ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
立花登青春手控え
 時代劇・歴史モノ

立花登青春手控え2 あらすじと感想 第2話 幻の女

BS時代劇、【立花登青春手控え2】の第2話は「幻の女」です。


あ~やっぱりこのドラマ好きやわ~。このペーソスとユーモアの絶妙なマッチングがたまらんのだす。また、おっとりとした佇まいの中、いかにも青年医師らしい正義感があふれる立花登というキャラクターは、もう溝端淳平さんしか考えられません


以下、第2話「幻の女」の簡単なあらすじとネタバレです立花登青春手控え2のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回登は巳之吉(忍成修吾)という囚人の治療を担当しました。巳之吉は人殺しで捕まって島送りを待っている身なのだそうです。


相手が囚人でも決して偏見を持たず、誠実に治療をした登に、巳之吉はふと身の上話を始めました。巳之吉には昔好いた女子がいたのだそうです。その女の名はおこま


最初に会ったのは巳之吉が13歳の頃だったそうで、当時引っ越してきたばかりの10歳のおこまが皆から苛められていたのを巳之吉はそっと物陰から見ていたのだそう


翌年から巳之吉は蒔絵師の親方、慶斎(鶴田忍)のところに奉公に出されたそうですが、年に2回の藪入り(旧暦1月16日と旧暦7月16日)に実家に帰るのが~おこまに会えるのが~楽しみだったのだとか


この慶斎がまた良い人で、腕は良くても仲間が悪くて何度も悪の道に引きずり戻された巳之吉のために、今回の人殺しは「正当防衛」だったとお白州で証言してくれたそうです。それで巳之吉は死刑にならずに済んだらしい


巳之吉が最後におこまに会ったのは、巳之吉が18の正月だったそうです。おこまは巳之吉に蔵前の八幡様のお守りをもらってきてくれたそうなのですが、それを渡したすぐ後に、おこまは父親とともに蒸発してしまったのだとか。


このお守りは、巳之吉が人を殺めた際、道に落として雨に濡れそぼっていたのがとても印象的でした


それ以来おこまには一度も会ったことがない。慶斎からそろそろ所帯を持つよう勧められてすぐに浮かんだのはおこまだったため、その時は少し捜してもみたらしいのですが、ついぞ見つからなかったのだとか。


会いてえなあおこまは今どこで何をしているんだろうか?


もうじき島送りになる巳之吉のため、登はまたしても藤吉たちとともに一肌脱ぐことになりました。以下ネタバレです。


登たちはなんとかつてをたどっておこま(朝倉あき~加納アキ@下町ロケット)に辿り着きました。おこまは、父親の借金の方に売られた挙句、盗みを働いて、今ではなんと小伝馬町の牢に入れられていたのだそうです


巳之吉の恋しい人は、その巳之吉のほんの目と鼻の先にいたのです


が、登は巳之吉にお駒を見つけられなかったと嘘をつきました。「おこま」の話は、夢も希望も無くなった罪人巳之吉の作り話かも知れないと語っていた藤吉も、登が真実を伏せたことに共感します。これから島送りになる人間に、新たな重荷を背負わせることはない、と


巳之吉は登が骨を折ってくれたことに感謝して島へ送られていきました。


その後登はおこまに会いに行き、巳之吉の話を切り出します。おこまもまた巳之吉を覚えていて、その巳之吉がおこまと所帯を持つためにおこまを捜した事を聞いた時は、きっと嬉しかったに違いありません


一方でおこまは、登がおこまの現在の様子を知らせなかったことにも感謝していたようです。おこまにとっても巳之吉は、胸の奥に大切にしまっておきたい初恋の人だったのかもしれません。変わり果てた今の姿は決して知られたくなかったことでしょう。


話し終えた登が去っていくと、身を折り曲げてわが身の不幸を嘆くおこまの姿がまた何とも痛ましかった女囚のエピソードは本当に切ない(;O;)


また何とも切ないエピソードでしたが、登とちえ、松江と玄庵、そこに鋭い指摘をかますきよのシーンはいつ見てもほのぼのしていて楽しめます。常日頃このように愛情に包まれている登だからこそ、囚人たちにもその愛を注げるに違いない~そんな風に思えてなりません登の優しさが心地いい


立花登青春手控え2」は続きもとっても楽しみですhare



これは小説も面白そう


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング