されています。このエピソードが放送されたのは2015年の4月5日だそうです。


RDが呼びよせて判事役を務めたジェフリー・ソロモンハーバード教授(Richard Masur)は、最終的に同棲婚を合憲と宣言し、ゲイのカップルがウェディングケーキを依頼したのに信仰上の理由からこれを断ったウェディングプランナーは敗北してしまいます。


最初RDは、甥(トッド・ディップル~Wesley Taylor)がゲイだから同性婚に関しては賛成だと偽ってダイアンを騙そうとしましたが、この結果を受けてついに本音を明かしました。RDにとって「法」はその時代時代の「政治的思惑」によって変わるものだけれど、信仰や宗教は変わらない、変えてはならないと信じているようなのです。


法に「私情」を挟むべきではないと主張するRDに対し、ダイアンは、法は常に「公正に」人間を守るべきものだから「非人間的」であってはならぬ、むしろ法にこそ「私情」が挟まれるべきだ、と反論しました


The law is supposed to be fair, not impersonal. In fact, I would argue that the law is always personal. It has to see the human side too, or else it's meaningless.


あ~やっぱりダイアンは素敵でござるね。RDも一度「共和党員」という殻を破ってみれば、ダイアンの言葉がもっとすんなり胸に響いてくると思うんですが


さて、最後はカリンダです。ケイリーを無罪にするためにカリンダが行った偽装工作が(S6#16参照)、ついに白日の下にさらされそうです。調査に来たのは、久々に登場の子連れ調査員のアンドリュー・ワイリーです。子供たちもすっかり大きくなってましたね


追いつめられたカリンダは、すべてをフィンに告白しました。フィンは決して誰にも真相を明かすなとカリンダに釘を刺しますが、これまたすべてを知るハウエルが「嘘を隠すために嘘をついたことが致命傷になりそうです駐車違反などしていないのにそれをもみ消したと嘘をついたvv。ワイリーは既にカリンダのしたことに気づいていたようですからね。。


Ignorance is irrelevant. The lawyer could be disbarred or even go to prison.
(自分の行為が犯罪だと認識していたかどうかにかかわらず)弁護士が証拠隠滅や偽装に関わったなら、資格はく奪か刑務所行きを免れない


自分が行った偽装工作でダイアンが窮地に立たされるとなれば、おのずとカリンダの行動は見えてくる気がしますよね


あ~何とも気が揉めますが、ドラマとしては盛り上がってまいりましたグッドワイフ6は続きを見るのが待ち遠しいです


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4S5


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.