2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

BS時代劇、【立花登青春手控え2】の第4話は「押し込み」です。


これはいつになく明るいトーンのエピソードでしたね。いつものしっとりとした味わい深いエピソードも大好きですが、たまにはこうした雰囲気もまた楽しくて良いものですね。以下すぐにネタバレのあらすじです立花登青春手控え2のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回登は久坂に連れられて行った茶屋で、どこかで見たことのあるような3人連れに出会いました。彼らもまた、ちらちらと登の方を見ては顔を背けているようです


結局登は彼らに見覚えはなかったようでしたが~こそこそしている様子がいつも接している「囚人」と同じに見えたそう、3人のうちのひとりは牢で実際に登を見かけていたことが判明します。湯屋の釜番をしているというその男=金平(ラサール石井)は、スリの常習犯だったようですね。


この金平とつるんでいたのは、唐辛子売りの源次(和田正人) と元雪駄問屋の若旦那、保次郎(姜暢雄)です。この3人、実は示し合わせて「押し込み」を働こうとしていました。だから、牢医者だという登を警戒してその様子を見ていたのです


その後登は牢で金平に声をかけられます。金平はまたしてもスリで捕まったらしいのですが、登に伝言を頼みたい、でないと、仲間が殺されてしまう!と訴えます。果たして金平は何を伝えようとしているのでしょうか?


金平と源次、そして保次郎の3人が押し込みをしようとしていたのは「川庄」という足袋屋でした。この押し込みはどうやら源次の発案らしいですが、単なる金目当てではないようで、川庄に深い恨みを抱いていたようです。


源次の母は源次が幼い頃、やはり足袋屋の三好屋という店で働いていたそうです。幼い源次はたびたび食事をさせてもらったり、その家のお嬢様だったおしづ(笛木優子)に、たった一度だけですが、貝合わせをして遊んでもらったこともあるのだそう


その話からも分かるように、大変人の好い三好屋の主人は、店で働いていた庄兵衛という男にのれん分けをしてできたのが、今の川庄だったそうです。しかも三好屋は、娘のおしづを庄兵衛の息子の惣七に嫁にやり、得意先まで分けてやったのだとか。


それなのにこの親子は恩をあだで返したそうです。川庄は三好屋の上得意を次々と奪い、その仕打ちに怒った三好屋の主人は倒れてそのまま死亡。それをきっかけに惣七は女を囲った挙句、おしづを追い出してしまったそうです。今そのおしづは、労咳を病みながら源次と同じ長屋で暮らしているそうです


源次はなにくれとなくおしづに心配りをしてきましたが、どうにもこうにも腹の虫がおさまらなくなったのでしょうね。ついに押し込みをして意趣返しをしようと決意したらしいです


3人は、素人とはいえ、保次郎が川庄の女中=おてつ(安藤輪子)をたぶらかして「引き込み」まで用意していたそうです。


でもそれが彼らの運の尽きでございました。なんとこのおてつは他の押し込み強盗=むささびの七蔵が差し向けた本職の引き込み女だったことが分かったのです


さっさとあいつらを殺してしまおう!


ひょんなことからこれを知った金平は早速皆に知らせようとしましたが、その途中で捕まってしまったのだとか


先生しか頼れねんだ!このままでは二人が殺されちまう!!どうか助けてくれ!


人の好い登はまたしても一肌脱ぐことになりました。さすがに今回ばかりは藤吉の力は借りられません。藤吉に話したら、源次たちもお縄になってしまうからです。それでも金平の話を裏付けるために「むささびの七蔵」という盗賊がいることは確認したようです。


登は久坂を連れて川庄に乗り込んでいきましたこのふたりが相手じゃ勝てませんね(^^)/。期待通り、バッタバッタと本職の盗人たちを投げ飛ばしているところに通報を受けた役人たちが押し寄せてきたため、こっそり逃げ出したのがまた笑えましたね~


でも藤吉にはすぐに見抜かれてしまいました。早速直蔵を使いにやって登に問いただすと、そこは「飛んで火にいる夏の虫」で、最近留守がちで家の用事を手伝わない登に業を煮やし

今日こそは逃がさん!boxer8

と障子張をさせていた松江に捕まり、登と一緒に張替えを手伝わされてしまいます


一方で、おしづを診察した登によれば、おしづは養生すればよくなるそうで、源次と所帯を持つこともできそうですね


いやいや実に楽しかったですね~立花登青春手控え2は続きを見るのが楽しみですね立花登青春手控え2が面白い(^^)/



これは小説も面白そう


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.