2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

BS時代劇、【立花登青春手控え2】はついに今週で最終回を迎えました。内容もいかにも最終回らしく、登の大いなる成長が感じられて頼もしかったですね。それにおちえとの楽しいシーンもございましたし


以下早速ネタバレのあらすじです立花登青春手控え3のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回登が関わったのは、妾殺しで捕まって今や処刑を待つのみの大津屋助右衛門(国広富之)でした。助右衛門は懸命に無罪を訴えたようですが、何せ目撃者が大勢いたため、訴えは却下されてしまったそうです。登は助右衛門の治療を行いましたが、気力の衰えた助右衛門はなかなか良くならなかったそうです。


助右衛門を心配した娘のおゆき(北浦愛)が足しげく差し入れに通ってきますが、助右衛門はそれすらも受け付けられないようです。


どうせもうじき死ぬと分かっているのだから、何をしても無駄骨だ~冷たいようでも平塚の言葉が現実です。


それでも何とかして助右衛門に食事をとらせようと、登が家で医学書を読み漁っていたところに、夕食が蕎麦では小腹がすいただろうと心配した松江にもたせられた饅頭を持っておちえが部屋に入ってきました。


おお、気が利くな


喜んで早速手を伸ばしてきた登に、おちえがあることを打ち明けました。おちえは日中、大津屋の女将のおえん(大路恵美)と、おゆきの許嫁である手代の新七(田中幸太朗)が出会い茶屋から出てくるのを目撃したそうなのです。


これでピンとこない登ではありません。登は早速、おえんと新七について聞き込みを始めた上、助右衛門を捕えた同心の加瀬作次郎(山田純大)に再捜査を頼みに行きますが、もはや事件は老中の手に渡って系も決まったから無理だと断られてしまいます。


それでも登は承服できず、またしても藤吉と直蔵に助けを求めに行きました。藤吉は、最初は他のなわばりの事件だからと渋りましたが、登のたっての願いで重い腰を上げてくれます


そこで分かったのは、妾殺しの当日、新七にはアリバイが無かったということですが、一方では確固たる動機も見当たりません。おえんと恋仲になったとしても、助右衛門の妾を殺す理由にはなりません。ましてや新七はおゆきの許嫁なのですから、放っておけば大津屋は自分の物になるのです。助右衛門に濡れ衣を着せたら、身代が潰れて元も子もなくなります


でも藤吉は長年の勘で新七が怪しいと睨み、大津屋の番頭にこっそり帳簿を調べるよう命じました。番頭は新七を信じてすべてを任せていたそうですが、そろばんを入れたところ、なんと70両もの大金がごまかされていたことが分かったそうです


新七はそれを知られるのがいやさに、助右衛門に妾殺しの罪を着せたに違いない!


登と藤吉たちは早速新七とおえんの密会現場に乗り込み、歯向かってきた新七をお縄にしました


そのちょうど翌日、助右衛門の処刑が告げられました。牢内の囚人たちがこぞって助右衛門に「しっ、しっ」と声をかけていたのが印象的です。あれは処刑される罪人=死を忌み嫌っての慣わしでしょうか。


それを聞いた登は慌てて処刑場に駆けつけて、助右衛門の無実を訴えました。真犯人を昨夜捕えたばかりです。どうか、もうしばらく処刑をお待ちください!!


剣使与力という、老中から直接立ち合いを命じられた役人にとことん食い下がった登が実に頼もしかったですね。そのおかげでようやく加瀬が新七を連れて飛び込んできて、処刑が中止された時は大喜びでございました


文字通り命拾いをした助右衛門は、出所後おゆきを伴って小牧の家を訪ねてきます。この御恩は一生忘れません!!


この様子にすっかり気を良くした玄庵が、時々は登を診察に行かせると言いかけると、松江は早速これを遮りました。登には牢医師の仕事がありますからいけません


松江は家付きの美しいおゆきを牽制していたのだそうです。登はおちえのものですよ!


そのおちえは、今回の件は自分の手柄でもあると登に褒美をねだりました。すると登はおちえに口づけをして褒美はこれだ、と立ち去ります。登は子供で困るとこぼしていたおちえが、これに腰を抜かした姿も何とも微笑ましかった


シーズン1からは想像もできないほど、登は様々な面で大きく成長しましたね。是非またいつかシーズン3を拝見したいものです



これは小説も面白そう


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.