2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

リバースのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


湊かなえさん原作、藤原竜也さん主演のヒューマンミステリー、【リバース】は6話の折り返しになってますます混迷を極めてまいりました。以下ネタバレのあらすじ感想ですリバースのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は、明日香と浅見の証言により、事故前後の様子が少しだけ明らかになりました


あの日村井は駅で明日香とタクシーに乗った後、誰かから電話をもらい、慌ててタクシーを降りて事故現場に駆け付けたそうです。電話の相手は村井に「河原(にいる?)」と伝えていたらしい。村井のジャンパーに雪が付着していたのにはやはり理由があったのですね


前回村井は現場で、谷原と浅見が「何かを隠蔽」していたのを目撃したと語っていましたが、今回は浅見自身が深瀬にこれを打ち明けました。


ガードレール付近の雪に血痕が付いていたのを見た谷原は、その血痕を調べられたら広沢が飲酒運転をしたことが分かってしまう、自分達の内定が取り消されると、必死でその雪を隠そうとしたのだそうです。そして浅見もその谷原に同調し、ともに証拠を隠したそうです


でも、もし村井の言葉通り、そこに村井がやってきたのであれば、村井はその直後に谷底で爆発した車の側から逃げていけるはずがありませんよね。谷底から戻ってきた村井は、明日香も目撃したそうですから。


となると、村井はなぜ、谷原と浅見が「何かを隠蔽」したことを知っていたのでしょうか?


浅見はともかく明日香が嘘をつくとは考えにくいですから、その時他にも目撃者がいて、村井にそれを教えたのかもしれませんね


その村井は現在何者かに監禁されているようです。その間、谷原は意識不明、そして浅見と深瀬はともに広沢の故郷の愛媛を訪れたので、村井を閉じ込めたのはまったく別の第三者ということになりそうです


そこで浮上したのが、浅見と深瀬が愛媛で出会った広沢の親友だという「魔太郎」こと古川大志(尾上寛之)と、広沢の恋人だった「カワちゃん」(夏菜)と呼ばれる女性です。この古川の性格がどことなく深瀬に似ているらしい(暗くて陰気)のがまた何とも象徴的です


また明日香の印象から、広沢はその「カワちゃん」を愛していなかったらしいことも分かっています。広沢の同級生たちが語ったように、人の好い広沢が「カワちゃん」に押し切られて付き合っていただけかもしれません。


一方、浅見とともに広沢の両親を訪ねた深瀬は、広沢同様穏やかで優しい彼らが自分達を脅迫しているとは思えなくなったようです


ここに来ての後出しはちょっとがっかりしちゃうけれど、あの広沢の両親が復讐を企んでいると考えるよりはホッとしますね


でももし古川もしくはカワちゃんが広沢の復讐をしているのだとしたら、「10年前の真相を明らかにしたくない人物」はいったい誰なのでしょう?? 


古川が深瀬に「今さらなにをこそこそ嗅ぎまわっている?」という言葉からすると、当時古川が何かの小細工をしていて、今さらそれを暴かれたら困る、ということなのかしらん?


また前回美穂子を襲ったのは、美穂子自身を追いかけていたストーカーだそうです。まったく紛らわしいったらありませんが、それならここは納得ですね。


今回美穂子は深瀬に「厳しすぎる性格」を自分でも持て余しているのだと打ち明けました。つまり、美穂子が深瀬を許せなかったのは個人的な事情からではなく潔癖な性格によるものだということですよね。深瀬が変わろうとしているように、美穂子もまたそんな自分を変えたいと悩んでいたらしい。


その美穂子の母は今病床にあるらしく、美穂子は故郷の大阪に戻ろうと考えているそうです。そうなると美穂子=広沢の恋人の線はさすがに消えてしまったでしょうか


ふぅ~ここまで混迷してくると、いっそどこまでやってくれるのか期待しちゃいますね。「リバース」は続きを見るのが楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.