2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

小栗旬さん&西島秀俊さんダブル主演のアクションドラマ、【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】もついに夕べが最終回でした。


あれでいったい最後はどうなったのかなと心残りに思いつつ、自他ともに認める妄想族のおばさんはあれこれ妄想して楽しめたのでまあ良しとしまひょか。制作者側的には、またいつもの映画や続編を見込んでのエンディングかもしれませんね。


以下ネタバレのあらすじですCRISIS最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


前回の爆発で人的被害が無かったのはまず何よりでしたね。樫井曰く、結城の目的は彼らを殺すことではなく「あいさつ代わり」だったのだろうという話でした。


そこで稲見は昔、自衛官だった頃、結城とともに極秘プロジェクトの後始末をさせられた=「無実の人間」(藤波?)を殺したことがあるのだと打ち明けます。それまでもさんざんキツイ仕事をさせられていたけれど、その時が一番辛かったと語りました


その後稲見は「国家」のために働くことに絶望し、自衛官を辞めてさまよっていたところを鍛冶に拾われたのだそうです。


稲見は自分と同じように結城があそこまで変わったのには必ず理由があるはずだと主張しました。


また大山は結城に渡したUSBにウィルスを仕込んでいたそうです。結城がこれを自分のPCに接続した時点で相手の位置情報が分かるそうです。この辺は想定内でござりましたね


そしてその期待通り、結城がPCを操作するとすぐにその位置が特定されました。またハッキングしたファイルの中には、幸せそうな結城と女性の写真が収められています。その女性の顔を見た田丸は、彼女が1年前に起きたガス爆発事件の犠牲者だと気づきました。


一方その頃、USBの閣僚リストにあった岸部正臣総理(竜雷太)が肩を撃たれてしまいます。犯人が結城であれば絶対に外すはずもない距離だったことから、犯人の狙いは総理を殺すことではないことが判明します


この岸部総理狙撃事件にはかん口令が敷かれ、総理は転んで鎖骨を折ったと公表されました。入院中の総理は鍛冶を呼び出し、息子の大介(長田成哉)がアメリカから帰国すると伝えます。


そして鍛冶は特捜班に大介の警護を命じました。その大介こそ、1年前に起きたガス爆発事件の真犯人だったのだそうです。その事件は実際にはガス爆発ではなく、大介によるテロ活動=爆破事件だったのだとか


当時過激派組織の一員だった大介は本来、東京駅構内を爆破する予定だったのが直前になって怖気づき、たまたま入ったカフェに爆弾を置き去りにして逃げてしまったのだそうです。そのカフェで働いていたのが結城の恋人だったそうです


警察はこの事実を隠蔽するため、結城達を後始末に向かわせ、恋人の無残な死を目の当たりにした結城は、大介への復讐を誓ったのだそう


婚約者が死んでからというもの、結城は「生きる屍」と化していたそうです。その気持ちは誰よりも稲見が、そして特捜班全員が理解できるはずです。


割り切れない気持ちを抱えながらも「任務」を遂行した特捜班は、結城と文字通りの死闘を繰り広げました樫井が助かってよかった(;O;)。たった一人残った稲見がようやく結城を思いとどまらせます。こんな奴は殺す価値すらない


稲見は結城の眉間に銃を突きつけて発砲しましたが、実際に銃口は壁に向けてそらされており、稲見は結城にこう言い放ちました


これでお前は死んだ。これからは生き返って俺が羨むぐらいに人生を楽しめ。


が、そんな稲見の気持ちもすべて無駄になってしまいます。稲見が結城を連行しようと外に出てきたその時、結城は警察によって射殺されてしまったのです


結城を殺せと命じたのは総理だというのは見当がつきましたが、大介が「結城を釣るための餌」として呼び戻されたという話には絶句してしまいましたひどい話だvv。自分には息子がもう一人いるから、テロに加担した過去を持つ=出来の悪い大介なら万が一のことがあっても構わないというのですからね


そして鍛冶は稲見が結城を殺すものと計算していたようです。そうすれば、余計な手間が省けたというのも、いかにも人を人とも思わない馬鹿にした話ですよね


その後、樫井は警視庁を爆破するための図面を描いていましたし、大山は「IZO(岡田以蔵)」のハンドルネームで再び(平成維新軍の)チャットに参加していました。また田丸は、例の「佐藤」という男の話を再度聞きに行ったようです。


稲見もまた自分が幸せになる道を選ばず(芳に電話をしなかった)、何か思いつめたような顔をしていました


ただひとり、吉永だけは公安の土岐田宗利(奥田達士)から引き立てられそうだったのが気に入りませんでしたが、あまりにも絶望しすぎて長い物には巻かれようという気になったのでしょうか。それとも?


その後画面は「緊急ニュース」を伝える画面に切り替わったところで「the end」です


果たしてそのニュースの内容は何だったのでしょうか?再び平成維新軍が動き出したのか、それとも警視庁に爆弾が仕掛けられたのか、はたまた稲見が岸部総理を拉致したのか、田丸が中国公安と組んで何かどでかいことをやらかしたのか


何とも中途半端な終わり方でしたが、それがまたいかにもこのドラマらしい(=決着はない)のではないかと無理矢理自分を納得させてしまった次第です


個人的には稲見と田丸のアクションシーンに加え、特捜班の地味ながらも固い友情が心地よくて楽しかったです。できればまたSP番組などの続編を期待したいところですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.