2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

韓国ドラマ、【オクニョ-運命の女】、今週は9話です。以下ネタバレの簡単なあらすじですオクニョ~運命の女~のあらすじ行きますよ~(^^)/


カン・ソノの放った刺客を倒したオクニョのもとに、今度は内禁衛のキ・チュンスがやってきました。キ・チュンスは文定大妃の腹心の部下であり、、弟ウォニョンの話を疑った大妃がオクニョから真実を聞くために遣わしたのです


が、決してウォニョンの名を出してはならぬ、出したら殺されるとソノから言い聞かされていたオクニョは、全ては既に話した通りだ、これ以上いうことは何もないと口を閉ざしてしまいます。でも、さすがに大妃が見込んだだけのことはあって、キ・チュンスはオクニョの言葉を信じていなかったようですね


そこでキ・チュンスは、義禁府への護送と偽って、秘かにオクニョを典獄署の地下牢に移しました。キ・チュンスはオクニョを殺そうとしたのは、オクニョとともに明へ行ったチェタミンだと忠告しますが、オクニョはどうしてもカン・ソノを疑うことができないようです


キ・チュンスからオクニョを預かった典獄署の署長、チョン・デシクが地下牢に入れられたオクニョを気遣ってチョンドクにその世話を命じたのは意外でしたね。このことは二人だけの秘密だから、くれぐれも口外せぬように


デシクから事情を聴いたチョンドクは早速オクニョの好物を用意して地下牢にやってきました。料理下手なチョンドクは、酒屋の女将に頼んで汁物を用意してもらったそうです。顔のつくりは妙ちくりんだが~で、あ、イ・スクさん(ハドン@ホジュン)だとピンときましたね


が、この「秘密」は、チョンドクに守れと語ったデシク本人によって口外されてしまいます。デシクは、ウォニョンがオクニョを捜していると聞くと則、自分の出世のためにオクニョの居どころを知らせに行きました。あ~やっぱりコイツは悪党でございましたね典獄署の署長はコバンザメ( `ー´)ノ


オクニョが典獄署の地下牢にいると知ったウォニョンは早速チュ・チョルギにオクニョを殺すよう命じました。でもこれを、たまたま素素楼に居合わせたテウォンが耳にしてしまいます。テウォンもまた懸命にオクニョの居場所を捜していたのです。


テウォンはすぐにチョンドンを呼び、オクニョを救いに行きました


最初は半信半疑だったオクニョも、チョルギとともに地下牢へやってきたカン・ソノを見てようやく裏切られたのだと思い知ります


オクニョはテウォンにすべてを打ち明け、商売の邪魔をしたことも謝りました。


一方、キ・チュンスを通してオクニョから真実を聞き出そうとした大妃は、やはり、かつてはパク・テスの許嫁だったことが判明します。もちろん、中宗に嫁ぐ前、王妃になる前の出来事です。


大妃は、テスを殺したのはウォニョンだとほぼ確信しているようで、ウォニョンばかりかナンジョンまで出入り禁止にしていました。あ~早く真相を知らせてやりたいけれど、この辺はきっと長引かせるのでしょうね~間延びせんとええねvv


またそのナンジョンは、娘シネの許嫁のソン・ジホンを使ってコ・ジェミョンを牽制してきました。このジホン、権力者の娘との政略結婚が決まったとは言え多少は骨のあるナウリーだと思ったのに、こんな「火のないところに煙を立てる」ような真似をするとはガッカリでやんすね


それ以外では、スリのチョンドンが、オクニョの母親の持っていたのと同じ指輪を手に入れていたようです。オクニョはチョンドンに、引き続き持ち主を捜すとともに、亡くなったパク・テスの孫を捜すよう依頼しました。


今オクニョは、そのチョンドンとテウォンの手引きで、ファゲ山の廃屋に隠れているようです。何としても怒りが収まらぬ様子のオクニョはまた、カン・ソノにも事情を問いただしに行くようでしたが?カン・ソノをとっちめろ!( `ー´)ノ


さ~て来週はどうなるかな。オクニョ~運命の女~は続きを見るのが楽しみですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.