2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

韓国ドラマ、【オクニョ-運命の女】の5話を視聴しました。このドラマに関する前情報はまったく知らなかったので、思わぬ展開に大喜びのおばさんです。以下ネタバレのあらすじですオクニョのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は、オクニョがスパイ=体探人(チェタミン)にスカウトされました。前回行われた捕盗庁での試験でオクニョを見初めたナウリー(イム・ホ)はカン・ソノというそうで、彼もまた体探人だったのだそうです。


ソノから、体探人は捕盗庁や典獄署の茶母とは違い、命懸けの仕事だと念を押されましたが、以前よりテスから話を聞いていたオクニョは、母の真相を探るには体探人の方が有利だと考えました。この事は他言無用と命じられたため、テスにも内緒で引き受けることにします。


そのテスもまた体探人に復帰するようにとの誘いを受けていました。話を持ち込んだのは文定大妃です。大妃は、明からの使節=オ・ジャンヒョンが先王の仁宗の死の真相を探っていることを怖れ、テス人チャンヒョンを暗殺させるつもりなのです


今回、何者かがこのチャンヒョンに仁宗の死の真相と大妃たちの悪事をしたためた書状を届けたから尚更です。


またこのチャンヒョンがこの件で朝鮮を訪れたのにも深い因縁があるようです。チャンヒョンは本来朝鮮人で、かつて「弾圧」によって両親を殺され、自分も命からがら明国に逃げ込んで両親の復讐をすべく宦官となったそうです。当時この一家を助けたのがコ・ジェミョンの両親だったのだとか。


~この弾圧もまた時期的にチョ・グァンジョの「己卯士禍」かもしれませんね


チェミョンの両親はチャンヒョンを助けようとして亡くなったそうで、使節としてやってきたチャンヒョンはチェミョンを呼び出して旧交を温めました。詳細を知ったテウォンはここぞとばかりにこのチャンスを利用します。チェミョンに頼んで、明との交易を許可してもらうよう手配してもらったのです。


一方、大妃はついに自ら典獄署の地下牢にやってきました。その時の二人の話によると、どうやらテスはチョ・グァンジョの弟子だったようですね。大妃、もしくはウォニョンは当時テスにチョ・グァンジョを殺すよう命じたらしいですが、テスが従わなかったため、ウォニョンはテスを処刑したかったけれど、大妃はどうしてもそれができず、典獄署に幽閉を命じたらしいです。


もし使節の暗殺に成功したら地下牢から出して一生自由な暮らしを保障する


テスも使いを貰った時は断わりましたが、この大妃の訪問の後に気が変わって引き受けることにしたようです。


その頃オクニョは体探人の訓練を受けていましたが、基本は既にテスから教わっていたらしく、後は実践をクリアすればよいだけになりました。が、その実践がまた厳しくて、オクニョは最初から「要人の暗殺」を命じられてしまいます。相手は元捕盗庁大将のユン・テギュです。テギュには謀反の疑いがあるのだそうです。


テギュは思いのほか強く、オクニョはすぐに捕まって拷問を受けることになりました。オクニョは決して何も話さずひたすらこれに耐え続けます。


が、実はこれこそが「最終試験」だったようです。気絶しても何も言おうとしなかったオクニョは見事合格し、晴れて体探人となりました。でも典獄署の茶母は~世間を欺く仮の姿として~今後も続けていくそうです。


ということは、いずれはテスとも任務上関わってくるのでしょうか。それもなかなか楽しそうですね


とはいえ、テスの話からしても、今の体探人は大妃とユン・ウォニョンが仕切っているのですよね~。つまりオクニョは自分の仇に仕えることになると思うんですけど、それが分かった時に初めて真の復讐が始まるのかしらん


オクニョ-運命の女」は続きを見るのが楽しみですね


~まだ確定ではありませんが、来週はもしかしたらお休みをいただくことになるかもしれません。その時はボチボチ追いつきますね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.