2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

グッド・ワイフ6の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ6 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


リーガルドラマ、【グッド・ワイフ6】の19話は「正義なき戦い」(Winning Ugly~見苦しい勝ち方をすること)です。確かにひどい話だったけれど、これもまたグッドワイフお得意の展開で実に面白かったです。以下ネタバレの簡単なあらすじですグッドワイフ6のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


前回のラストで明かされたように、アリシアに不正投票の疑いがかけられたため、選挙管理委員会が調査に乗り出すことになりました。イーライにこれを知らせに来たのは、知己の間柄らしいケン・ボクサーJr.(Lawrence Gilliard Jr.)で、彼が言うには投票マシンにハッキング用のマイクロチップが埋め込まれていたそうなのです。も~今回の大統領選も怪しいもんだす


真相はついに最後まで明らかにはされなかったものの、裏で糸を引いていたのはどうやらプレイディの選挙参謀、マーティン・パリロ(Remy Auberjonois)のようでしたよね


アリシアは、疑われているならいっそ再集計をすればいいと主張しますが、これまた選挙参謀のイーライにしてみればそういう訳にも参りません。そんなことをしたら、また何が起きるか分からないというのです


これには民主党本部も同意見らしく、久しぶりに登場したフランク・ランドーが、助け舟を出してきました。どうやらかなり有能らしい弁護士のスペンサー・ランドルフ(Ron Rifkin)を代理人につけてくれたのだそうです


ランドルフはなかなか優秀で次々とパリロの繰り出す罠を切り抜けていきました


中でも驚いたのは、以前アリシアに援助を申し出て断られたアーニー・ノーラン(Michael Gaston)です。なんと彼は投票マシンの監視人でありながらこの度の不正に関与していたのだそうです。私の申し出を断るからいけない、との台詞はでもすべてアリシアが録音していたのですが


が、このランドルフが実はとんでもない曲者だったことが後に判明します。ランドルフは、アリシアを応援すると見せかけて、その実、過去の知事選でのピーターの不正投票を暴こうとしていたのだそうです!


しかも、ランドルフの正体が明らかになるや否や、フランク・ランドーまでが裏切ってきます。民主党本部は、これ以上不正投票への関心が集まれば、知事選のみならず、他の選挙、特に州議会上院の選挙にも火の粉が飛びかねず、もしそれが再集計にでもなったら議席を失う議員が出てしまうと憂えたのだそうです


もしひとつでも議席を失ったら、州議会での多数派という立場を維持できなくなる~それだけは避けたいということらしい。いやいやとんだとばっちりを受けたものです


ランドルフもフランクに従ったらしく、委員会でいきなりアリシアを不正投票の黒幕だと主張し、嘘つきアリシアは「州検事として不適格」の烙印を押されてしまいましたアリシア、無念!


Your problem can be summed up Two-thirds majority.
君の問題は2/3=多数派の一語に集約される


ランドルフを信じろと言ったピーターも騙されたんですよね~個人的にはそう信じたいです


一方で、今回ようやくダイアンがカリンダのねつ造について聞かされました。弁護士資格をはく奪されるかもしれないとはいえ、カリンダに対する態度はちょっと悲しかったですよね。カリンダは本当に使うつもりはなかったのを、ほかならぬダイアン自ら持ち出してしまったのに。ま、気持ちは分りますけどね


憤懣やるかたないダイアンは、その怒りをケイリーやデヴィッド・リーにぶちまけました。するとデヴィッドがここでめずらしくまともなアドバイスをします。ゲイと言われて少しは反省したんかしらね


デヴィッドは、検察に訴えられる前に、ゲイリー・プリマへの疑惑を調査している今この時に、自分から罪を告白してしまえば、もしかしたら罪を減刑してもらえるかもしれないというのです


これにはフィンも賛同し、ダイアンは、まさに清水の舞台から飛び降りる心地で自分の過失を告白しました。


すると検察側、ジェニーヴァ・パインは、ここぞとばかりにビショップを引き渡すよう交換条件を出してきます。とはいえ、FALとしては守秘義務があるため、そう簡単に応じることはできません。以前ケイリーはそれができないばっかりにあれほど苦しんでいたのです


そのケイリーは、自分が釈放されたのはカリンダのおかげだからと、危険を顧みずその弁護を引き受けると言い放ちます。もちろんカリンダは再びケイリーを危険にさらすことはできないと断りました。その上どうやらビショップに直談判に行きそうな気配ですカリンダ、行っちゃダメだ!


I can see the wheels turning. You turn evidence against Bishop, he will kill youそんなことはさせられない!.
君の考えはお見通しだ。ビショップに対する証言をしたら彼に殺されてしまう。


ケイリーは必死でカリンダを止めようとしますが?


正直なところ、これを書いている暇があったら続きを見たい気分で一杯です。今晩早速見るつもりでござりまするが


グッドワイフ6も残すところはあと3話です


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4S5


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.