ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
おんな城主直虎
 NHK大河ドラマ

おんな城主直虎 あらすじと感想 第15話 おんな城主対おんな大名

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の第15話は「おんな城主対おんな大名」ですおんな城主直虎のあらすじ行きますよ~(^^)/。これがまた実に小気味よいエピソードでございましたね。最近ず~っとブラックだった政次の「鶴=善の部分も見えて大満足のおばさんでした


以下ネタバレの簡単なあらすじですネタバレですのでご注意を♪


寿桂尼は直虎に、駿府に来て下知に逆らったことに対する申し開きをするよう命じてきました。その命令に、誰もが、直親が「申し開き」に行く途中殺されたことを思い出します直虎も殺されてしまうのでは?


さすがの直虎も南渓和尚に

「女子のしたことだと大目に見てはくれぬかの

などとこぼしたほどです。でも和尚は、相手(寿桂尼)も女子だから無理だろうと答えました。女だからと言って馬鹿にもしない代わりに手加減もせぬということです


直虎は仕方なく重い腰を上げましたが、直之や政次は猛反対です。今からでも遅くはない、虎松の後見を降りろ!


その様子を見たなつが、子どものいない政次にとって虎松の後見になることは決して得策ではないはず~政次はそうすることで「井伊の盾」になろうとしているのではないか?と考えました。も~この人は姉と違って本当に思慮深くて素晴らしい女性ですよね


これを聞いた和尚は、自分には政次の考えは分らぬと言いながらも、政次は全力で否定するだろうと答えました。なぜなら、そのような考えを気づかれてしまっては、もはや「盾」にはなりえぬからです


も~ここはようやく気付いてくれたか!と大喜びのおばさんでした政次は誰よりも井伊谷を愛しているざんす( `ー´)ノ


そんな政次の気持ちなど露知らぬ直虎は、その政次と龍胆寺の僧たちを供にして駿府へ旅立ちます。その途中、案の定、一行は命を狙われてしまいました。寿桂尼が放った刺客でしょう


が、ここにあれだけ反対していた直之が駆けつけてきて直虎の命を救ってくれます。直之は、南渓和尚に命じられて祝田と瀬戸の領民たちに「文字」を教えに行った際、直虎が駿府に呼び出されたと聞いた村の衆がこぞって直虎を助けに行くと騒ぎ出したことに感動したようです


直虎様は女子だから守ってやらねばならぬ!直虎様を助けに行くぞ!


文字さえ書けぬ、ましてや武器さえ持たぬか弱き領民でさえ、皆、直虎を案じているというのに、自分はいったいなにをしていたのか!?


一方、命は助かったものの、このままでは自分のみならず、昊天や傑山の命も犠牲にしてしまうと骨身に沁みた直虎は、ついに、政次を呼び出して後見を政次に譲ると断言しました。誰よりも直虎を案じていた政次がどれほどホッとしたことかしれません。


が、直虎はそんなに甘い女子ではありませんでした。なんとなんと直虎は、直之の衣装を借りて馬に乗り、単独で駿府に乗り込んでいったのです。ということは「おゆき」もとい「之の字」こと直之が直虎の衣装を着て敵の目を欺いたのでございましょうや?


寿桂尼は、いきなり武士の格好をして現れた直虎に驚いたものの、その申し開きには耳を貸してくれました。直虎は、このような扮装をしてまでやってきたのは、これまでずっと今川の下知に従えなかったから、今度こそは守ろうとしてやってきたのだと言い訳します。


これは必死で考え出したのでしょうが、寿桂尼ならずとも「屁理屈」としか言いようがありませんね


しかも、徳政令を発布しなかった理由=寺領への関与を禁じていたはずの仮名目録が、後に改正されていたことを知らされてしまいます。たとえ目録に定めてあっても「下知」が優先されるべき


直虎がホトホト困り果てていたところに、井伊からの書状が届けられました。それは南渓和尚が祝田村と瀬戸村の領民たちにそれぞれの「名前」を書かせて直虎の後見を認めてほしいと願い出た嘆願書だったそうです。これは六左こと六左衛門が届けてくれたのだとか。


寿桂尼は、見るからにまだ習いたての下手な字が、大小さまざまにずらりと並んでいる様子を見て、直虎が皆の心をつかんだことを悟ったようです


さすがは「おんな大名」の異名をとるだけのことはありますね。寿桂尼は領民の意を酌んで、直虎を虎松の後見人として認めると宣言してくれました。寿桂尼は同じ女性として、直虎の活躍が見てみたくなったのでしょう。


政次も、苦虫を噛み潰したような氏真の機嫌を取りながら&先が思いやられると案じながらも、どこかホッとしていた様子でした


こうして凱旋した直虎は、即、井伊谷の改革に乗り出すようです。いやいやますます楽しくなりそうですね


おんな城主直虎」は続きを見るのが待ち遠しいです。あ~1日が40時間ぐらいほしいです


 
おんな城主 直虎 前・後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング