2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

長瀬智也さん主演のドラマ、【ごめん、愛してる】は2話目もなかなか良かったですね~。毎週は語らないとか言っておきながらまた語っちまう「lying obasan」です。(分かる人にだけ分かる話ですみません


以下ネタバレのあらすじですごめ愛のあらすじ行きますよ~(^^)/


麗子が自分のことなど全く覚えていないことにショックを受けた律は、翌日早速加賀美の家に乗り込みました。あれは本当に俺の母親なのか?


加賀美はずっと麗子を追っていたらしく、スクラップの一部を見せて律が捨てられた経緯を説明します。新進気鋭のピアニストだった麗子は、世界的指揮者の黒川と不倫をして律を身ごもったそうです。黒川は妻とは別れて麗子と結婚すると約束しますが、それは単なる口約束で、結局は捨てられてしまったため、麗子も律を捨てたのだそうです。


加賀美は律の怒りをあおり、マスコミに暴露記事を公表するよう勧めました。復讐したいと思わないか?


律はすぐに返事ができぬまま、またしても日向家を訪れました。そこへ出てきたボケチンこと凛華は、どんな理由にせよ、いきなり日本にやってきた律は職が無くて困っているのではないかと心配し、サトルの運転手にならないかと誘います。何せ律は韓国でも「運転手」をしていたのです


律もその気になって履歴書を書いたシーンがまた良かったですよね。律はあの後も若菜&魚親子と同居をしているのですが、魚がようやく律を認め、漢字の書けない律のためにスマホで検索し、代わりに書いてくれたのです。


魚が若菜に近づく男性を警戒しているのは、知的障がい者の若菜に近寄る男性のほとんどが若菜の体目当てだからだそうです。1つ200円の手作りホットドッグを売っている若菜は、2千円を渡されると体を許してしまうのです


俺は絶対に若菜に手などださない!


そう約束した律を魚が認めてくれたのは嬉しかったですよね


律は、麗子が「律」という名前で感づいてはいけないと、履歴書には「リュウ」という名を書き込みました。


何とか漢字も添えたとは言え、所詮は小学生と小学校中退の律が書いた履歴書です。あの麗子がそのような履歴書を持参した律を認めるはずもありません。またしても口汚く罵られた律は、麗子を「ク〇バ〇ア」と罵りかえし、加賀美に電話してしまいました。あの話、乗るよ


が、その直後、CMの撮影には車で出かけたいというサトルのために、凛華が麗子に無断で律に車を運転させます。そのハンドルさばきに無邪気に感心するサトルがまたなかなか無邪気で可愛いですよね。麗子の溺愛はいただけないけど、このサトルの純真さは律に似ている気がします


CMは、サトルの憧れの古沢燈子(大西礼芳)との共演でした。そこに燈子の愛人らしい男が現れたため、サトルはその男を警戒し、燈子から引き離そうとします。奔放な燈子はふたりが争うのを見て、自ら湖に飛び込みました。


いかにもチャラ男な不倫男はすぐに踵を返したのに、燈子を愛しているサトルは、心臓が弱くて泳ぐことなどできないのに、その燈子を追って湖に飛び込んでしまいます。案の定、すぐに発作を起こしかけたところに、律が颯爽と飛び込んで律を助けてくれましたいや~長瀬がかっこええわ~♪


これで「我が子の命の恩人」となった律を、さすがの麗子も認めぬわけにはいきません。しかも麗子は、律がヤクザの運転手をしていたと知り、サトルの用心棒になってくれと切り出します。


いざという時は身を挺してサトルを守って。世の中には価値のある命とそうでない命があるの


何ともひどい話でやんすが、冷静に考えると、この麗子も気の毒な人間ですよね。溺愛する息子のサトルも体が弱い上、捨てたとはいえ、自分の腹を痛めた息子の律も、余命わずかなのですから


それに、どんなにひどい扱いを受けても、律の母への愛は消すことができません。律自身は認めたくなかったようですが、若菜の言葉を聞いて認めざるを得なかったようです


律は若菜に、もし若菜に双子の妹がいて、その妹だけが良い思いをし、自分が辛い思いをしたらどう思うかと尋ねると、妹が幸せでよかったなと思う、と若菜が笑顔で答えたのです若菜と魚のカナカナ親子ががまた可愛いの( *´艸`)


そうか、お前はそう思うのか律と若菜のシーンが大好き(^^)/


たとえ若菜がそう言ったところで、律にその優しさに共感できる心が無ければ、そう思えるものではありません。律は加賀美の話を断り、もう少し麗子とサトルについて知りたいと思うようになりました。


それは、どんなにサトルが好きでも振り向いてもらえない凛華も同様です。片思いに苦しむ二人が意気投合し、屋台で飲んだ後、律が凛華を家まで送ってきたところで、ある事実が発覚しました


凛華は、律が持っていたあの指輪~サファイアの指輪を見て、無くさないようにと革紐に通して首にかけてくれたのですが、それを、どうやら律を捨てた張本人らしい凛華の父、三田が目撃してしまったのです


どうしてお前がここにいるんだ!?


だからって、何も凛華を殴らんでもいいですよね~。いったいどんな父親なんだか


さ~て来週はいったいどんな律の姿が見られるのかな。「ごめん、愛してる」は続きを見るのが楽しみですね


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.