2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】は第2話も迫力満点でしたCRISISのあらすじ行きますよ~(^^)/。以前、BORDERMOZUを楽しんだファンとしても共通点を見いだせたのが嬉しかったりしましたふたりのファンにはたまらんね♪


以下簡単なネタバレのあらすじですネタバレですのでご注意を♪


特捜班の皆が、もういい加減疲れてきた稲見()を暴漢もしくはテロリストに見立てて護身術の練習をしていた時、田丸に一本の電話がかかってきました。どうやらジャーナリストらしい古垣伸一郎というその男は「国家の危機」に関わる情報を入手したらしく、信用できるのは田丸しかいないと訴えます。


田丸が早速古垣に会いに行くと、古垣は田丸の目の前で何者かに毒物(シアン化化合物)を注入されて息絶えてしまいました。その男が最後に口にしたのは「アリス」という言葉だけ


果たして「アリス」は何を意味しているのか?


アリスときたら即人名を思い浮かべるのがフツーだと思うんですが、ここで「地名」が先に話題に上ったのには驚きました。本来なら人名が先に来て、いややっぱり「地名」だったとなるのが自然な気がしますが、それをあえて逆にしたのは、おばさんが単なるドラマ好きの素人で、彼らが「プロ」だからでしょうか


田丸と稲見はまず古垣の家を捜索に行きました。特捜班お得意?の違法捜査になりそうなことから、田丸は稲見を見張りにして、自分ひとりで乗り込みます。何かあった時の責任をひとりで負うためです


案の定、そこには古垣を殺したと思われる男が先に忍び込んでいて家探しをしていました。田丸は不覚にもコイツにやられてしまいますが、外で待っていた稲見がエレベーターを使って下りてきたこの男に気づきます


この男が一般人(女性)を人質にして逃げた時がまた見ものでしたね~。犯人は女性を道に放り出して行くのですけど、稲見はその女性をやってくるトラックから身を挺して守った上、彼女を抱きかかえて安全な場所まで避難させることを忘れんのだす。これぞ単なる「たらしではない証でござるね


その後彼らは古垣が「保険」のために田丸に送ってきていた写真に映っている「家」を探し始めます。ここも、いきなりやみくもに探そうとした時は思わず

「位置情報を使え!いきなり素人クサくなっちまって焦った~

とうるさく騒いでしまいました。玲が気づいてくれて本当に良かったです


ドラマでも玲があっさり触れていたように、スマホで撮影した写真にはGPSによる位置情報や撮影日時が含まれています。SNSなどに投降する際は、敢えて知らせたいのでなければ、これらの情報は必ず消去することをお勧めします。消去のし方は「位置情報の消し方」で検索してくださいね


こうして辿り着いた「家」は空っぽでしたが、隣人の情報から、つい先日まで3人の女性~母と娘2人が住んでいたことが判明しました。その上、その娘のうちのひとりが2週間前に救急車で搬送されたことも明らかになります。


以下ネタバレです


なんとですね~この家はありとあらゆる与野党議員が利用する少女売春宿だったのだそうです。病院に運ばれたのは「アリス」という少女で、客の一人から乱暴され、植物状態になってしまったのだとか。


ここを利用する人物の中に石黒賢さんの顔があったので、これはもう「コイツに間違いない!でしたよね


特捜班では皆義憤に燃えて犯人を割り出そうとしましたが、鍛冶がこれを阻止します。鍛冶は既にこの家の存在を把握していて~都内に12軒もあるそうで~犯人も分かっていたそうなのです。たとえ取り締まっても新たな場所ができるだけ。それなら今のまま監視しておいた方がいい。


~この辺は元大坂市長の某氏の持論を彷彿とさせますね


鍛冶はその男と取引を済ませ、すべてを不問に付す代わりにその少女の治療費を一生負担する約束を取り付けたと語りました。それでもお前は甘っちょろい「正義感」を振りかざしてすべてを暴露しようというのか?


田丸は仕方なく身を引きましたが、稲見は黙っていられませんでした。稲見は、その男が必ずやもう一度アリスを殺しに来ると踏み、病室に張り込んでいたところに、案の定、その男の放った刺客が現れます。以前古垣の家で遭遇した男です。


俺は昔お前と同じように「あっち側」の人間だった。もう一度「あっち側」に戻ってお前や雇い主をひと思いに殺せたらどんなに楽かと思う


それでも自分は「こっち側」に留まりたいと刺客を脅した時、思わず「BORDER」を思い出してしまったのはおばさんだけではないことでしょう。そうそう、こっち側にいなくちゃあかんで~!!稲見の過去が気になります


その頃田丸もまた無力感に苛まれ、教会の礼拝堂にぽつねんと座っていました石田さんはMOZUで西島さんの妻役でした♪。そこへやってきた林千種(石田ゆり子)は、どうやら1話で登場した宗教法人「神の光教団」に潜伏している男(眞島秀和)の妻のようです。


田丸は千種に封筒に入った「今月分」を渡しました~通常なら生活費と考えるのが妥当でしょうが、田丸はもう部署が変わったため詳しいことは分らないと答えていたことから、それなのにまだ連絡を取っている&報酬を渡しているというのも、ちょいと不自然な気がしますケド。ま、この辺はファンサービス~ストイックな田丸の千種への淡い恋~なのでしょうか?


それはさておき、アリスに暴力を働いた男は案の定、石黒賢さん、否、戦後2番目の若さで官房長官に就任した神谷透という議員でした。いかにも愛妻家を装うその笑顔が実に憎たらしかったですね


たとえ「焼け石に水」だとしても、国民を守るという熱い気持ちだけは決して失わずにいてほしい~鍛冶ならずとも、田村や稲見の正義感に胸を打たれてしまいます


CRISIS~公安機動捜査隊特捜班は続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.