2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

フォスター家の事情The Fosters)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: フォスター家の事情(The Fosters)あらすじと感想一覧


フォスター家の事情3The Fosters S3)】の第7話は「信仰と希望と愛」(Faith, Hope, Love)です。以下ネタバレのあらすじです。


キャリーとAJのキスシーンを目撃したステフは、早速対策に乗り出しました。AJは、マイクが資格を得るまでリタが預かることになったそうです。


キャリーは以前のブランドンとは違う=恋愛感情はないと言い切りましたが、リタは、その気は無くても犯す過ちは習慣だと指摘して、同じ過ちを繰り返さぬよう諭しました。キャリーも、養子縁組を目前にしてトラブルを起こす気はありません。


AJは逆にフォスター家を出れば付きあえると理解したようですが、キャリーはキッパリ断りました。


でも、その「過去のブランドン」のことがまたしても蒸し返されてしまいます。キャリーの養子縁組の推薦状を書こうとして過去の資料を調べたロビン(Kathryn Zenna)は、ブランドンがキャリーに対して接見禁止となった事実を突き止めてしまったのです。


この件に関する調査が済むまでキャリーは他の家に移されることになりました


前回マリアナと手に入れた車はなんと盗難車だったそうですし、まったくついていませんね


ついていないと言えば、ブランドンもいい勝負です。ブランドンはトニーからピアニストのジン(Mark Daugherty)を共有しようと誘われました。これでようやく友人ができたと感動したのもつかの間、トニーはブランドンのアイディアをそっくり使い、ブランドンより大胆なアレンジを披露したのです!?


それでなくてもブランドンは、クリスからもっと大胆になれと言われたばかりだったため、怒ったブランドンはトニーとジンに宣戦布告しました


You might've gotten away with stealing my idea, but we both know that my prepared piece would've blown yours out of the water. And if I ever had a doubt about the fact that I belong here, well, it's gone now, okay? So, prepare for some serious competition, my friend, 'cause I'm about to own you.
僕のアイディアを盗んだつもりだろうが、僕に敵わないことは君にも分かっているはず。今まで迷っていたけど吹っ切れた。もう容赦しない、友よ。打ちのめしてやる。


是非傑作を披露してほしいものです


また今回はAJの兄、タイ(Chris Warren)がやってきました。でもタイは、よほど辛い目に遭ったのか、AJよりずっと猜疑心が強くて、ようやくマイクを信じ始めたAJに水を差すようなことばかり言うのです。それもこれもAJを心配してのことでしょうけどね~なんとかマイクの誠意がふたりに伝わればよいのですが


さて最後はマリアナです。今回マリアナは、ベラの代母になることにしたのですが、そのためにはカトリック教会で洗礼を受けなくてはならないそうです。


リーナとステフは、同棲婚を認めないカトリックを憎んでいたため、何とか止めようとしますが、マリアナは、形式だけのことで信じなければ良いと割り切っていました。


が、実際に神父に会ってステフとリーナについて話したところ、神は罪人も受け入れる(We welcome all sinners)、と言われてショックを受けてしまいます。


I'm not gonna stand up there and say that I believe in a church that thinks my moms are sinners just for being gay.
ママたちが単にゲイだというだけで罪人扱いする教会にいるのも、信じるのも我慢できない


でも、カトリックにおいて「人間は皆ひとしく罪人」なのであって、ことさらゲイだけを迫害している訳ではない、と個人的には思うんですが、マリアナの気持ちも分かります。それにマリアナは、たとえ洗礼を受けていなくても、キリスト教の教えをしっかり身に着けているように感じましたが。


家族なのにアナの過去だけを見て彼女を責めるのはおかしい。どうしてもっと信じてあげないのか。


なかなか素敵な女性に成長してきていますね


最初はヒステリックに反対していたリーナも、最後にはカトリックの良い面を認めていたのは良かったですね。


One thing that I think is so beautiful, that they get really, really right, is forgiveness. Absolute forgiveness for ourselves, for others. I think we all deserve that.
1つだけとても美しく正しいと思える教えがある。それは許し。自分や他者に対する絶対的な許し。皆そうするべき。


そして、リーナが今回感情的になっていたのは、事が赤ちゃん絡みだったからのようです。リーナは赤ちゃんを失った悲しみから立ち直っていないのです。ステフはずっと支えていくと約束してくれました。


さーて来週はどうなるのかな。フォスター家の事情3は続きを見るのが楽しみです

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.