2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

パク・シニャンさん主演の韓国ドラマ、【町の弁護士チョ・ドゥルホ】もようやく本日放送の16話まで見終わりましたチョ・ドゥルホのネタバレ行きますよ~(^^)/。途中何度かどこかで語ろうとは思ったのですが、いつも区切りが悪くてなかなか踏み切れませんでした。ようやく事件が片付いた、さて書こうと思うと即次の事件が始まるため、語るより次が見たくなっちゃうんですよね~


以下ネタバレですが、7話分と大分長くなってしまったので、かなり大胆に(=簡単に)まとめてあります


まず前回の続きの10話では、そのほとんどが、ドゥルホヘギョン、そしてデスエラのロマンス?に焦点が当てられていました。ドゥルホは酒に酔った勢いで、以前ヘギョンやスビンと暮らしていた家に戻ってきてしまい、デスとエラは、やはり酒の勢いで、一夜をともにしてしまいます


デスとエラは、身体的には何もなかったようですが、心はかなり進展したようですし、それはドゥルホとヘギョンも同様でした。そもそもヘギョンがドゥルホとの離婚を考え始めたきっかけは、ドゥルホが忙しすぎて家庭をおろそかにしたことだったようで、それでも憎みあって別れたわけではなかったようです。


ヘギョンが、スビンの嫌いなキムチ鍋を作ったのは、ドゥルホのためだったと知って喜ぶスビンが健気でしたね。スビンはまたパパとママ、3人一緒に仲良く暮らしたいのです。


最初はウンジョとドゥルホが~と思ったりもしましたが、まだまだこの二人はお似合いですね。ウンジョにはジウクか、もう少し若手はどうかしらね。


一方、そのウンジョは、デスの紹介でドゥルホが断った小さな案件をこなすことになりました。が、その直後、継父のホン・ユンギがテファグループの下請けいじめに遭って自殺を図るという事件が起きてしまいます


これまたドゥルホがタイミングよく遭遇し、相手がテファだと知ると俄然ファイトが湧いて、ユンギとともに派手に屋上から飛び降りたのはなかなか痛快でございましたね。でもこうしたパフォーマンスもまたヘギョンには(心配し過ぎて)頭痛の種だったようですが。でもスビンにはパパはスーパーマンと大好評です


こうしてドゥルホはまたしてもテファと戦うことになりましたテファグループ許さん( `ー´)ノ


ドゥルホはテファグループの対外交渉人だったイ・ミョンジュンという男を捜しますが、その過程で、ミンジュンの妹のソジョンがチョン会長の愛人だという事実を突き止めます。なんとミンジュンは下請けからリベートを受け取っていた上、チョン会長の裏金を管理していたのだそうです。会長は、ミョンジュンがソジョンの兄ということでこの仕事を任せたようです。


この裏金の帳簿が見つかったら困るのはチョン会長だけではありませんでした。クムサンのチャン・シヌ、そして検事のヨンイルもまた裏金に関わっているそうです


特にチャン・シヌは、テファグループの顧問として、チャン会長に関わる「借名口座」を管理していたそうで、その中にはヨンイルの口座もあったのだそうです。借名ですから本名は表に出ていませんが、シヌもこれを承知していたようです。まさに一蓮托生です。


3人は何とかしてドゥルホより先にミョンジュンを捕まえようとしましたが、そこはドゥルホが一歩リードするのでござるよ。それはやはり、部下、もとい同志=デスとエラ、そしてウンジョの出来が良いからでしょうな


が、ドゥルホがミョンジュンを証人として申請したことで&ヘギョンの勧めもあってユンギの示談はまとまりましたが、チョン会長は更なるを仕掛けてきます。あろうことか、ミョンジュンを殺した上で、その罪をドゥルホに擦り付けてきたのです。これをまた簡単にジウクが信じちゃうんだ


でもヘギョンは違いました。娘の父を殺人犯にするわけにはいかないと、ドゥルホの代理人として検察に乗り込んできます


ドゥルホは、その前にやってきたウンジョとヘギョンに今後の指示を与えました。ドゥルホは、ミョンジュンに会いに行ったのが自分だけだったのが逮捕の決め手になったことを受け、防犯カメラに映らない通気口が怪しいから調べるよう命じたのです。


一方、この機にドゥルホを葬ろうとしているヨンイルは、部下に命じてドゥルホの事務所に青酸カリまで隠したそうです。まったくね~検察がそんなことをして、いったい何を信じればいいんだか。恥を知れ!恥を!!ジウクが可哀想じゃないか!


が、ヨンイルの本当の目的は裏帳簿を捜すことですから、ドゥルホの事務所から出てこなければ、他の仲間たちの家も捜すことになるはずだと推理したドゥルホは、これをジウクに伝えて挑発しました。既に凶器も出たというのに、家宅捜索を続ける理由がどこにある?


ドゥルホに挑発されたジウクが自ら通気口を調べた時は楽しかったですね~。しかも犯人、通気口の中に凶器(青酸カリの入った注射器)を置いてきちまうほど間抜けですし


こうして釈放されたドゥルホはついにソジョンから裏帳簿を手に入れます。が、そこにチョン会長の放った刺客がやってきてウンジョを人質に取ったため、やむなくその男の目の前で帳簿を燃やしてしまいます


この報告を受けた会長とヨンイルはホッとしたようですが、ドゥルホはそんなに甘くありませんでした。燃やした帳簿は、デスの金貸しの帳簿だったのだそうですよん。いや~ここは実に楽しかったデス、ナイス!


こうして「切り札」を握ったドゥルホが次に遭遇したのはパワーキングというエナジードリンクのケースでした。これまたテファの関連企業が売り出した健康ドリンクとは名ばかりの健康を害するカフェインたっぷりの清涼飲料水で、女子高生がこれを飲んで死亡したという代物です


もちろんドゥルホはありとあらゆる証拠を集め、チョン会長を追いつめました証人が次々現れます(^^)/。世間では不買運動が起こり、テファグループの株価は一気に下落していきます


ドゥルホはこの時とばかりに「裏金帳簿=チョン・グンモリスト」を公開する準備を始めましたチョン会長を許すな!。チョン会長を一気に叩き潰すつもりですが、それに気づいたヨンイルがこれを阻止しにかかります。ヨンイルは、チョン会長を逮捕する代わりに帳簿を寄こせと迫りました


一方のシヌは、ヘギョンからもうテファとは手を切るべきだと促されて迷いだします。が、卑怯な会長は、既にヘギョンを海外のペーパーカンパニーの社長にさせて、シヌが裏切れないようにしていました。シヌは仕方なくもう一度会長に協力しようとしますが、今度はこれをヨンイルが邪魔してきます。ヨンイルはここで一気に会長とクムサンを牛耳るつもりなのです。


もはやヨンイルは、その昔ドゥルホを引き上げてくれた上司のヨンイルではありません。まさにモンスターそのものです


ヨンイルはでも一気に会長を切らず、仮病を装って逮捕を免れるよう手配しました。が、そ~んなことに目をつぶるドゥルホではありませんよね。ドゥルホは会長の仮病を見抜き、彼を拉致して検察に出頭させました。また会長が怒りっぽい性格で、すぐにブチ切れるので、ドゥルホの術中にすぐにハマっちまうのでやんす


が、今度はヨンイルがジウクを使ってヘギョンを指名手配させました。ドゥルホはいち早くこれを察してヘギョンとスビンを自分が育った施設に匿います。その上で、隙を狙って秘かにヘギョンに記者会見を開かせるつもりだったのに、これにジウクが感づいてしまい、ヘギョンは逮捕されてしまいます


楽しんで見てきたチョ・ドゥルホも、残すところあと4話となりました。最後は悪人どもをやっつけてスカッと終わってほしいですけどどうなるかな町の弁護士チョ・ドゥルホは来週の放送が待ち遠しいですね


町の弁護士チョ・ドゥルホ DVD-BOX1町の弁護士チョ・ドゥルホ DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.