2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

医療ドラマ、【シカゴ・メッド】の14話は「心臓」ですが、原題の「hearts」には物理的な心臓のみならず、さまざまな感情や心が含まれていたように感じました。以下ネタバレのあらすじですシカゴ・メッドのあらすじ行きますよ~(^^)/


その「心臓」も3つのケースが扱われていました。1つは赤ん坊の心臓のようですが、こちらはコナーがかなり貢献したようです。ダウニーは、家族にオペの成功を伝える役目をコナーに譲ってくれました


また2つめはイーサンが担当した元軍人のレヴィ・コールマン(Shane Patrick Kearns)という男性のケースです。コールマンは、心臓が頭で鼓動していると主張したため、受付でも急患とはみなされませんでした。誰もが精神疾患だと解釈したからです。


腹を立てたコールマンは何とか早く診てもらおうと、自分の耳に折った鉛筆を突きたてました


こうして「急患」になったコールマンを担当したのはイーサンです。イーサンも最初はPTSDと信じて疑いませんでしたが、ある時コールマンが食事をしていた際、ベッドテーブルに置いてあったゼリーがぶるぶる震えるのを見てコールマンの話が嘘ではなかったことに気づきます。


コールマンは戦争で背中に砲弾を浴びたそうで、その時の破片が心臓の周りに瘢痕となって残っていて、それが心臓の鼓動を反響させていたのだそうです。


その瘢痕が心臓の近くにあるため外科的処置は難しいらしいですが、目に見える傷なら対処しやすいというヴィッキーの言葉から(In a way, isn't it easier to deal with things you can see?)、イーサンはその心臓がコールマンとともに戦ってくれる戦友(brother-in-arms)だと励ましました。実際に超音波を使って心臓を示したのも効果的でしたね


うるさいと思うから不快なのであって、自分を助けてくれる仲間だと思えば耐えられるかもしれません。


それはなかなか効果の上がりにくい「見えない傷」も同様でしょう。ヴィッキーは、苦しい時はコールマンを思い出して頑張るようイーサンを勇気づけました


You, Dr. Choi, have to fight as hard for yourself as your heart does.
あなたもよ、ドクターチョイ。あなたの心臓と同じぐらいにあなたも戦わなくちゃ


そして3つめの「心臓」は、コナーが担当した事故の被害者、スカイラー・ヴァンス(Clare O'Connor)です。コナーとダウニーはいつも通り最善を尽くそうとしましたが力及ばず、スカイラーは手術途中で亡くなってしまいました。EDに運ばれた時、まだ新しいピンクのバッグを抱きしめていたスカイラーの両親が、そのバッグを手に抱き合って泣いている姿がまた痛ましかったですね。


コナーは、患者に死なれたコナーを慰めようとしたウィルの誘いを一旦は受けましたが、その姿を目にしてはその気も失せてしまったようです。


それ以外では、病理に決まったサラが体調不良を訴えます。患者を診察するはずが、その患者の上に倒れ込んでしまいました


ジョーイからお祝いにと「腺ペスト」の標本をもらって大喜びするほど病理が好きなサラだけれど、働くならED、と心が訴えていたようです。でもシャロンは、これは契約だから変更できないととつれない答えでしたが?


一方、ナタリーとチャールズは「ソシオパスの子どもに遭遇します。骨折のためにEDにやってきた患者はボー・テイラー(Graham Carlson)という幼い男の子でしたが、レントゲンを撮ったところ、ボーは以前にも骨折して自然治癒していたことが分かったのです。


最初ナタリーは父親のアーロン(Quincy Dunn-Baker)による虐待を疑いましたが、前回のこともあるため、念のためシャロンと相談し、セカンドオピニオンを仰ぐことになりました。そこに呼ばれたのがチャールズです


注意深いチャールズは、虐待しているのはアーロンではなく、ボーの兄のグリフィン(Collin Jarvis)だということに気づきました。グリフィンは、血だらけの患者が運ばれてきたというのに動揺せぬばかりか、血の海に落ちていたボタンをそっと拾ってポケットにいれたのです


チャールズはグリフィンがソシオパスだと確信し、シャロンもこれを児童保護局に報告しましたが、テイラー夫妻、特に妻のネドラ(Michelle Mueller)はグリフィンから火傷を負わされていたようなのに、愛する息子を社会病質者と認めることはできなかったようです。こうした場合、当局ができるのはグリフィンを引き離すよう「勧告」することだけで、決めるのは両親なのだそうです。


弟のボーは、グリフィンが近づくだけで身体的なパニックを起こすほどグリフィンを怖れていたため、ナタリーは懸命にネドラを説得しようとしますが、逆にネドラから、もし息子が同じケースだったらどうするかと問い詰められて言葉に詰まってしまいました。


また、マギーから注意を受けたにもかかわらず、エイプリルはテイトと交際を始めたようです。


But in my experience, they're little kids in men's bodies.
私の経験では、アスリートは、体は大人だけど中身は子どもよ。


あ~これまた言い得て妙ですね。エイプリルは独身だと思われまするが、いきなり二人の子持ちになる(笑)のは大変そうです


今回は以上でござりまする


楽しんで見てきたシカゴ・メッドも残すところあと4話だそうです。続きを見るのが楽しみですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.