2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

韓国ドラマ、【オクニョ-運命の女】、今週の14話ではついにオクニョがナンジョンに闘いを挑み始めました。とはいえ、相手は国一番の権力者ですから、あくまでも「虎視眈々と」でござりまする。以下ネタバレのあらすじですオクニョのネタバレ行きますよ~(^^)/


せっかく刑曹の役人キム・テジョンを紹介してもらったのに、肝心の証人=ミョンソンが殺されてしまっては何もできなくなりました。テウォンとオクニョは懸命にナンジョンの罪を訴えますが、やはり役人もナンジョンとウォニョンが怖いのか、決定的な証拠が無くてはもう手も足も出ないようです。


そこにきて、安国洞のキム氏がとうとう亡くなってしまいます。テウォンの恨みは自分がすべてあの世に持っていくから、これからは自分のために生きてほしいと言い残したキム氏は、ウォニョンになどは本当にもったいない素敵な女性でございましたね


オクニョはたいそう悔しがってジハムにも相談しましたが、ジハムはこう言ってオクニョをなだめました。一度に大きな敵を負かそうとしても無理だから、まずは小さなひび割れを作ることだ。


雨だれ岩を穿つの譬えもありますからね


オクニョがその方法を考えている時、大妃から宮中に呼び出されます。大妃はあれからオクニョを気にかけていたらしく、宮中で女官にならないかと勧めてきたのです。


が、オクニョは、このまま典獄署で囚人たちを支えていくと答えました。本当はナンジョンの悪事を訴えたかったけど、キ・チュンスの忠告に従ったのです。確たる証拠もなしにナンジョンとウォニョンを訴えたらお前の命が危うくなる。


お前の願いをかなえてやりたいという大妃には、パク・テスの身分を回復してもらえるよう頼みました。それは大妃も望むところですから、たとえ時間はかかっても必ず聞き届けると約束してくれます。


その頃ナンジョンは、自分が仕掛けた罠の総仕上げをすべく、やはり大妃を訪ねてきました。既にオクニョが来ていると聞いて気色ばむナンジョンですが、所詮たかが典獄署の茶母に何ができるとせせら笑います。今は大妃の目があるから放っておくが、いずれは必ず葬ってくれよう


もちろんオクニョも負けていません。「虎視眈々と」復讐の機会を狙っています


それはさておき、ナンジョンが大妃を訪ねてきたのは、自分をウォニョンの正室にさせるためでした。そのために安国洞のキム氏を毒殺したのですからね。


ナンジョンは、シネとジホンの顔合わせの日が決まったと報告し、せっかくの婚礼なのに、母親が側室ではシネが可哀想だと訴えました。大妃は、気持ちは分るが、正室が死んだばかりだから、もしナンジョンを正室にしたら世間から非難されると諭した時のナンジョンの答えがまたふるっていました


そんなことを気にしていたら今の私はありません=世間の非難など屁とも思いません


大妃はナンジョンがウォニョンの正室になることを許しました。


一方、その年はかなりの凶作だったそうで、典獄署への食糧の供給が3ヶ月停止されることになりました。一般の民でさえ困っているのだから、罪人に与える食糧などないと言えば聞こえはいいけど、あるところ(=成り上がり両班)にはあることを思うと、腹立たしさも倍増しますよね


そこでオクニョはある秘策を思いつきます。テウォンの力を借りて、ナンジョンの商団から米を奪うことにしたのです。もちろん、テウォンが協力を惜しむはずがありません


今回テウォンは、キム氏の葬式でウォニョンに再会しました。これまでの印象だと、ナンジョンには敵意を抱いていても、ウォニョンには思慕の情が残っているように思えたのですが、実際に会ってみるとそれほどでもなかったようです。父への情よりも、本当の母親のように可愛がってくれたキム氏の葬式に堂々とやってこないような父に対する恨みや、キム氏を殺したナンジョンへの憎しみの方が強く噴出したのですね~きっと


母上はチョン・ナンジョンに毒殺されたのです!!


さすがのウォニョンもこれにはかなり驚いたようです。テウォンにはキッパリ否定しましたが、マッケには思わず確認せずにはいられません。この事はマッケは知らんのかしらね~


もちろん、ナンジョンに問いただしても、本当のことなど言うはずはありません。誰がそんな噂を流したのだとまたしても大仰な独り芝居を披露し、単純なウォニョンはまたころりと騙されてしまいます。というより、騙されていた方が楽ですからね。ズルい男なんですよ~きっと


こうしてオクニョvsナンジョンの構図が明らかになったところで、ついに、パク・テスの孫の正体が明らかになりました。や~は~り~ジホンだったそうですよん。その野心の強さから、不正に手を染めようと意に介さないジホンがオクニョの言葉に耳を貸すのか、に注目ですね


またテウォンはギョハとソジョンの勧めで素素楼の主人となるようです。政治的会合も多く開かれる素素楼を手に入れることは、今後のテウォンにとって大きな力となるに違いありません


オクニョ~運命の女~は続きもとっても楽しみですね


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.