2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

韓国ドラマ、【思いっきりハイキック!】も、あっという間にもう66話まで見終わりました。今さら「あらすじ」でもないでしょうから、今日は人物ごとの簡単な感想などをしたためたいと思います


まずは家長のイ・スンジェから参りましょうか


も~このオヤジはホントに憎たらしいですよね~。日本のモラハラ亭主そのものです


時々可愛いところもあるし、優しいところもあるにはあるけど、ゼッタイ一緒には暮らしたくないタイプだわ~と毎回見るたびに痛感している次第です


人前ではエラソーにしているくせに、裏ではAVに夢中だったり、幼馴染の女性と秘かに逢引していたり、若いタレントにも鼻の下を伸ばしたりと、イイトコ全くないんだもの。よくあれでムニが我慢してるな~エライな~と感心しきりでござりまする。ま、一度だけムニの髪を洗ってくれたのはそれなりに評価するけど、そんなことぐらいで騙されちゃあかんよね


だから、英語ができないのにできるふりをしていたのがヘミにばれたのには大笑いでした。それに、その幼馴染からの手紙や小包をムニに捨てられてしまったのも痛快でした。スンジェがもう少しまともならムニの行動も非常識だとは思うけれど、普段の態度を見ていたらそのくらいされてトーゼンとしか思えません


あんなんだから、ジュナは酔っぱらうと「ちびっこ父さん」をいじりたくなっちまうのですよね。ミニョンは事あるごとに逆らうし


言っても言ってもキリがないので、このオヤジの悪口はこれぐらいにして、次は今大注目の「ユノとミンジョン」に行かせていただきまする


これが日本のドラマだと「教師と生徒の禁断の恋!とか言って怪しい雰囲気が漂うんですが、このドラマではまったくそれが感じられず、ただユノの純粋さだけが浮き彫りにされて実に可愛いんですよね


またミンジョンも、どんだけ可愛がられて育ったのか、本当に優しくて素直なイイ子なんです。おばさんにしてみれば、どっちも「子ども」にしか見えんのだす


だから今はミンジョンにとってユノは生徒であり子どもでしかないんですが、10年後を考えたら、絶対にミニョンよりユノの方がお勧めだと声を大にして言いたいですわ


ミニョンは、ああ見えてスンジェにそっくりだもの~底意地の悪いところが。ちなみに、どこからどう見てもブラピには見えませんよね、むしろ狸にそっくりです。あ、(顔が)可愛げがあるという意味です


まあ、この手のドラマで、ユノとミンジョンが結ばれることはまずあり得んでしょうが、とにかく、このふたりのシーンは見ているだけで笑顔になれる大好きなシーンであることは間違いありません


最初の頃はちと苦手だったミノも今は可愛く思えてきました。とはいえ、ボムの方が好きですけどね。だからボムからミノを奪った?ユミが憎らしくてなりません


~でも、このユミ=パク・ミニョンさん(主役級じゃないから「ミニョン」の名は譲ったのでしょうか)は今、「リメンバー」というドラマでとっても素敵な役どころを演じていて、少し見る目が変わってきています。そう思うこと自体、このハイキックのメンバーがとても他人とは思えなくなってきている証拠なのです


こうしてミノとユノがそれぞれにとっても良い子なのはすべて、ヘミとジュナがオシドリ夫婦だからですよね。一見、ジュナは仕事のできないダメ夫に思われがちだけれど、ヘミほどできる女性なら、ああした「癒し系」を夫にしたことがどんだけ賢明だったか知れやしません。実は似た者同士だったりするミニョンがもし夫だったら、と考えただけでぞっとします


とはいえ、念のためお断りしておきますが、ミニョンが嫌いという訳ではないのですよ。おばさんが若かったら、絶対にジュナよりミニョンを選んだと思います。でも年を取ってみると、男は顔じゃない、心だ、と確信するようになっただけで


見ていると楽しいんだけど、いざ書くとなると何を書いてよいか分からず、何ともまとまりのないレビューになってしまいました。後は最終回まで語る機会は無さそうですかね~。終わったらきっと寂しくなることだけは請け合いですね


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.