ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
グッド・ワイフ6 (the Good Wife S6)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ6 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧

グッド・ワイフ6】(The Good Wife S6)のあらすじと登場人物のリストを作成いたしましたグッドワイフ6あらすじ一覧。これからご覧になる方の視聴のお供にしていただければ幸いです。主な登場人物に関しては、S6に登場した状態(もしくは数話後)で明記しますので、それ以前の情報はS1~5までのリストをご参照くださいますように


グッドワイフ あらすじと登場人物】



【 グッドワイフ6 主な登場人物 】


アリシア・フロリック-Alicia Florrick(Julianna Margulies)
ケイリーとともにFlorrick&Agos法律事務所を立ち上げるが、いきなりのパートナー不在に悩まされることに??


ピーター・フロリック-Peter Florrick(Chris Noth)
アリシアの夫で州知事


ザック- Zachary "Zach"(Graham Phillips)
アリシアとピーターの長男


グレース- Grace(Makenzie Vega):
アリシアとピーターの長女


ジャッキー(ジャクリーン)・フロリック-Jackie Florrick(Mary Beth Peil):
ピーターの母



イーライ・ゴールド-Eli Gold(Alan Cumming)
ピーターの知事補佐官


マリッサ・ゴールド(Sarah Steele):
イーライの娘。2年間イスラエル国防軍に勤務後、イーライの元に戻ってくる



ケイリー・アゴス-Cary Agos(Matt Czuchry)
アリシアとともに「フロリック・アゴス・アソシエイツ」を設立するが、第1話から麻薬容疑で逮捕されることに!?


ダイアン・ロックハート-Diane Lockhart(Christine Baranski)
LGの退職を経てFAの弁護士となる


カリンダ・シャルマ-Kalinda Sharma(Archie Panjabi)
LGの女性調査員


デヴィッド・リー-David Lee(Zach Grenier)
LGのシニア・アソシエート


ハワード・ライマン-Howard Lynn(Jerry Adler)
ロックハート・ガードナー創設時のパートナー弁護士



ケイリー・ゼップス-Carey Zepps(Ben Rappaport):
FAの弁護士


ロビン・バーディーン-Robyn Burdine(Jess Weixler):
FAの調査員



ルイス・ケニング(Michael J. Fox):
遅発性ジスキネジアを売りにする異色の弁護士


ジュリアス・ケイン(Michael Boatman):
LGの弁護士



ジェニーバ・パイン-Geneva Pine(Renee Goldsberry):
凶悪犯部門の検事補


マタン・ブロディ-Matan Brody(Chris Butler):
古株の検事補


ゲイリー・プリマ(John Ventimiglia):
シカゴ警察の刑事


フィンリー・ポルマー(Matthew Goode):
検事補


ジェームズ・カストロ(Michael Cerveris):
ピーターの後任の州検事



カート・マクベイ-Kurt McVeigh(Gary Cole)
弾道解析家でダイアンの夫



エルズベス・タシオニ-Elsbeth Tascioni(Carrie Preston):
個性的で優秀な弁護士。ベビーローションがお気に入り


ジョシュ・パロッティ(Kyle MacLachlan):
エルズベスの天敵かつ熱烈なファン



ルモンド・ビショップ(Mike Colter):
麻薬王でFAの顧客


デクスター・ロハ(J.D. Williams):
ビショップの部下


トレイ・ワグナー(Samuel Smith):
ビショップの部下。組織のNo.2


ディラン・ビショップ(Eric Ruffin):
ビショップの一人息子



ノーラ(Nicole Roderick):
イーライの部下

ガンター(Danny Hoch):
エレベーターの中でシャツを脱ぎ、FA事務所で選択をする謎の男性



ラナ・ディレニー(Jill Flint):
FBIエージェント。カリンダのGF


ハウエル(Jason Babinsky):
カリンダの知りあいでITに強い。ハッカー?



フランク・プレイディ(David Hyde Pierce):
キャスター。州検事に立候補



ジョニー・エルフマン(Steven Pasquale):
アリシアの選挙参謀


ジョシュ・マリナー(David Krumholtz):
アリシアの選挙参謀


RD(Oliver Platt~ポール@キャシーのbig C):
筋金入りの共和党員。本名はリース・ディップルといい、全米第4位の富豪



【 グッドワイフ6 あらすじおよび各回の登場人物 】


第1話 ボーダーライン


ローレン・リットン(Katie Paxton):
州知事オフィスのインターン。ノー〇ンとピーターとの浮気疑惑が浮上


アラン・カープマン(Fred Melamed):
判事



第2話 信頼関係


ジム・レナード(Sheldon Best):
ビショップの部下。銀歯が特徴


アーニー・ノーラン(Michael Gaston):
エルコ不動産社長


ヴァレリー・ジャレット(Valerie Jarrett本人):
大統領顧問


ディーナ・ランパード(Megan Ketch):
ニール・グロスの妻


ガス・ポーリッキー(Evan Jonigkeit):
チャムハム社の元社員


ロレイン・ジョイ(Polly Draper):
ポーリッキーの代理人。かつてアリシアを雇わなかった因縁の弁護士


パトリック・エデルスティーン(Jack Carpenter):
IT長者。ディーナの元恋人


ディーン・レヴィン・ウィルキンス(Taye Diggs):
元LGの弁護士でFAにヘッドハントされる



第3話 聖なる仲裁人


ジョイ・グルービック(Linda Lavin):
公判前釈放事務官


ステイシー(Saycon Sengbloh):
トレイの妻


イリヤ・ペトロフ(Tibor Feldman):
判事


グロリア・スタイネム(Gloria Steinem本人):
ラディカル・フェミニズム運動の活動家


トーマス・グラット(John Procaccino):
判事


デル・ポール(Robert Sean Leonard~ウィルソン@Dr.House):
「キリスト教仲裁所」(Christian arbitration)の仲裁人。たぶん牧師


エド・プラット(Richard Thomas):
FAのクライアント


ウェンデル・ケラー(Robert Joy):
プラットが訴えた隣人



第4話 対抗馬調査



第5話 スポットライトの中へ


ボリス・イワンコフ(Misha Kuznetsov):
ロシア人ハッカー


エリック・ネイピア(Michael Cumpsty):
Jサーブ社社長。エルズベスのクライアント


カミーラ・ヴァーガス(Jan Maxwell):
アリシアたちはネイピアに解雇されたCEO。アリシアのクライアント


グレッグ・ブロチャード(Brooks Ashmanskas):
判事



第6話 魅惑の香り


パトリス・レスナー(Ana Gasteyer):
「in my opinion」を忘れちゃいけない判事


ジェレマイア・イーストン(Frankie Faison):
牧師



第7話 Message Discipline


フランク・プレイディ(David Hyde Pierce):
キャスター。州検事に立候補


ウォーレン・プレップ(Ken Land):
票集めで有名な人物


リアナ・デポール(Tanya Wright):
鑑識。トレイ・ワグナーの従姉妹


ラモーナ・リットン(Connie Nielsen):
ローレンの母親で弁護士



第8話 大学の司法制度


ジョディ・マイラム(Madeleine Martin):
アリシアのクライアント


トロイ・アンソニー(Alexander Flores):
ジョディを襲った学生


ロバート・パークス(David Fonteno):
判事


サリー(Ceci Fernandez):
フォーカスグループの女性


ヴァイオラ・ウォルシュ-Viola Walsh(Rita Wilson):
ダイアンのライバル弁護士



第9話 記憶に残る映像


カーター・グレイソン(Victor Williams):
元NBA(Milwaukee Bucks)の選手でケイリーのボディーガード


第10話 裁かれる弁護士


ダンテ・ウォラック(Mark Green):
ビショップの部下


コリン・スラヴィック(Rosa Arredondo)
社会科教師


リチャード・クエスタ(David Paymer):
判事


ゲイリー・プリマ(John Ventimiglia):
シカゴ警察の麻薬取締官



第11話 奇跡を信じて


ビル・クロフト(Domenick Lombardozzi)
刑務所のコンサルタント


ビル・フレイジャー(Jonathan Crombie):
オンタリオにいる麻薬担当のインスペクター


ケヴィン・ロドリゲス(Felix Solis):
プリマの同僚


リチャード・クエスタ(David Paymer):
判事



第12話 公開討論会


エバン(Patrick Boll):
FALの弁護士


フラニー・ジーシス(Rachael Harris):
市長首席補佐官


ディアドラ
コール・ウィリスの妻


ニール・グロス(John Benjamin Hickey):
チャムハム社のCEO



第13話 黒い金


コリン・スウィーニー(Dylan Baker):
FAのクライアント


ジェローム・モリス(Dylan Baker):
スウィーニーに瓜二つの三文役者


ガイ・レッドメイン(Edward Asner):
経済界の(影の)大物。セクハラ爺


第14話 心眼


シモーヌ・ケニング(Susan Misner):
ケニングの妻。旧姓はラウシェンブッシュ



第15話 オープンソース


エディ・サマーフィールド(John Wernke):
FALのクライアント


カーステン・ポープ(Adam Donshik):
3Dプリントの銃を発砲した人物


クリス・ファイフ(Billy Magnussen):
銃の設計者


レベッカ・スマーコニッシュ(Amy Rutberg):
マクベイの弟子の弾道解析家


ナンシー・クロージャー(Mamie Gummer):
ファイフの代理人



第16話 食うか食われるか


メリッサ・フィッツジェラルド(本人)


ギル・ベリッジ(James Snyder)
シリコン・ヒルズの王


ジョージェット(Gia Crovatin):
ギルの連れ


RD(Oliver Platt~ポール@キャシーのbig C):
筋金入りの共和党員。本名はリース・ディップルといい、全米第4位の富豪



第17話 隠された本音


ヴィンス・ダルトン(Neil Hopkins):
FALのクライアント


ネイサン・ベースヴィッチ(Michael Stahl-David):
ダルトンに訴えられた人物


ジャレッド・アンドリュー(John Glover):
ダルトンの代理人



第18話 悪意の編集


ペトラ・モーリス(Lily Rabe):
テレビ局のスタッフ


チャールズ・ジンクス(Ruben Santiago-Hudson):
モーリスの上司


テッド・ウィロビー(Mo Rocca):
アリシアに好意的な記者


ジェフリー・ソロモン(Richard Masur):
ハーバードの教授


トッド・ディップル(Wesley Taylor):
RDの甥でゲイ



第19話 正義なき戦い


ケン・ボクサーJr.(Lawrence Gilliard Jr.):
イーライの知人


マーティン・パリロ(Remy Auberjonois):
プレイディの選挙参謀


スペンサー・ランドルフ(Ron Rifkin):
アリシアの代理人


フランク・ランドー-Frank Landau(Mike Pniewski)
DMCの委員長


アーニー・ノーラン(Michael Gaston):
アリシアに援助を申し出て断られた人物



第20話 崩壊と再生


ジャミール(Carter Redwood):
ビショップの部下


アーロン・コールマン(Reg E. Cathey):
判事


ルイーズ・ノルフィー(Phyllis Somerville~マーリーン@キャシーのbig C いま私にできること):
被告人



第21話 6年前の依頼人


ブレッド・タトロ(Dorian Missick):
6年前の依頼人


ジェフ・ガリックス(Josiah Bania):
6年前の被害者


アンバー・オードリー(Aya Cash):
新米弁護士


ダコタ(Lucy Owen):
タトロの友人


リチャード・ハーディ(Graham Winton):
古いタイプの刑事



グッド・ワイフ6 最終回 あらすじと感想 新たなパートナー


ジェイコブ・リクター(Seth Gilliam):
アリシアのクライアント


ジョー・コリンズ(Danny Mastrogiorgio):
ホーマンスクウェア勤務の警官


クリス・タナーマン(Kevin Bigley):
コリンズの同僚


スザンヌ・モリス(Jane Alexander):
判事


チャールズ・レスター(Wallace Shawn):
ビショップの代理人



これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング