2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】、今日は30話を視聴しました。現在放送中のドラマにどんどこ追いつくには暑すぎ&疲れすぎて、今日はミセンを見るぐらいでちょうどいい感じでござりまする。以下ネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~(^^)/


前回理解できなかった「手数料2.5%でエージェントを通せ」の意味がようやく分かりました。今回の太陽光事業は「関係(クワンシー)」を配慮したため、ワン・インターナショナル側の利益は3%しか出ないのだそうです。


この数字で契約したはずなのに、今回ポシンが勝手に書き換えた契約書を送ってきたようですね。ポシンというよりは「窓口」の社長なのかな。というよりもしかしたらポシンの社長じゃなくてエージェントなのかもしれません


それでは利益が0.5%しかなくなると心配するのも当然ですよね。しかも、これを怪しく思ったサンシクが、中国駐在員のソク代理(シン・ウチョル)に連絡を取って調べてもらったところ、ポシンはこの事業に乗り気だから、マージンはむしろ通常より高くても話に乗ってきたはずだというではありませんか。エージェントの手数料も普通は1%なのだとか


それでも部長は目をつぶって判を押せ、の一点張りです。専務も相当怪しいけど、このイ部長の袖の下も相当潤っているのではないかと勘繰りたくなりますね。


こうしてますます怪しくなってきたところで、サンシクは、不安を隠せないドンシクとグァヌンを屋上に呼び出してその真意を明かしました。


これにはグレの未来がかかっている。この事業が成功すれば、あいつを正社員にしてやれる


サンシクの気持ちを知ったドンシクは、それなら最後まで諦めずに頑張ってみようと賛同し、グァヌンもまた、利益率0.5の事業もないわけではないから、もう少し様子を見ようと言ってくれます。グァヌンはでも専務の不正をかなりの確率で確信していたようです。


一方、ひとりだけ外されたグレのところに、ベッキがやってきました。ベッキは、悩んでいる風のグレに、何も考えず、次長についていけばよいのだと励まします。それでもグレが納得いかぬようだったため、ベッキはついに自分の考えを明かしてしまいました。


次長が無理を通そうとしているのは君のためだ。3課を大きくして君を正社員にするためだ


これですべてが腑に落ちました。本来の次長なら早々に手を引いている怪しげな事業にいつまでもしがみついているのは、ほかならぬ自分のためだったなんて!?


グレはサンシクに電話をし、早速自分の考えを伝えに行きました。僕のためなら止めてください。


サンシクは、生意気を言うなとグレを諫めます。専務とて長年会社に貢献してきた人物だ。それを簡単に疑うな~とは自分に向けて発した言葉でもあるのですよね


今やらなければもう二度と同じ気持ちになれないかもしれない


グレのことももちろんだけど、長年尽くしてくれたドンシクに対しても、課を大きくして報いてやりたいと考えているのですよね~サンシクは。トイレの脇からも脱出したいし。


必ず皆を守ってみせる!俺を信じて任せておけ!


それでもグレは迷っていたようです。自分のために3課が犠牲になったのでは元も子もなくなる


また以前なら、我関せずとばかりに、余計なおせっかいとは縁がなかったベッキは、ヨンイにも靴を買ったようです。なかなか渡せずにもじもじしていたシーン、可愛かったですね


その後電話でヨンイを呼び出して靴を渡したところで、期待通り?ソンニュルがやってきます。ソンニュルは会社中にアンテナ張ってますよね~ここぞという時には必ず顔を出しますからね


偉いぞ、よくやった!


ソンニュルは、ヨンイのヒールがぐらぐらしていることに気づいていて、自分もプレゼントしたいと考えていたのだそうです。ホンマかいな


そのソンニュルは、ジュンシクが下請け業者から賄賂をもらっているに違いないと確信していました。評判が悪い上に他の会社から提訴されている会社との取引をごり押しするなんぞ、それしか考えられませんものね。しかも新車を買うみたいですし


何とかして尻尾を捕まえてやる!と意気込んでいるようですが?


そしてヨンイは、ついにその過去をベッキに明かしました。ヨンイの父(チョン・ジンギ)は昔軍人だったそうで、本当は男の子が欲しかったのだそうです。


女にかける金などないという考えだったため、ヨンイはバイトをしながら高校と大学を卒業したそうです。そのくせ、父親はそんなヨンイのバイト代まで飲み代にしてしまったそうです。軍人を辞めてからの父はあれこれ商売を始めては失敗する(騙される)の繰り返しだったのだとか。


ヨンイは在学中からサムジョン物産で働き、シン・ウヒョンの下で働いていたのだそうです。


ウヒョンはヨンイに生きる喜びを教えてくれた上司だったのに、これを知ったヨンイの父はすぐに金の臭いを嗅ぎ付けてウヒョンから金を無心したそうです。若いヨンイがいたたまれなくなるのも当然ですね。それにベッキも指摘していたように、ヨンイはきっとウヒョンに憧れていたのでしょうから尚更です


父親に呼び出されてまたしても金を要求されたヨンイが、どうやったら父親から離れられるのか、と本人に問うた後、ぐったりとうつむいていたのをベッキが目にし、一杯どうかと誘ったシーンも良かったですよね。ベッキは器用じゃないけれど、それだけにこうした優しさが身に沁みます


一緒に(ヨンイが好きで自分が苦手な)ホラーを見に行こうと誘ってくれたのも、いかにもベッキらしかった。でもさすがに鑑賞後の血みどろの食事(牛の血を固めたソンジ)は難しいと断ったようですが。


たとえ難局ではあってもやっぱりミセンは見る者をホッとさせてくれます。次はいつ見られるかな~最後まで大事に見ていきたいですミセンが大好き(^^)/


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.