2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

日曜劇場、【小さな巨人】を見始めました。いや~実に面白かったですね。今野敏さんの「隠蔽捜査」を思い出して大いに燃えてしまいました小さな巨人のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


所轄と警視庁捜査一課の戦いという構図では、もしかしたら長谷川博己さんと岡田将生さんでは線が細すぎ&「キレイすぎやしないかとも心配しておりましたが、そこは臭いキャラ、もとい、泥臭い安田顕さんと、濃すぎるほどに濃い香川照之さんで十分補って余りあるほどでしたね。これなら間違いなく楽しめそうです。個人的には最近ご無沙汰していた香川さん、仕草から表情、そして間の取り方までますますお母様にそっくりで、思わず見入ってしまいました


ドラマの内容の方も、毎回単発の事件解決なのかと思いきや、そうではないらしいのも嬉しい限り。これを最後まで引っ張って巨悪に繋げるのか、それとも2~3話ずつ積み上げていくのか、その辺を観察するのも興味深いところです


と、感想はこれぐらいにして、以下、簡単なあらすじとネタバレです小さな巨人が面白い(^^)/


警視庁捜査一課(以下、捜一)強行班1係長の香坂真一郎(長谷川博己~谷口巧@デート)の夢は捜一の課長になること。これは亡き父でやはり刑事だった敦史(木場勝己)の夢でもあったようです。ノンキャリの彼らにとっての捜一の課長は文字通り最高峰なのだそう


現在その最高峰にいるのは、やはりノンキャリで叩き上げの小野田義信(香川照之~のぼさん@坂の上の雲)です。前捜一課長で現・芝警察署署長の三笠洋平(春風亭昇太~今川義元@おんな城主直虎)の話によると、もともと小野田に目をかけてくれたのは敦史だったらしい。


いかにも叩き上げらしく何かにつけて「勘」を口にする小野田に対し、香坂は何事にも組織の論理を守って対処するタイプでしたが、香坂はそんな小野田にも誠心誠意尽くし、数々の功績を挙げてきたそうです。とはいえ、香坂が本当に頼りにしていたのは自分にタイプの似た三笠のようでしたが。


が、ある時香坂は自分でも思いもよらぬ行動に出てしまいました。芝警察署、いわゆる所轄の刑事=渡部久志(安田顕~二科晃@嘘の戦争)の「勘」が気になってならず、組織としての行動を逸脱してしまったのです


渡部はその時、ナカタエレクトロニクス社長をしている中田隆一(加藤晴彦)という男を追っていました。隆一は自殺した風見京子(富永沙織)の元恋人だったそうですが、渡部はこの京子の「自殺」に不信を抱いていたのだそうです。


京子は父、風見康夫(長江英和)の会社の風見エレックにとって起死回生となる技術開発に携わっていたそうで、自殺する直前に康夫にもうすぐその技術が完成する、と喜びのメールを送ってきていたのだそう。その技術とは「監視カメラの画像システム」に関するものだそうです。


そんな娘が自殺などするはずがない!


そう訴える風見の話を信じた渡部は、捜査が打ち切りになっても単独行動を取っていたそうです。


偶然隆一に遭遇した香坂は、隆一に飲酒運転の疑いがあったことを理由に隆一を連行しようとしましたが、そこで誤って隆一の車を傷つけてしまったことから、翌日、ITの大手企業、ゴーンバンクのサイトにこの件を掲載されてしまいます


この件で香坂を呼び出した監察官の柳沢肇(手塚とおる~早川道郎@ゆとりですがなにか)がまた実に嫌らしかったですね~。もう配役ピッタリで。しかも、これまでの貢献度を見たら当然庇ってくれるはずの小野田が、いともあっさり香坂を見限ってしまいます小野田め~っ!(`・ω・´)


香坂は確かにその日日本酒を飲んでいました


こうして香坂は出世街道から外され、芝警察署へ飛ばされてしまいます所轄負けるな!( `ー´)ノ


時を同じくして、前述したゴーンバンクの社長である中田和正(桂文枝)が誘拐されるという事件が起きました。犯人は5億の身代金を要求し、それを息子の隆一に運ぶよう要求してきます。


芝署との合同捜査にやってきた捜一では、最初、借金を抱えた隆一の自作自演ではないかと考えたそうですが、ずっと隆一を見張っていた渡部は違うと確信していたようです。また京子殺害の犯人も隆一ではないとの結論に達したようです


香坂と渡部が所轄らしく「足」を使って捜査した結果、渡部の勘は当たっており、誘拐犯は風見康夫であることが判明しました。康夫は身代金の他に、ゴーンバンクが開発した新システムを基に展開される新事業発表会を中止するよう要求してきていたのだそうです。


となると、その「システム」が問題でござるね~。ゴーンバンクは京子が開発したシステムを横取りしたんじゃないのかしらね安易すぎでしょうか(^^ゞ


渡部は康夫の暴挙を止めるため彼を説得したいと香坂に申し出ますが、その香坂には小野田が圧力をかけてきます。ちょうど昇任試験があるとのことで、小野田は香坂に「名前さえ書けば俺が合格させてやる」からと、今後一切目をつぶるよう命じたのです


我々警察官は何のためにいるのですか!安田顕が吼える!( `ー´)ノ


血を吐くような渡部の叫びが香坂を突き動かしました。ここは香坂があたかも試験会場に赴くように見せかけて、実は芝署にやってくるという粋な演出をしてくれます。いやいやここはやんややんやの大騒ぎです香坂ええぞ!よく戻った!!(^^)/。香坂は小野田に土下座までして渡部の気持ちを伝えました


が、小野田はそんなに甘くありません。風見の隠れ家にSITを配置した今となっては今さら説得などされても困るからでしょう。もしくは、既に京子の死の真相にも気づいた上で袖の下を貰って隠蔽を図ったのでしょうか!?(妄想です


せっかく渡部がメールで風見に自首を勧め、風見もその気になったというのに、残忍な小野田の一言で風見は逮捕されてしまいました。しかも、絶望した風見は、計画が失敗した際中田に飲ませようと所持していた毒物を自ら服用し、意識不明の重体に陥ってしまいます


あ〝~書いててもイライラしてきました。中田ももちろんですが、小野田とその腰ぎんちゃくの山田晴彦(岡田将生)が許せんっ!!山田が改心してくれるといいなvv


他には、香坂の同期、藤倉良一(駿河太郎~沢木英夫@ルーズヴェルト・ゲーム)がどんな役回りなのかも気になります。できれば同期には裏切られたくありません


また、隆一がデート(?)していた女性(佐々木希)も公式ページによると「謎の女性」となにやらいわくありげな感じでした。あまりに一瞬だったので思わずスルーするとこでしたが。来週は吉田羊さんも登場するそうですね


香坂の嫁=美沙(市川実日子)もサッパリとした気質でええ感じどしたな。姑真由美(三田佳子)との仲も実に良さそうで和みました


日曜日は見たいドラマがてんこ盛りで、毎週月曜にこれを語るのは難しそうですが、その反面、絶対語りたくなるほど面白くなることを期待して、来週の放送を楽しみに待ちたいと思います。


小さな巨人」は続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.