2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

貴族探偵】は2話目も面白かったですね~。むしろストーリー的には1話より2話目の方が面白かったかもしれません。ミステリーもこっちの方がなかなかよくできていたかも


それに最初はちょっとぎこちなく思えた水戸黄門ご一行の貴族版?、否、貴族とその召使たちの実に大真面目な時代錯誤が、すっかりクセになってしまいそうです。まあでも個人的に最も気に入ったのは「再現ビデオ」なんですけどね


また前回は不覚にも気づきませんでしたが、仲間由紀恵ちゃんはスマホの検索アプリ、「ギリ」の声を担当していたのですね~。今回気づいて大喜びでした


以下簡単なネタバレのあらすじです貴族探偵の感想行きますよ~(^^)/


今回高徳愛香(もしや四国四県の頭文字か?!)はミステリー作家の厄神春柾(大和田伸也)の別荘に呼ばれました。厄神とその編集者だという日岡美咲(紺野まひる)は、愛香の師匠、喜多見切子とも面識があったそうです


が、別荘へ向かっていたふたりの車の前に、突如大きな岩が落ちてきました。そこでふたりが足止めを食っているところに、またしても偶然、貴族探偵一行が現れます。フェミニストの貴族サマは既に美咲にアプローチを始めていました


落石のことを聞いた貴族サマは危ないと怒りだし、岩が落ちてきたのが別荘だとあたりをつけて乗り込んでいきます


どんなに大きな別荘も貴族サマにとっては小屋にしか見えないのか、土足でどんどん上がりこんでいったその先、通常は出入り禁止の厄神の仕事部屋には、なんとなんとその厄神が死体となって転がっていました


果たして犯人は誰なのか?愛香たちを襲った落石には何か意味があったのか?


まずはお約束通り、最初は愛香が推理しました。愛香は厄神とダブル不倫関係にあった美咲と松尾早織(豊田エリー)が共謀して、女性の敵、厄神を殺したと結論付けます。


3人が不倫関係にあったことは「茶革の手帳」に記されていたのを鼻形の部下、ゆとり世代の常見慎吾(岡山天音)が見抜きました。革のカバーは読まれたくない本につけてあるそうで、鼻形もエ〇本を読む際に愛用しているのだとか


対する貴族探偵からは田中が応戦しますみぽりんがすっかりおばちゃんで(^◇^)。田中は厄神の大ファンだったこともあり、今回は特に力を入れて推理したようです。その田中が犯人との目星をつけたのは、厄神の妻、令子(横山めぐみ)と編集者の滝野光敏(丸山智己)でした。


でもふたりは宅配便業者の証言から、厄神殺害および落石の時間には本宅にいたことが分かっています。それに愛香は、厄神から流れ出た血液がベッドに付着していた様子から、厄神は間違いなく別荘の仕事部屋で殺されたと主張します。


以下ネタバレです。ここからの「再現ビデオ」がまた実に楽しかった~あの黒装束がまたクセになりそう黒子だから?


田中の推理によると、夫の浮気に悩まされ続けた令子もまた滝野と不倫関係にあったのだそうです。ふたりは本宅で愛し合っていたところを厄神に見つけられたため、令子が厄神を殴り殺してしまったそうです。


アリバイを作るためにはドローンを使って岩を落としたのだそうです。厄神愛用の小型トラックで(押して)岩を落とすのに、ドローンで車輪止めを外したようでしたね。こうして時間稼ぎをしている間に、ふたりはベッドごと厄神の遺体を別荘に運んだらしい


それ以外にもこまごまとしたつじつま合わせがなされてましたが、それもなかなか綿密で面白かった、と記憶してます。


というのも、ここはその謎解きを楽しむより、山田と佐藤の小芝居の印象が強すぎて、見終わった後詳細はどこかへぶっ飛んでしまうのでござりまする


ちなみに令子役は山本で滝野役は佐藤です。いや~このふたりのラブシーンと山本の髪飾り、そして恥じらいと驚きの表情がまだ脳裏に焼き付いてます


それでも令子は最後まで夫を愛していたというオチもあったかくて良かったですよね。厄神はその名の通り?ゲン担ぎだったため、ベッドごと運んできた遺体は、北枕ではなく寝かされていたそうです


さ~て来週はいったいどんな展開で笑かせてくれるのか、貴族探偵は続きを見るのが楽しみです


~とはいうものの、家庭の事情で余裕がなくなってしまったため、大変残念ではありますが、今回は視聴を断念させていただくことにいたしました


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.