ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

僕たちがやりました ネタバレと感想 第1話 面白かった!

窪田正孝さん主演のドラマ、【僕たちがやりました】を見始めました僕たちがやりましたのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


そう言ったら不謹慎だと言われちゃうかもしれないけれど、実に面白かった!現実的でリアルなドラマももちろんあっていいんだけれど、ドラマはあくまでもフィクションなのだから、たまにはこうしてぶっ飛んでほしいですよね。このく〇暑い夏にふさわしく、ワクワクドキドキハラハラの連続でした僕たちがやりましたが面白かった(^^)/。早くも続きが気になってなりません


以下簡単なネタバレのあらすじです


主人公の増渕トビオ(窪田正孝)は凡下(ボケ)高校の2年生。


いかにも今時の子どもらしく「毎日をそこそこ楽しく生きられればいい」がモットーです。どうやら幼馴染の蒼川蓮子(永野芽郁)に気があるようだけれど、その蓮子には「童貞」呼ばわり=子ども扱いされていると思い込んでいるらしい。いやいや、経験豊富なおばさんの目からは、蓮子もトビオに気があると見ましたが


そのトビオにはいつもつるんでいる仲間が3人います


ちょっと足りない?彼女=新里今宵(川栄李奈)ができたばかりの同級生、伊佐美翔(間宮祥太朗)、大人しくて寂しがり屋なマルこと丸山友貴(葉山奨之)、そして、ひとりだけ飛びぬけて先輩のOB、「パイセン」こと小坂秀郎(今野浩喜)。


このパイセンは、親がかなりの金持ちらしく、高校を卒業後は進学も就職もせず、家でぶらぶらしているようです。ちょっと見、トビオ達後輩(ハイコーとは言わんのね)もその「金」に釣られて「遊んでやってる」風でしたが、でもそこそこ頼りにしているようでもありましたよね。単なる金目当てじゃなくて、ちゃんとパイセンを好きだから一緒にいるように見えました


さてそんな3人が通うボケ校のすぐ隣にあるのが矢波(ヤバ)高校です。まさにその名の通り、かなりヤバい高校で、そこの生徒というよりもはやヤンキーたちが、ボケ校の生徒を襲う事件が多発します


その程度たるや警察も乗り出してくるほどですが、やってきた刑事の飯室成男(三浦翔平)がまたいかにもやる気のなさそーな風体でしたよね。相手が高校生だからいまいちやる気になれんのかしらね。


そんな暴力沙汰にはできるだけ関わりたくないトビオ達だったのに、ある日、ヤバ校の中でも一目置かれているワル=市橋哲人(新田真剣佑)がまたしてもボケ校の生徒を襲っているのを見たマルが、つい

ヤバ高全員死ね!

とつぶやいたのを聞かれてしまい、一気にヤツラのターゲットになってしまいます市橋がまた酷い男なんだvv。普段大人しいのに限って過激なことを言っちまうのね


いつものように4人で出かけたところをマルだけが拉致され、やはりボケ校の生徒らしいウ〇コこと水前寺(加藤諒)を殺すよう命じられてしまいました。殺さなければお前を殺すと言われたマルは、無我夢中で水前寺の首を絞め続けます


水前寺が白目をむいて意識を失うと、ようやくこれで解放されるかと思いきや、今度は別のボクサーもどきと勝負するよう命じられました。そこでもボコボコに殴られたらしいマルが箱詰めにされてトビオ達の目につくところに置かれたのは大分後のことだったようです。


大切な仲間が半殺しの目に遭ったと知ったトビオは、これまでのポリシーはどこへやら、俺たちであいつらを殺そう!と言いだしました。もちろん、本気ではなかったのですが


パイセンは、金に飽かせて爆弾を用意し、皆でこっそりヤバ校に忍び込んで学校中のいたるところにこれを仕掛けてきました。でもちゃんと動物たちの飼育小屋を避けてくるところなんざエライですよね


翌日4人はボケ校の屋上でそのスイッチを1つ、また1つと押し始めます。次々と起きる爆発に驚いたヤバ校の生徒たちが逃げまどう様子は、トビオ達にとっては痛快極まりないものでした。ボケ校の生徒たちは、どこからか襲撃されていると勘違いして大騒ぎしているのです


いつも苛めているのですから、まあ多少の報復は天罰ですよね~ただし、人畜無害な爆発、せいぜい爆竹程度であれば、の話でござるが


それがそうではなくなったのは、それからすぐのことでした。ヤバ校の一棟がいきなり大爆発したのです!


それまで大喜びしていたトビオ達もビックリです。しかもどうやら、にっくき市橋もかなりの重症らしいのですが??


一体何が起きたのか~途中、飯室刑事が追っていたヤクザ?の輪島宗十郎(古田新太)が関わっていたりするんですかね


これからどんな話が展開していくのか、今から楽しみでなりませぬ。「僕たちがやりました」は続きを見るのが待ち遠しいです僕たちがやりましたの続きが楽しみ(^^)/

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング