2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の24話は「さよならだけが人生か?」です。相変わらず遊んでますね~。でも今回の内容は政略結婚なども加わってなかなかの充実ぶりでした


以下ネタバレのあらすじですおんな城主直虎のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはその「政略結婚」の話は駿府の今川からもたらされました


今川では政略結婚によって国衆たちとの「縁」を固め、いざという時の人質にしようという腹積もりらしいのですが、今回井伊に縁談が持ち込まれたのは、ほかならぬ直虎を高く評価してのことだというのが誇らしかったですね


井伊の女領主はなかなかの切れ者らしい


今や駿府で直虎を知らぬものはいないのだそうです


というのも直虎は、例の三年荒野に続いて、百姓たちに、読み書きに加えて薬草の知識も与え始めたのだそうです。その上、護身術、銭の扱い方も教えるようになったのだとか。講師はもちろん、前者は之の字が担当で、後者は銭の犬の方久です。


(何よりも大事なのは)金が欲しいという気持ちじゃ!!


寺では百姓の子どもたちが手習いに来ることを許されました。


こうして直虎は一躍時の人となっていったのだそうです


そんな直虎を誇らしく思うと同時に、ちょっぴり寂しく思っていた者がいたようです。南渓和尚とたけです。ふたりは、今ではすっかり鳴りを潜めた幼い頃の「破天荒なおとわ」を懐かしく思っていたようでしたね


何せ直虎は、今川からの縁談を引き受けた後、自ら政次に命じて「北条」への縁談も手配させたのですからね。北条は今、今川の唯一の味方なので、そことも縁を結べば今川から余計な詮索をされずに済むという訳です。いやいや大した成長ぶりです。政次もこれには二つ返事で笑顔を見せていましたからね


その縁談ですが、具体的には新野家の三女の(真凜)を太原雪斎の生家で今川家の重臣、庵原家の助右衛門(山田裕貴)へ嫁がせること、そして次女の桔梗(吉倉あおい)を北条氏康の家臣、加納飛騨守の息子と娶せることを決めたそうです。この二人のうち庵原助右衛門あらため朝昌は、後々も井伊家と深いつながりを持つことになるそうです


桜を心配した長女のあやめ(光浦靖子)が不安そうにしているのを見た直虎が、自ら庵原家に乗り込んでいって助右衛門の人となりを確認したのもいかにも女性領主ならではの細やかな配慮ですよね


同じくこの姉妹を心配したしのも祐椿尼に相談に行くのですが、直虎の行動を知って則引き下がったのもよかった。しのもようやく落ち着きましたね。


さて、今川、北条と言えば、やはり武田も気になるところですが、ちょうど今、武田は「塩止め」にあっていたそうです。今川氏真が北条氏康と結託して甲斐への塩の商いを禁止したのです。ここで思い出されるのはやはり「敵に塩を送る」話でござるね。


塩止めの話を聞いた直虎は、材木を取引するには何かと不穏な駿府ではなく気賀での話を進めることにしたようです。この商売が軌道に乗れば、井伊はますます栄えるはずです


一方、今回はたけが暇を取ることになりました。年を取って勘違いが多くなったたけは、まだまだ台所事情の苦しい井伊家に自分は不要だと見極め、直虎に黙って去っていくのですが、これに気づいた直虎は、すかさず後を追ってきます


たけ!我に黙って去るなど許さん!!


直虎は、誰が何と言おうとたけを看取るつもりでいるのだと引き留めますが、たけは、そんなきかんきで情の厚い「とわ姫」が大好きだったけれど、今やおとわは「姫」ではなく「領主」なのだから、と諫めます


最後に一つくらい私の言うことを聞いてくださいよ、姫様たけ~行っちゃいやだ!( ;∀;)


直虎は仕方なくたけを馬に乗せて故郷まで送っていきました。これ以上言うことなど聞かぬからな!


でも、直虎を愛してやまぬたけは、早速自分の姪の「うめ」(梅沢昌代~二役)を井伊に送り込んできたそうです。たけにそっくりなうめを見た家人の弥吉(藤本康文)が、

たけの幽霊が出た!

と大騒ぎしたのを直虎が信じて目を白黒させていたのが楽しかったですね~


最後は久しぶりの瀬名姫です。


家康は織田に内緒で武田と縁を結ぼうとしていたのですが、それが信長(市川海老蔵)に知られて、逆に信長の娘の徳姫を息子竹千代の嫁にもらう羽目になりました。瀬名はこれをきっかけに岡崎城に移ってくるようです。


家康は、誰もが自分を利用しており、自分は使いっ走りにされているとこぼしますが、瀬名は、まるで将来を見越したかのように(笑)、

長生きさえすれば、家康を利用した者も皆いなくなる

と励ましました。そして井伊のことも忘れずにいてほしいと付け加えます。


この家康と瀬名の関係はこれまでのイメージとは大きく異なっているので、今後どう変わっていくのかも興味津々でござりまする。それとも、今でも家康は「事なかれ主義」の片りんを見せていることからも、本質的には変わらんのかもしれませぬが


次回はまたしても龍雲丸が登場するそうですよんおんな城主直虎は続きを見るのが楽しみですね


 
おんな城主 直虎 前・後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.