2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

殺人を無罪にする方法のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 殺人を無罪にする方法 あらすじと登場人物、キャスト一覧


リーガルサスペンスドラマ、【殺人を無罪にする方法2】(How to Get Away with Murder S2)の第4話は「ガールズクラブの掟」、原題の「Skanks Get Shanked」は直訳すると「ふしだらな女たちが手作りナイフで刺された」となりますが、いわゆる「自業自得」というところでしょうか。いやいや今回もまたハラハラドキドキの展開でござりましたね。以下ネタバレのあらすじです殺人を無罪にする方法2のネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ


まずはでも気になるアナリーズの安否から参りましょうか。前回から3週間が経過したようです。


ネイトがキーティング4を車に乗せた後、ハプストール家に警察と救急車が駆けつけてきました。アナリーズは銃で撃たれて(gsw patient~Gunshot wounds)瀕死の重体らしいですが、まだ何とか生きながらえていたようです。アメドラなら主人公を殺しかねませんが、アナリーズにはまだまだ生きていてほしいですからね。でも、同じハプストール家に倒れていたシンクレアはやはり死亡していたようです


果たして犯人は誰なのか、大いに気になるところですが、今のところ、特にアナリーズに関してはこれぞという決め手はなく、相変わらずの思わせぶりが続いています


まずリーヴァイは、ウェスがネイトとともにアナリーズを殺すつもりか?(You mean to kill Annalise?)とのたまいました。ウェスはついにレベッカが死んだと確信したようで、その犯人がアナリーズだと疑っていたことから、リーヴァイがこのような発言をしたに違いありませんが、ウェスがレベッカの仇を取ろうとしてアナリーズを刺したというのはちと安易な気がしますよね。


一方ネイトは、リーヴァイがレベッカのフォスターブラザーだという話を疑い、むしろリーヴァイがレベッカを殺した上にウェスの命をも狙っているのかもしれないと忠告しました。そうそう、リーヴァイ、まだまだ胡散臭いですよね。


そして、コナーはアナリーズに反旗を翻したことからその怒りを買って、サムの遺体を運んだのはコナーの車だ(血痕が残っている)とアナリーズに脅されています。You know where else there's blood? My husband's, to be specific? Your car.


何せ今回アナリーズ自身も法廷で、きっかけひとつで誰もが殺人犯になり得ると語っていたことから、最後には思いもよらぬ人物が浮上してくるのかもしれません


But under the right circumstances, any of us can become a killer.


以前サムを殺してしまったウェスもこの言葉には素早く反応していました


とはいえ、もうひとりのシンクレアに関しては、断然アッシャーが怪しそうです。今回アッシャーは父のビルに頼んでシンクレアとの取引に応じていました。


シンクレアはその後もずっとサムを殺した主犯がアナリーズだと信じて疑わぬらしく、「トロッター湖のティファニー」に関するアッシャーの罪を隠蔽する代わりに、アナリーズに対して不利な証言をするよう強制したものと思われます


が、アッシャーの行動を不審に思ったボニーは、フランクにアッシャーの電話の追跡を依頼し、アッシャーがシンクレアと取引したことを突き止めました


~ここでフランクがアッシャーを「douchefaceと呼んでいたのが可笑しかった。今までも言ってたんかな~今回初めて気づきました。ちなみに「douche」は本来ビデを意味しているそうです。「doucheface」で検索するとMatt McGorryの画像が出てきたのにも大笑い。でもボニーはアッシャーを真面目に愛しているらしく、ローレルに骨抜きにされたフランクこそ「doucheface」だとやり返していました


ボニーは、サムを殺したのはアナリーズだと信じているらしいアッシャーに、犯人は自分だと言ってのけます。もちろん嘘で、何とかしてアッシャーを止めようとしただけです。そうなると、やはり、

マヌケなアッシャーがシンクレアを黙らせようとしてああなった

な線が濃厚な気がしますよね


さて次は、副題となった「ガールズ」をあっさり見ておきましょうか。上の時点から4週間前に遡ります。


今回アナリーズは親友のレイチェルを殺した罪で起訴された高校生のゾイ・ミッチェル(Sammi Hanratty)の弁護を引き受けました。ゾイは、いつもつるんでいたメーガンとモリーに脅されてやむなくレイチェルを刺したと訴えますが、この主張も偽りだったことが判明します。これを突き止めたのはローレルです


ローレルは、ゾイが頻繁にスマホを見ていることを不審に思い、隙を見てこれを盗みました。その中に入っていた「Hidden Away Safe(HAS)」というアプリを開いてみると、そこにはゾイがまさに「Skanksだという証拠の動画が収められていたのです


ゾイに同情していたコナーは「可愛さ余って憎さ百倍」の譬え通り憤慨しますが、アナリーズは、依頼人であるゾイの両親の要望通り、この動画を削除するよう命じました。怒ったコナーはこの動画をコピーし、検察側にこっそり渡してしまいます。これが(上述した)アナリーズの怒りを買った理由です。


が、幸い?なことに、その後どんなにアナリーズが尻拭いをしようとしても、ゾイ自身が法廷で本性を露わにしてしまったことから、もう打つ手はなかったようです。いやいやまさに「Skanks Get Shanked」でござりましたね


一方今回アナリーズは、ネイトの妻で闘病中のニア(Enuka Okuma)から電話で呼び出されました。末期がんのニアは今、新薬の治験に協力しているらしいのですが、そんな状態で生きていても夫の重荷になるだけだと考え、アナリーズに自分を殺してほしいと訴えてきます。あなたは薬を手に入れてくれるだけでいいから


ニアは、夫のネイトと浮気した挙句、そのネイトに濡れ衣を着せたアナリーズは自分に借りがあるはずだと主張し、一度でいいから善人になってみろ、と言い放ちます。


Just be a good person for once and get me the pills.


アナリーズは悩んだ末、フランクに命じて薬を手に入れさせますが、それをニアに渡すことはやはりどうしてもできませんでした。


ニアの病室を訪れたアナリーズは、自分自身、世の中にいないほうがよい人間だと思うけれど、どんなに死にたくても死なないと告げ、ニアはそれよりずっと善人なのだから生きねばならないと説得します。皆そうやって生きているのだから。それが人生なのだから


You're a better woman than me. And if I don't deserve to die, then you definitely don't. I'm sorry you feel alone in your pain, but so do I. So does everybody. That's life.


するとニアは、彼女もまたアナリーズがサムを殺したと思い込んでいたようで、既に夫を殺しているのだから愛人に毒を盛るぐらい今さらどうってことないだろうとばかりに挑発してきます。


I'm not the woman you think I am. I'm sorry I can't help you.
私はあなたが考えているような女じゃない。ごめんなさい、助けてあげられないわ


ここがアナリーズの魅力ですよね。確かに依頼人のためなら殺人を無罪にすることもいとわないけれど、自分自身は最後の一線を決して越えない~彼女なりの「信念=良心を持っているところ


またハプストール家では、ミカエラの勧めに従ってキャサリンが思い切った行動に出ました。ミカエラは、キャサリンとケイレブが男女関係に無いと証明できれば、ふたりが養父母を殺す動機が無くなると考えたようです。少なくとも世間はそう考えるだろう、と思ったらしい。


キャサリンは処女を証明するための検査を受け、見事にこれを証明しました。ミカエラは二人を信じていたようですが、ここもまだまだ分かりませんね。アナリーズが救急車で運ばれていた時、そのケイレブはどこかの34号室に隠れていたようで、ネイトの車に乗ってきたミカエラがひとりだけ(皆からへまをするなと言われて)降り、彼を訪ねて行きます。


How is she?(彼女の様子は?)と尋ねたケイレブに、ミカエラは「Good」と答えていました。はたしてこの「she」はキャサリンなのかはたまたアナリーズなのか、それとも他の誰かなのか??


回を重ねるごとに謎が増えかつ内容が充実してくる「殺人を無罪にする方法2は続きを見るのが待ち遠しいです殺人を無罪にする方法2が面白い(^^)/


殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part1 [DVD]殺人を無罪にする方法 シーズン2 Part2 [DVD]
見たいけど我慢我慢


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.