2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

韓国ドラマ、【六龍が飛ぶ】、今週は27話から31話まで視聴しました。いやいやとんでもないことになってしまいましたね


以下早速ネタバレです。従来より1話多い5話分ということで、いくつかの注目ポイントに分けてまとめさせていただきました六龍が飛ぶのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず最も注目したのは三峰ことチョン・ドジョンの最大の改革=計民授田でございましょう


ドジョンは、やはり同じ志を抱く士大夫で、全国を回って土地の測量をしている吁斎(ウジェ)ことチョ・ジュン(趙浚)を仲間に引き入れました。国民に平等に土地を分配するにはまず、その広さを把握しなければならないからです


プニたちがドジョンについてきたのも、この「夢」のためでした。長年搾取され続けてきた彼らが、生まれて初めて自分の土地を持つことができるのです


が、この計画を邪魔する者が現れます。チョ・ミンスを始めとする権門勢力はもちろんですが、あの「闇の組織」もまたこのドジョンの改革を阻止しようとしているようなのです


前回チョンニョンがこの組織に関与していることは分りましたが、今回はこれに加えて、あのキル・ソンミもまた何らかの形でかかわっていることが明らかになりました。でも確かソンミはかつてその組織から命を狙われていたバンジを救ってくれた恩人でしたよね。自分も仲間だったけれど、バンジを不憫に思って助けてくれたのかしらん?


キル・テミの死後、突如現れたソンミを見た皆が一様に「キル・テミ!パク・ヒョックォンサイコー!( *´艸`)と叫ぶことに、いかにもウンザリしていた様子のソンミがまた可笑しかったですね~。お前もか!キル・テミじゃなか!(`・ω・´)


まあ、この謎の解明はまだ先のお楽しみに取っておくとして、次の注目は「ハ・リュン」(チョ・ヒボン)です。


鄭道伝では、ハ・リュンはイ・イニム(インギョムのモデル)の姪の婿として登場しましたが、強烈だったのはやはり大王世宗に登場したハ・リュン(チェ・ジョンウォン~ここではインギョム役)ですね


インギョムが流刑先(広大な屋敷でしたが)で亡くなったことを受け、ハ・リュンは早速ドジョンの計画を邪魔しにかかりました。民に「十八子(李氏)為王」の歌を歌わせ、あたかもイ(李)・ソンゲが反逆者であるかのように思わせたのです


その一方でハ・リュンはチョ・ミンスに取り入り、次王にはミンスがソンゲとともに決めた定昌ではなく、チェ・ヨンの失脚によって自ら身を引いた禑王の息子のを選ばせました


ソンゲはこの裏切りに腹を立てましたが、かつては国民の英雄だったチェ・ヨン将軍を排除したばかりだったため、民心が離れることを怖れて仕方なく譲歩することにします。が、一旦ソンゲへの疑心を抱いたミンスは、

やられる前にやり返す!

とばかりにソンゲを殺す決意をするのです


ミンスから「宴」に誘われたソンゲは、それがミンスの謝罪だと解釈し、息子や家別抄を引き連れて参加してしまいました。裏には息をひそめた刺客たちが今か今かとその時を待ちかねているとも知らずに!?ソンゲ、ピ~ンチ!


さて最後の注目点~それはヨニとバンジが、二人を不幸にしたテグンに再会したことです。今ではあんな男など一ひねり~のはずのヨニですが、しかももう顔など思い出せなかったそうなのに、一瞬その顔を目にした途端血の気が引いてその場に倒れ込んでしまいます。ヨニの心の傷がどれほど深かったのかが偲ばれます


土地改革が成功したら、バンジやプニとともに故郷に帰ろうとまで思い始めていたヨニの心が、再び凍り付いてしまったのがまた何とも切なかった


またバンジも、宴の席でテグンを目にし、燃え滾る怒りを抑えるのに精一杯でした。その様子を見たムヒュルがすぐに気づいたほどです。大切な「和解」の席だからと釘を刺されていたためにバンジが暴れるのではないかと心配したムヒュルでしたが、テグンが得意げに昔ヨニを凌辱した時のことを話し始めると、自分が先にブチ切れてしまいます黙れ下郎!!( `ー´)ノ


でもそれで、テグンが衣服の下に鎧を着ていたことが知られ、皆、罠にかかったことに気づいたのは良かったですよね


が、屋敷に入る前にすべて刀を没収されたため、イ・ジランやバンウ、そしてバンジも滅多切りにされてしまいます史実では無事なはず~でもバンジは分からんvv。刺客は皆、剣を奪われないように、自らの手に剣を縛りつけていたのです。


しかしバンジは松明でその手を燃やし、ようやく剣を奪いました。ついに反撃の始まりですみな返り討ちにしてくれる!( `ー´)ノ。時を同じくしてようやくドジョンも「罠」に気づき、残っていたバンウォンに命じて兵を向かわせています


あ~あんなところで終わるとは、金曜も放送になったばかりにヤキモキさせられてしまいました六龍が飛ぶが面白い(^^)/


六龍が飛ぶ」は明日の放送時間が待ちきれませんね



OSTがまたええですね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
きのこ  
楽しみです。

お久しぶりです。
韓国史劇好きのきのこです。

チョン・ドジョンやイニョプで少しばかりコメントを残させていただきました。
月~金は「六龍が飛ぶ」を楽しみながらの日曜日は「オクニョ」で一週間を締めくくるという、史劇好きにはたまらない充実しているこの頃です(笑)

「オクニョ」は韓国タイトルは「獄中花」ではなかったかと思いますが、とても気になっていた作品だったので早くもBSで見ることができてうれしいです。

最後まで一緒に楽しめるといいですね。



2017/04/11 (Tue) 14:44 | EDIT | REPLY |   
きのこさんへ  
Re: 楽しみです。

きのこさん、こんにちは。
いつもブログをご利用頂きましてありがとうございます^^。

六龍とオクニョ、どちらも面白くなりそうで楽しみですね♪こん

2017/04/12 (Wed) 12:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.