2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の第6話は「初恋の別れ道」です。これがまた何ともおとわが健気で泣けましたね~。以下ネタバレのあらすじですおんな城主直虎のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


10年ぶりに戻ってきた亀之丞ですが、まだ元服を済ませていませんでした。井伊谷の皆のおかげで無事生きながらえることができた身だから、元服をするなら井伊谷でと決めていたのだそうです


元服して「井伊直親」となった亀之丞あらため直親は、早速、おとわの還俗を切り出します


ずっとおとわを妻にと心に誓っていた直親にとってはごく当たり前の行動でしたが、直盛を始めとする家臣たちは皆一様に気まずそうです。そこを鶴丸改め政次がズバリ切り込みました。まずは今川に謀反人である直親の帰還を認めてもらう方が先ではないのか?


自分では謙遜してそう認めてはいても、幼馴染の政次から「謀反人」呼ばわりされるのは心外だという表情が直親の顔にちらりと浮かんだのを見逃さなかったのはおばさんだけではございますまい


が、直親はあくまでも謙虚にその言葉を受け入れました。直盛もホッとしたように政次に同意します。


とはいえ、直親は決して納得したわけではなかったようです。賢い直親は、今の(否、昔も今も)井伊家で話が通じるのは曾祖父の直平だけだと見極めて、こそっと相談に行きます。その結果直親は、おとわを死んだことにして他の場所に匿い、ほとぼりが冷めた頃に全くの別人として井伊谷に呼び戻すことに決めたのだそうです


これを聞いたおとわの心中は複雑でした。おとわとて幼い頃の約束を守ろうとしてくれている直親の気持ちが嬉しくない訳ではありません。むしろ、直親の嫁になるのは嬉しくてならぬはずです


でも、今川に自分の死を認めさせるには、両親や近しい人々も騙さねばなりませんし、その彼らとも会わずに暮らさねばならないのです。


家族や親せきももちろんですが、今や「井伊谷の竜宮小僧」として、村中の人々から親しまれているおとわにとって、井伊谷を離れることは身を切られるように辛く寂しいことなのです


そんなおとわの気持ちを知った南渓和尚はおとわに謎をかけました。南渓和尚はここぞという時には傑山をおとわに張り付かせ、その行動を報告させていたようです


昔、趙の国に道威(どうい)という王がいた。道威にはふたりの優れた大臣、伯と中がいたが、ある時道威はこのふたりのうちのひとりを選ばねばならなくなったため、ふたりに2個ずつ饅頭を与え、ふたりがどうするかを試した結果、2つのうち1つを後生大事に取っておいた伯を残すことに決めた。


この話はおそらく南渓和尚(制作者)のオリジナルらしいのですが、要するに、人の上に立つ者は一時の感情ですべてを手放してはならぬ、という譬えのようです。たとえその残した饅頭がかびて食べられなくなったとしても、万が一のことを考えて残せるだけ残しておかねばならぬ、ということらしい。


さすがおとわはこの南渓和尚のもと、僧侶として10年近くの歳月を送っただけのことはあって、和尚の言わんとしたことを見事にくみ取りました。饅頭は、直親とおとわ、二人を指しているのです。


もし今おとわが還俗して直親と結婚してしまったら、二人に何かあった時、誰も井伊家を継ぐ者がいなくなる。が、おとわが次郎法師として控えていれば、もし直親に何かあっても、おとわが家督を継ぐことができる、ということ。


~ということは、饅頭が1個になる事態が近々起きるということでしょうか


おとわは、もし饅頭がかびてしまうことがあっても、それこそお家が安泰な証拠だから満足だと微笑みます


自分の人生は二の次で井伊家のことを考えていたおとわを前に、直親はもう何も言うことができませんでした


直親は仕方なく、以前政次と縁談のあった(=直親の帰還によって破談にされた)奥山朝利の娘のしほ(貫地谷しほり)との縁組を承諾します。ここで直親が江戸の敵を長崎で討ったのも見逃せません。直親は政次にもおとわを諦めろと釘を刺したのです。


見方によっては、おとわのことといいこのしほのことといい、女子は単なる道具扱いだと憤慨することもできぬではないけれど、それは当時、何も女性に限ったことではありませんものね。現代に比べれば確かに選択肢は限られているけれど、たとえいつの時代に生まれようと、己に与えられた道を喜んで受け入れかつ精一杯生きることが幸せへの近道なのは、今も昔も変わらないかもしれません今の価値観では判断できません


一方、今川家で「行き遅れ」扱いされていた瀬名は、意外にも竹千代に心惹かれていくようです。確かに、絶対人にはなつかないと言われているすずめを手乗りにした竹千代の姿はなかなかでしたよね。家康と築山殿は単なる政略結婚だと思っていましたが、このようなシナリオならまた違った解釈を楽しめそうで嬉しいです


さて来週は井伊谷に「検地」がやってくるそうです。時代としてはもうじき犀川の戦い(第二次川中島の戦い)が始まる頃でしょうか。


果たして残った饅頭が活かされる時はいつ来るのか(来ないのか~来ない訳はないけど)、それまでおとわは「竜宮小僧」としてどんな活躍を見せるのか、「おんな城主直虎」は続きを見るのが楽しみですねおんな城主直虎が面白い(^^)/


 
おんな城主 直虎 前・後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.