2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

草彅剛さん主演の復讐ドラマ、【嘘の戦争】は6話で、いよいよ後半戦に突入です嘘の戦争のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。まさしく「嘘の戦争」のタイトル通り、徹底した騙し合いが見ものでしたネタバレですのでご注意を♪


またドラマの醍醐味と言えば、やはり役者の演技力ですが、草彅さんの表情がまた実に見事で感心しきりでございました。やはりセリフだけに頼るドラマはつまらんですからね~。役者のちょっとした表情からあれこれ妄想するのが楽しいのですからね


前置きはこれぐらいにして、以下ネタバレのあらすじです嘘の戦争が面白い


まず第1ラウンド~浩一が二科家に乗り込んできたシーンです。やはりアウェイということで、浩一は防御に回って耐え抜きました


最初は隆が浩一の過去についてあれこれ尋ねてきます。もちろん浩一がこれを上手く交わしたのは言うまでもありません。ここで隆が「千葉陽一」に言及し、千葉親子を興三と一緒に口汚く罵った時も、笑みを絶やさずに相槌を打っていたシーンは思わず見入ってしまいましたね


次は興三が変化球を投げてきました。興三は、浩一に騙された楓を非難してきたのです


それまで耐えに耐えてきた浩一が、ここでにわかに応戦に転じます。僕は何を言われても耐えられるけど、楓が侮辱されるのは許さない!!これも詐欺です♪


家を出て二人で暮らそうと楓を促した浩一を、ようやく興三が認めました。君が気に入った!今すぐにここで婚約しろ!!


興三が、神は信じないから「嘘が嫌い」だったという君の父親に誓ってほしい、と詰め寄った時の浩一の表情も良かったですよね。何せ浩一は、亡くなった父からお前も嘘をつかない人間になってほしいと言われていたのですから涙をにじませていた目が特に印象的でした


断腸の思いで「嘘」をつき続ける浩一ですが、興三もまたそんな浩一の「嘘」には気づいています。興三は浩一が油断ならぬ男だと見極めたからこそ、近くに置いて見張っていようと決めたのだそうです。隆も父に調子を合わせ、浩一に好意的に接するようになりました。


その直後、浩一がめずらしく痛恨のミスを犯してしまいます。オーストラリアにいる「千葉陽一」のブログにあった間違いと同じ間違いを浩一が口にしてしまったのです


それを聞いた隆がにやりと笑ったのを、浩一もまた見逃しません。浩一の顔を初めて不安がよぎりました。え?俺何かマズいことを言ったか?


この過ちに気づいた浩一はまったく引かず、逆に更なる大きな嘘を重ねてきました。浩一は、隆が「浩一=陽一」と見破ったに違いないと確信したため、オーストラリアで農業を営んでいるという偽の千葉陽一(小松利昌)を呼び寄せたのです


その上浩一は、隆の秘書が自分の後をつけてきているのを百も承知で、三瓶との会話を見せつけました。ここはちょっとハラハラさせられましたよね。も~ペーさん、長話してたら見つかる!って早く帰って!


でも、隆が満を持して養護施設に乗り込んできた際、三瓶が、ちょうど千葉陽一が来ているから直接会って話をしろと言った時には、ああ、本物のニセモノが来ているな、と確信いたしました。後ろ姿も別人でしたね


それまでニヤついていた隆が愕然としたのには大喜びです。そんな馬鹿なっ!?隆がまんまと引っかかった(^^)/


ニセモノの千葉陽一もまた詐欺師だったそうですよん。いやいや実に楽しかった


そしてこのシーンの後、ぺーさんこと三瓶が興三に「仁科家とは関わるな」と釘を刺す訳です~これが前回の予告にあったので、おばさんは妄想逞しくした訳なのでござる(六車は心優しき恩人の三瓶か?)。


とはいえ、隆は浩一の胸に古い傷があることを楓に確かめていましたから、まだまだ諦めてはいないものと思われます。


一方、ハルカが五十嵐とともにパーティーの写真に写っていたことや、楓に接触を図ったことも、半分はうまく切り抜けました。前者はまったく知らないとなんとかシラを切りとおし、後者は逆手を取ってハルカが元カノだと言って、ふたりを直接会わせたのです。


後者の場合は、ハルカが浩一を諦めるという幕引きとなりましたが、前者はそうはいきませんでした。こちらは詰めの甘い隆ではなく、興三がハルカの後を付けさせていたのです。


興三はついに浩一と差しで話をすることにしました。興三は、国道から遠く離れた広い荒れ地に浩一を連れていき、そこに工場を建てる計画があると切り出します。その土地は昔興三が住んでいた場所らしく、その頃の興三は極貧生活を強いられていたのだそうです。


決してそこには戻るまいと誓ってがむしゃらに建てた工場が「ニシナコーポレーション」の原点です。それがちょうど30年前で、浩一の家族を殺した見返りの報酬で、その後、急成長を遂げたのでしたよね


そこで興三はズバリ核心に切り込んできました。お前の望みはなんだ!いったい何を企んでいる!?


が、急激な興奮が災いしたのか、興三はそこで心臓発作を起こして倒れてしまいます30年前の報いですよ


浩一は、これぞ天罰だとばかりに興三を置き去りにしようとしましたが、それでは罰が軽すぎる、と駆け戻ってきます。もっともっと苦しんでからじゃないと死なせられないっ!もっともっと苦しんで俺の前で許しを請え!!


いやいやそうではありませんよね浩一に人は殺せない。浩一には、たとえそれが親の仇であろうとも、苦しんでいる人間を見捨てることなどできんのだす


が、詐欺は別です。どうやら浩一は、晃に大きな詐欺を仕掛けていたようです。浩一をすっかり信じ込んでいる晃は露ほども疑わず、その大事業に取り組むようでしたが?


さ~て来週はどうなるのかな。「嘘の戦争」は続きを見るのが楽しみですね嘘の戦争が楽しみ(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.