2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】も今週は8話です。いよいよ「神の光教団」が動き出しました。以下ネタバレのあらすじですCRISISのあらすじ行きますよ~(^^)/


神の光教団に潜入しているのは林智史(眞島秀和)という男だそうです。林はでも以前の稲見や里見とは異なり、警察関係者ではなかったのだそう。林はもともと教団の在家信者だったのを、借金を理由に田丸にうまく丸め込まれて「協力者」にさせられて、出家したのだそうです。林は当時から妻の千種とはずっと不仲だったらしいです。


今回その林から千種に重大な情報をつかんだから田丸に会いたいとの連絡がきたそうです。既に公安を離れた田丸は担当者に連絡すると伝えますが、林は田丸でなければ何も話さないと言ったのだとか。


田丸が約束の場所に赴くと、林は、今回の情報を最後に協力者を辞めたいと懇願しました。口約束では不安だから、念書を書いてほしいとも付け加えます。それが手に入ったら情報を明かす


田丸は、鍛冶の下で特捜チームに直接の指示を出している青沼(飯田基祐)に掛け合って了承を得ますが、青沼は、田丸と千種の関係をひどく心配していました。これは梶も同様でしたね。どうやら「田丸が女に弱い」というのは知る人ぞ知る事実らしいです


念書を手に入れた田丸は早速千種から「情報」を聞き出しました。教団のターゲットは文部科学大臣だそうです


が、実際に特捜班がテロの決行予定現場に駆け付けると、そこに現れたテロリストは「丸腰」だったことが判明しました。不敵に笑う信者。そう、これは林と警察の関係を裏付けるための「罠」だったのです


その頃林は、教団の内情を録音していたレコーダーが見つかって、ひどい拷問を受けていました。


青沼は、これではもうどうしようもないと、林を見捨てようとしましたが、田丸、そして特捜班はそうはいきません


皆で教団本部に乗り込んでからの闘争シーンがまた迫力たっぷりでござりましたね大山と吉永もカッコよかった( *´艸`)


こうしてようやく彼らが林に辿り着き、何とか強行突破を警棒を構えたその時!(゜o゜)!と身構えたところに、青沼率いる警察がなだれ込んできます


青沼は特捜班に、ここには来なかったことにしろと命じて、彼らを逃がしてくました。どうやら「教団が爆弾を作ったことが判明したため警察が捜査に踏み切った」ことにしたようです。


その後、林夫婦は海外で暮らすよう手配されました。千種はむしろ林ではなく田丸と暮らしたかったようですが、これまたそういう訳にも参りませんね。鍛冶などは、青沼がふたりを2年で日本に戻すと報告した際、戻さなくてよいと答えたほどです。あの女は田丸のアキレス腱だから


罠を仕掛けられた時、もし林が死んだら自分はどうやって生きていけばよいのか、これからもずっと自分を支えてくれるのか、と千種は田丸に迫っていたけど、いくら田丸が千種を好きでも、さすがに最後の一線は越えられませんよね。林が生きていてもそうなのですから、死んでしまったら尚更です。


~このような場合、もし林が協力者ではなく警察官(公務員)だったなら、たとえ戸籍を抹消していたとしても「遺族年金」に該当する補償は支払われないのでしょうかね


その田丸がいつも千種と会っていた教会で「佐藤」という男が田丸に接触してきました。果たしてこの男は田丸に何をさせようとしているのでしょうか?


一方、こちらは女性に弱いというより女性にもてる稲見は松永芳(野間萌香)とイイ雰囲気だったようです。田丸と千種の破滅的なにおいのする二人とは違って、こちらはなかなかお似合いのカップルですが、彼女のためを思うと、稲見には堅気の仕事についてもらいたいですよね。ま、今でも公務員であることには違いないのでしょうけれど


青沼の言うように、鍛冶は最終的に特捜班を使ってなにをするつもりなのか、も気になるところです


CRISISもいよいよ終盤に入りましたね。続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.