ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
六龍が飛ぶ
 時代劇・歴史モノ

六龍が飛ぶ ネタバレと感想 第23~26話 ソンゲの決断

韓国ドラマ、【六龍が飛ぶ】は26話まで見終わりました。これはまた実に面白かったですね~。キル・テミ不在の物足りなさはまったく感じませんでした。以下ネタバレの簡単なあらすじです六龍が飛ぶのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。(本当はこれを先週アップするはずだったのですけど、途中で急に忙しくなったためにすっかり遅れてしまいました


「闇の組織」から指令を受けたチョンニョンは早速チェ・ヨンに接触しました。どうやら、イ・ソンゲを放っておけば権門勢力に被害が及ぶという証拠と引き換えに釈放を求めたようです。チェ・ヨンは、その内容がインギョムの警告通りだったことに驚きました。黒幕はチョン・ドジョンか!


チェ・ヨンはソンゲを呼び出してドジョンを切るよう命じましたが、ソンゲは応じませんでした。将軍は三峯を誤解しています。側においてよくご覧になってください


一方インギョムは、これまでの貢献と高齢を理由に処刑を免れ、故郷に流刑となりました。そこに現れたのは、かつてインギョムを助けてきたキム・ネピョンです。このネピョンもあの赤い紋様の組織の人間であることは明白ですが、果たしてそれがどんな組織なのかはまだ皆目わかりません。


その後事態は急展開していきます。明が鉄嶺以北を渡すよう要求してきた上、チェ・ヨンがこの機に乗じて元と内通し、遼東征伐を決行することにしたのです


チェ・ヨンが禑王との狩りにソンゲを同行させ、この計画を打ち明けた時のソンゲの台詞がまた良かった


小国が大国を責めるのは理にかなっていない。かつて高句麗が隋や唐と戦ったのは大国に祖国を渡さないという気概からで、無謀な出兵で民を苦しめるためではない。もし明が攻めてくるなら、このイ・ソンゲも、かつてのウルチムンドク将軍やヤン・マンチュン将軍のように敵を倒して見せよう字幕は「歴代の将軍」だったけど、ここは絶対外せない( `ー´)ノ


こんな話が分かるようなら王なんて呼ばれてませんよね。、あ、違った、王だった。(


が、チェ・ヨンがソンゲの家族を捕えて軟禁してしまったため、ソンゲは王命に逆らえなくなってしまいます卑怯者めっ!(`・ω・´)。ソンゲがドジョンに、自分は高麗の民より家族を優先する卑小な男なのだと手紙を書いたのがまたなんとも気の毒でした


それでも実際に遼東出兵が始まると、ソンゲの気持ちは変わってきます。というより、鴨緑江(アムノッカン)を前に敵と戦うこともなく飢えや疫病でひとり、またひとりと倒れていく同志を目にしては変わらざるを得なかったのです


ソンゲに苦渋の決断をさせたのが、以前倭寇のふりをして民に乱暴を働いて捕まった男だったというのがまた良かったですよね


将軍は、家族のために犯した罪は他の家族のために戦うことで償えと言ったのに、将軍自らその家族の命を無為に奪っているではないか!


ソンゲはついに「回軍」という大英断を下します。これこそ新しい国の「王」にふさわしい決断です。これにはインギョムの腹心、チョ・ミンス(チェ・ジョンファン~高宗@済衆院)も条件付きで同意しました。


その条件とは、王命に逆らえば報復を受けるから、その前にともに王を替えるというものです。これもまた「政変」ですが、ドジョンの意図したものではありませんね。


一方、「人質」となったソンゲの家族たちも、ソンゲの足かせにならぬよう尽力しました。ようやくこの間登場した康カン氏(キム・ヒジョン~モ・ジラン@糟糠の妻クラブ)とダギョンはプニとともにインギョムの屋敷だった桃花殿へ軟禁されましたが、そこには「抜け道」があったというのがまた楽しかった。これは以前インギョムの手下に成りすましていたナム・ウンからの情報です


プニもまた、さすがに皆から「プニ大将」と慕われるだけのことはあり、ロウソクの炎の動きから壁の向こうの通路を見破りました


デホンを偵察にやって、いざ逃げ出そうとしたところに、見張りの兵が押し入ろうとしたため、プニが時間を稼いで皆を逃がそうとしますさすがはプニ大将!( *´艸`)。ここでダギョンとプニの間に「同志としての意識が生まれたように見えたのはおばさんの思い過ごしでございましょうか


また彼らとは別に捕まっていたバンウとバングァに「処刑」の命が下った時も見ものでしたよね~。彼ら二人でも相当の使い手でしょうに、そこにバンジが駆けつけてきたのですから、そんじょそこらの兵士に負けるはずがありません


この後は忙しくてまだ見ていないのです。無事助かっただろうことは間違いないだろうけれど、早く続きが見たくてたまりません。それに今週から金曜日まで放送するそうですね。「六龍が飛ぶ」は続きを見るのが待ち遠しいです



OSTがまたええですね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング