2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

韓国ドラマ、【オクニョ-運命の女】、今週は13話です。以下ネタバレのあらすじですオクニョのあらすじ行きますよ~(^^)/


困ったことがあったらいつでも相談に乗ると言ってくれたキ・チュンスですが、オクニョから謀反はナンジョンとウォニョンによるでっちあげだと聞いた途端、冷たくオクニョを追い返しました


口では、単なる憶測だから大妃には伝えられないと言ってましたが、ようは、後にジハムが指摘したように、大妃にとって本来ウォニョンとナンジョンは味方であって敵ではないからです。前回大妃が助けてくれたのは、愛するパク・テスの仇を取りたかっただけですからね


しかも「大尹派による謀反」となれば尚更です。大尹派こそ大妃にとっては永遠の敵~だからこそナンジョンはこれをでっち上げたのです。ここはキ・チュンスが止めてくれて正解でしたね。下手をするとオクニョは大妃に殺されてしまったかもしれません


そこへ行くとジェミョンは目の付け所が違いました。さすがに年の功でござりまする


トチからテウォンが謀反の罪で捕まったと聞いたジェミョンはすぐに典獄署を出られるよう各所に金をばらまきました。出所したその足で即、ウォニョンに会いに行きます


一方で、やはりテウォンを助けようとギョハとソジョンがウォニョンを素素楼に呼びましたが、これはナンジョンに即刻嗅ぎ付けられ、阻止されてしまいました。またウォニョンが、ソジョンを思い出して鼻の下を伸ばしていたから当然ですわね


が、相手がジェミョンなら、ナンジョンの敵対する商団とは言え、典獄署で世話になったと聞けば邪魔のしようがありません。


こうしてジェミョンは無事にウォニョンに接見し、ウォニョンの息子、テウォンが謀反の罪を着せられてひどい拷問に遭っていることを伝えました


テウォンがずっとナンジョンの邪魔をしてきたのも、すべてはそれを止めなかった自分のせいだと明かすジェミョンの前で、ウォニョンは怒りを爆発させます。私の息子が謀反の罪で拷問だと!?


ウォニョンはすぐにナンジョンの部屋へ乗り込み、すぐにもテウォンを釈放させるよう命じました。ナンジョンがどんなに言い訳しても耳を貸すものではありません。


問答無用!!とにかくすぐに釈放させろ!!お前は何を考えているのだ!


怒鳴るのみならず、あちこち蹴飛ばして大暴れしたウォニョンには、さすがのナンジョンも引き下がらざるを得ませんでした。


いくら地位が高くても、ナンジョンも所詮は側室で、その子シネは庶子(私生児)~つまりはテウォンと同じなのですよね。本来なら、男子であるテウォンの方が格上のはずです。もちろん人徳もありましょうが、そういう理由からも安国洞のキム氏はテウォンを大切にしてきたのでしょう。


こうしてテウォンはなんとか無事に釈放されましたが、収まらないのはジホンです。ジホンは、無実を訴えるテウォンを無理矢理捕えさせられた上、自白を強要し、挙句に釈放しろと命じられたのですからね。隊長の面目丸つぶれですわね


一方のオクニョは、ミョンソンが何者かに襲われる現場に遭遇し、暴漢をやっつけた後オクニョが無敵で楽しい♪、ミョンソンを典獄署の地下牢に匿うことにしました。ミョンソンが口封じのために襲われたのは明白だからです。


命の危険を感じたミョンソンは、ようやく真相を話す気になりましたが、あと一歩という所で、ナンジョンの放った刺客に殺されてしまいました。でもこれはあ~んなに見通しの良いところに連れて行ったナンジョンとテウォンが甘かったですよね。ふたりは、ジハムから紹介された大尹派の大物にミョンソンを会わせてナンジョンの悪事を暴露するつもりだったのですが。


またチョンドンは、ようやくキム尚宮を見つけましたが、オクニョが玉の指輪を持っていることを白状させられた上に気絶させられてしまいます。オクニョが典獄署の茶母だと知ったキム尚宮は、今後オクニョに接触してくるものと思われまするが?


ひどい拷問を受けながらも、ジェミョンやオクニョに心配をかけまいとするテウォンが何とも健気でございましたね。これまでのコ・スさんのイメージとはだいぶ違うキャラクターですが、ようやく自分の中でこのキャラが定着しつつあります。次回はウォニョンに呼び出されるようでしたね。


オクニョ~運命の女~は続きを見るのが楽しみですね


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.