2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ダウントン・アビーのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: ダウントン・アビー あらすじと登場人物一覧


ダウントン・アビー6】(Downton Abbey S6)の第2話は「親心」です。これは、頭では理解できても心情的にちょっと釈然としませんでした。おばさんもまだまだデイジー同様まだまだ青臭いのかもしれませんが


以下ネタバレのあらすじですダウントンアビー6のあらすじ行きますよ~(^^)/


今一つスッキリできなかったのはその「親心」です


今回ダウントンで豚の品評会が開催されるということで、トムの事業を引き継いだメアリーがドリューのユ―ツリー農場に行くことになりました。ジョージが豚を見に行きたがったことも手伝って、ダウントンを留守にするイーディスに代わってコーラがマリゴールドを連れていくことになります。下手に反対したらメアリーに勘繰られると思ったようです。


が、案の定、久しぶりの再会はマージーの「親心」を呼び覚ましてしまいました。その様子を見たコーラは帰宅後ロバートに、ドリューたちに出ていってもらったらどうかと促します。ロバートも最悪の事態を憂えてティムに話をしに行きますが、ティムは、自分がマージーを説得すると約束しました。


でも豚の品評会当日、マージーは、イーディスがマリゴールドから目を離したのをこれ幸いに、家に連れ返ってしまいます。マリゴールドがいないことに気づいたイーディスは大騒ぎし、会場は騒然となりましたが、ティムが妻の仕業だと気づいてイーディスに耳打ちしました。私と一緒に来てください。


自宅でマリゴールドを抱いたマージーを見たティムは、ダウントンを出ていく決意を固め、ロバートとコーラもそれがベストな選択だと受け入れました。


確かに今となってはそれしかないかもしれないけれど、皆に黙ってマリゴールドを産んで無理矢理小作のティムに彼女を預けておきながら、やっぱり一緒に暮らしたいとこれを奪った挙句、養母が彼女を思いきれないからと言って家族ごと、ひいては仕事まで取り上げてしまうというやり方はやっぱり釈然としませんでした


もちろんロバートは自分でも言っていたようにできる限りのことはするでしょうけど、ドリュー一家だけが割を食うのはやっぱり間違っている気がしてなりませんそれにやっぱりアタイはイーディスを好きになれん


It's the system's fault. That's what makes me angry -- the system -- and she's part of it.
体制が間違っているの。それが私を怒らせる。体制~そして奥様もその一部だから


思わずデイジーに賛同したくなりまする


でもドリュー一家が出ていくことで空くユ―ツリー農場でメイソンが働くことになりそうなのは不幸中の幸いでしょうか


エルシーとカーソンの結婚披露宴をどこで開くかという問題もこれにちょっと似ています。


エルシーは、自分達の結婚式なのだからあくまでも自分の思い通りに計画したい、ようやく迎えた人生の晴れの日ぐらい自分が使用人であることを忘れたいと主張しますが、その半生をダウントンアビーに捧げてきたカーソンにはこれが理解できぬようです


And heaven forfend we lowly folk should do anything to contradict the blessed Lady Mary!
我々庶民は聖なるレディー・メアリーのご命令には逆らえないという訳ね


エルシーが怒るのも無理からぬこと~ただひとりコーラだけはエルシーの気持ちを尊重すべきだと言ってくれましたが、何せ自分が正しいと思い込んでいるメアリーにはこれが理解できません。もちろんメアリーに悪気はこれっぽっちもありません。これもまた悪いのはシステムでございましょうか


一方でメアリーはアンナの力にはなれそうです。何度も流産を繰り返していたアンナがその苦しい胸の内をメアリーに打ち明けると、メアリーは自分も不妊で悩んでいた時に助けてくれたロンドンの医師、ライダー(Richard Teverson )を紹介してくれました。彼によると、100%ではないものの、簡単な手術をすれば妊娠(持続)の確率を上げることが出来るそうです


さて、解雇の不安を抱えていたトーマスは、思い切って他の屋敷の面接を受けに行くことにしました。それをカーソンに告げた時のカーソンの態度がまたつれなくて気の毒でしたね


Be my guest.
どうぞご自由に


でも求人にあった「Assistant butler」とは名ばかり~結局あちらは「何でも屋」を求めていたようで、さすがのトーマスも断って帰ってきたようです。運転手はともかく、料理をしているトーマスは想像できませんものね


また病院の統合に関しては、どうやらイザベルとマートン卿が有利になりそうな気配です。コーラが統合に賛成したからです。さすがのヴァイオレットも嫁は思い通りにできぬようで


さ~ていよいよ次回はエルシーとカーソン(今後は親しみを込めてチャーリーと呼ぶべきでしょうか?)の結婚式が見られそうですダウントンアビー6は続きを見るのが待ち遠しいですダウントンアビー6が面白い(^^)/


  
英文のスクリプトです。ダウントンアビーファンなら是非手元に置いておきたいですね



【Amazon.co.jp限定】ダウントン・アビー ファイナル・シーズン ブルーレイBOX(全6シーズン収納BOX付き) [Blu-ray]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.