ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
ブランケット・キャッツ
 その他ちょっとイイ感じの日本のドラマ

ブランケット・キャッツ あらすじと感想 第3話 二人ぽっちのブランケット・キャット

重松清さん原作のドラマ、【ブランケット・キャッツ】の第3話は「二人ぽっちのブランケット・キャット」です。以下ネタバレのあらすじです。


ブランケット・キャッツのネタバレ行きますよ~(^^)/


今回猫を預かったのは、秀亮が好きなのになかなか素直に自分の気持ちを表現できない美咲の友人、石田有希枝(ともさかりえ)と紀夫(加藤虎ノ介)夫妻です。


有希枝に子どもがいないと聞いた美咲は、猫を飼うのはどうかと勧めました。有希枝も大乗り気で椎名家具店にやってきます。


そこで有希枝が気に入ったのは、一匹だけ皆から離れて座っていたチャイ(焦げパン)です。秀亮はいつも通りの「指導」をしてチャイを有希枝に渡しました。


有希枝は、帰宅した夫の紀夫にチャイを紹介し、名前を何と付けようかとはしゃぎます。有希枝は以前から子どもの名前を考えていたらしく、チャイは女の子だから「杏樹」にしよう、女の子は33画が最も幸せになれる、と得意気です。普段は「アン」と呼ぶことにしたそうです。


その後いかにも幸せそうな笑顔を浮かべていた有希枝に、紀夫は「離婚届」を差し出しました。理由は好きな人ができたから


有希枝は突然のことに驚いたようでしたが、紀夫がそう言うならと真面目に離婚を考えることにしたそうです。でもそれまではいつも通り振る舞うことにしたらしい。


ある日のこと、有希枝はアンのおもちゃを買いに行きたいから買い物に付きあってほしいと言い出しました。が、家を出る前になって有希枝の後輩から電話が入り、有希枝は仕事をしなければならなくなったため、紀夫にひとりで買ってくるよう頼みます。


紀夫は戸惑いながらも特に怒りもせず、ひとりで買い物に出かけたところで偶然秀亮に出くわしました。秀亮とは以前、アンが毛玉を吐き出したことに驚いた有希枝が紀夫とともに美咲の病院に行った帰りに挨拶を交わしています。ふたりが家具店に寄ったのは、アン、もといチャイが椎名家具店の前を通った時、にゃあにゃあと声を出して鳴いたからです


紀夫は秀亮に、有希枝が子どもの代わりに猫を飼いたいのだと思うとさりげなく打ち明けました。ふたりに子どもができないのは、紀夫に原因があるからなのだそうです。


ここでは~んと思った方は多いですよね。紀夫には「好きな人」などいないに違いない


それは有希枝も同じだったようです。


その後、ふたりの微妙な気まずさを敏感に察したのか、アンが家で大暴れしたそうです。有希枝が美咲を電話で呼び出すと、以前もアンが蝉をくわえてきたのが気持ち悪いと呼び出された美咲は我慢できず、アンを連れ返ってしまいました


有希枝に猫が飼えるとは思えない!(あんな飼い主じゃチャイが可哀想)


でも秀亮は、まだトライアル期間中なのに早計に結論を出した美咲を叱りました。そしてその見解は見事に当たっていたのです


アンがいなくなった後、有希枝はため込んでいた不満を紀夫にぶつけました。私が我儘だから離婚したいなんて言ったのよね。好きな人がいるなんて嘘までついて!


すると紀夫は逆に有希枝を咎めました。有希枝は子どもが欲しいんだろう?だから猫なんて飼いだしたんだ!俺と離婚すれば自分で子どもが産めるじゃないか!


ようやく本音をぶつけ合ったふたりは、互いへの愛を再確認し、アンを迎えに行きました。一生懸命勉強してアンを大切にします!


秀亮は文句を言わずに黙ってアンを返してくれました。まだトライアル期間ですから


アンを連れて帰る道すがら、有希枝は美咲に素直になるよう声をかけます。そうそう、誰が見たって美咲が秀亮を好きなことは一目瞭然~もしかしたらさくら食堂の女将、佐伯奈緒子(美保純)が盛んに秀亮に見合いを勧めるのは、美咲のお尻を叩いているのかもしれませんね。放っておいたら誰かに取られちまうよって


秀亮も、亡き妻への罪悪感から結婚までは考えていないだろうけど、一番心を許している異性が美咲なのは明白です


今回美咲はようやく秀亮を映画に誘うことに成功したので、今後ニャンコたちがふたりの背中も押してくれるとよいのですが


ブランケット・キャッツは続きを見るのが楽しみですねブランケット・キャッツが楽しい♪


重松清さんの作品は他にもこんなドラマを見ています

あすなろ三三七拍子その日のまえにとんび(連ドラ&SP)流星ワゴン



見終わったら是非原作も読んで見なくちゃ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング