ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
おんな城主直虎
 NHK大河ドラマ

おんな城主直虎 あらすじと感想 第18~20話 「第三の女」まで

おんな城主直虎】もようやく20話まで見終わりました。18話の「あるいは裏切りという名の鶴」はシリアスタッチでしたが、その後はすっかりホームコメディと化していましたね。以下、18話から20話まで3話分のネタバレの簡単なあらすじです。


まずはなんといっても注目したいのは、直虎がついに政次の本心に気づいたことです。南渓和尚から「領主の心得」を渡された直虎はそこに記してあった「敵を欺くには、まず味方から」という文章を読んで、ようやく思い当ったのです


子どものいない政次が、何故あれほど「後見」にこだわるのか~その理由は、ひとえに、直虎の荷を軽くしてやりたいからなのだということに


大体、幼き頃からあれほど思慮深くて優しかった政次が、そう簡単に変わるはずもないのにね~。期待が大きかっただけに余計に失望が激しかった、いわゆる、可愛さ余って憎さ百倍だったのでしょうか。


全てを悟った直虎が政次に、自分は既に覚悟を決めているのだから、余計な気など使わずにどんどん自分を利用するがよい、と語ったシーンが良かったですよね。我もおまえを利用するから


このドラマがどんな方向に描かれていこうと、その根底に直虎と政次の信頼関係がなければ面白くないと感じているのはおばさんだけではないことでしょう。


と、屋台骨がしっかりしたところで、次に登場したのは礼の旅の男(柳楽優弥)です。この男、なんと盗賊の頭だったというから驚きです。公式HPによるとその名を龍雲丸というそうです。


この龍雲丸たちが、井伊とその近隣で近藤康用(橋本じゅん)が治める領地の「樹木」を盗んだことが発覚しました。直之と政次は捕えた龍雲丸を打ち首にするよう進言しますが、龍雲丸にこれまで2度も助けられた直虎は殺すことなどできません。殺すぐらいなら仕事を与えればよいではないか


直虎の、一度言い出したら聞かない性格を誰よりもよく知る政次は渋々これを了承しますが、そうこうしているうちに、さすがは盗賊の頭、当の本人はさっさと逃げ出してしまったようです。方久もそうでしたが、この龍雲丸も今後はいったいどのような形で関わってくるのか楽しみですね


その方久は、政次に見つかった「種子島」の製造を正当化するため、直接駿府の今川家を訪れ、直虎の命令で、今川に納めるための種子島作りをしているとのたまいました。方久はこれで直虎への「謀反」の疑いを晴らした上、今川との直接取引が望めるとほくそ笑んでいたようです。渋ちんの直虎より「銭」が取れそうですものね


その目論見は悪くなかったものの、ちょうど武田と今川の同盟が危うくなり、織田が台頭してきたところだったため、銃の製造を急いだ今川はチャッカリ方久からノウハウだけを手に入れて、哀れな方久はお払い箱にされてしまうんですけどね


一方、20話には「第三の女」の副題通り、思わぬ人物が登場しました。なんとなんと、あの直親に隠し子がいたのだそうです!?


とはいえ、高瀬(髙橋ひかる)と名乗る本人の証言だけで、何の証拠もなかったため、直虎の気持ちを慮った政次は、武田の間者かもしれないと言い出しました。もしそうでなかったとしても、追い出す理由にはなるからです。


が、そんなふたりの耳に、忘れられないメロディが飛び込んできました。幼き頃の直親が笛で奏でていた旋律を、高瀬が口ずさんでいたのです


これは直親の娘に間違いない!


年齢からして、高瀬が産まれたのはしのと結婚する前、直親が井伊谷に戻る前の出来事ですから、直虎の心境も複雑だったことでしょう。これまでは犬猿の仲だったあのしのでさえ直虎に同情したほどなのです。


とんだスケコマシでございました!


直親は、直虎のみならずしのにも「甘い言葉」を囁いていたのですね~。ま、それも直親の「やさしさ」だったのでしょうが。これでしのがすっかり直虎に心を許したようなのには大笑いでした共通の敵の出現でタッグを組んだ( `ー´)ノ


それでも直虎は、さんざん文句は言ったものの、高瀬が間違いなく直親の忘れ形見だと確信すると、快く彼女を受け入れました。しのや南渓和尚の指摘通り、直親は寂しかったのでしょうしね。どこか「おとわ」の面影のある高瀬の母に心惹かれたに違いありません。


直虎が高瀬のお披露目会を催した際、高瀬がたまたまたやってきた山伏の常慶(和田正人)を見て少し表情を変えたように見えたのが気になりましたが、単なる気のせいかもしれません


さて来週は、直虎が方久と連れ立って「気賀」という土地に出向くようです。気賀には武家の領主がおらず、商人による自治が許されていたようですね。どうやらそこで綿布を販売しようとしているようでした


おんな城主直虎」は続きもとっても楽しみですね




これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおんな城主直虎のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング