2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ダウントン・アビーのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: ダウントン・アビー あらすじと登場人物一覧


ダウントン・アビー6】(Downton Abbey S6)も正真正銘最終回を迎えてしまいました。もうこれ以上望めないほどのハッピーエンドに感無量だったのはおばさんだけではありますまい


本当に素晴らしいドラマだったと感激する一方、このような奥深いドラマにはもうなかなか出会えないのではないかと寂しく思ってしまいます。


貴族とは言え、否、貴族だからこその問題をたくさん抱えた大家族と使用人たちの話に、最初は深夜枠での放送に納得したものでしたが、今となっては、これほど老若男女問わず楽しめる奥行きのあるドラマを深夜枠で終わらせるのは実にもったいないと感じています。


続編や映画化ももちろん嬉しいですが、できることならもう一度、否、何度でも、録画をしなくてもだれもが楽しめる時間帯で是非全シーズンを再放送していただきたいと切に願う次第です。


前置きが長くなってしまいました。これを語ってしまうと本当にお別れだと思うと大変名残惜しいですが、以下、最終回「懐かしき友、久しき日々のあらすじをまとめさせていただきますダウントン・アビーファイナル、最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/。お手数ですが「続きを読む」をクリックしてご覧くださいませ


最初はやはり、最も気をもんでいたイーディスから参りましょうか


偏屈で傲慢極まりないように見えたあのペラム夫人が、イーディスの告白を評価し、バーティーとの結婚を認めてくれました


Should I turn down a daughter-in-law who, in addition to having birth and brains, is entirely and unimpeachably honest?
家柄も頭もよい上に申し分ない正直さを持った義理の娘を断るべきかしら?


バーティーは母親を誤解していたのですね~。クローリー家の女性に負けず劣らずなかなか素晴らしい女性ではありませぬか。むしろ今後はバーティーがしっかりしないと、嫁と姑にがつんとやられちまうかもしれませんね


無事ブランカスター城での婚約発表を終えて戻ってきたイーディスは、即、お膳立てをしてくれたメアリーに礼を言いましたが、メアリーの好意をまだ信じられません


You're such a paradox. You make me miserable for years, and then you give me my life back.
あなたって人は本当に分からない。ここ何年も私に惨めな思いをさせて、今度は人生を取り戻してくれた


それが家族というものですよね。普段はいがみ合っていてもここぞという時は力になる。ロバートが倒れた時やメアリーの結婚式の様子を見るにつけ、ふたりともそれを分ってはいたのだけれど、なかなか素直になれなかっただけだと個人的には信じています。


Look, we're blood and we're stuck with it. So, let's try and do a little better in future.
私たちは姉妹だから、これからは上手くやっていく努力をしましょう


ダウントンアビーで愛する人々に囲まれたイーディスは本当に幸せそうで感慨深かったです。トラビス牧師も、今度こそ新郎に逃げられぬよう、式の前に祈ってくれていたに違いありません


一方のメアリーにも祝福が訪れます。どうやらヘンリーの子どもを身ごもったようなのです


ヘンリーとトムはふたりで中古車販売を始め、村に店=Talbot & Branson Motorsを構えました。ふたりはメアリーをこっそり呼び出して店内を案内します。


There's nothing wrong with being married to Mr Rolls or Mr Royce.
ミスターロールスやミスターロイス(ロールスロイス)と結婚するのも悪くないだろう


そう悪戯っぽく微笑んだトムに対し、ヘンリーは自信なさげにこう問いかけました。


Have I miscalculated? Are you ashamed of me?
誤算だったか?君は僕を恥じている?


メアリーはもちろん、こう答えました


I'm as proud as anyone living.
誰よりも誇らしく思っているわ


ヘンリーが喜んで他にはもう何も望まないと誓うと(I'll never ask for another thing again, I swear)、さらに嬉しそうな顔で妊娠を仄めかします


Yes, you will, and you're going to get it, too.


ここで彼らの台詞を確認しようとしてたまたま吹き替えの声を耳にしたのですが、メアリーの吹き替えをした方(甲斐田裕子さん)の声はかなり落ち着いた響きですが、ヘンリーは逆にとっても若々しい声(祐仙勇さん)なのですね。このシーンには特にピッタリでしたね


ヘンリーは大騒ぎでしたが、メアリーは、今の主役はあくまでもイーディスだから内緒にしておかなくては(I don't want to steal Edith's thunder)、と諭しました。その言葉を聞いただけでトムは大喜びです


Which is, in itself, a sign of happy times to come.
その言葉自体、幸せな時が来た証拠だ


次は楽しみにしていたイザベルとヴァイオレットです。ふたりは宣言通り、ディッキーの屋敷に乗り込んでいきました。アミリアとラリーは必死でふたりを追い返そうとしますが、ディッキーが騒ぎを聞きつけて降りてきます。ディッキーはイザベルが自分を避けていると思っていたそうです。


She didn't stay away. She was denied entry.
イザベルは避けてなどいない。追い返されていたのよ


頼もしいヴァイオレットの援護射撃を受けたイザベルは、ディッキーに断固としてこう命じました


Right, here's what we'll do. We'll go up now and speak to your valet. He can take everything you need to my house this evening.
これからすることはこれよ。二階に行ってあなたの従者に必要なものを今夜すべて私の家に運ぶよう命じて。


またしても邪魔しようとしたラリーにはディッキーもついに引導を渡します


Larry, as my son I love you, but I've tried and failed to like you. Will you please leave me to get on with what remains of my life?
ラリー、息子としては愛しているが、どうしても好きにはなれなかった。残りの人生を好きに生きさせてはくれないか。


イザベルもディッキーが待ち望んでいた言葉をようやく口にしました


In future, I'll look after your father. I intend to marry him as soon as it can be arranged.
これからは私がお父さんの面倒を見るわ。準備ができ次第、彼と結婚するわ。


ヴァイオレットもどんなに嬉しかったことでしょう。しかも、ディッキーの貧血は悪性ではなく鉄欠乏性だったというおまけつきです。まったくロンドンの病院も当てにならんね


さて次はカーソンです。病が進んで仕事ができなくなったカーソンは、そんな彼を心配して下にやってきたロバートとメアリーに、ついに辞意を表明しました。カーソンは、イーディスの結婚式が済んだら後任を募集&面接して引退すると申し出ます。


メアリーは、引退後も屋敷に残ってほしいと引き留めましたが、カーソンの決意は固く、前任者がいたらやりにくい、の一点張りです


が、その後、ちょうどイーディスの結婚式の後のパーティーで、カーソンがシャンペンをつげなくなったのを見たトーマスがその代わりを買って出ました。カーソンは、いかにもカーソンらしく、今日のトーマスは招待客なのだからそんなことはさせられないと固辞しますが、トーマスはカーソンの力になれるのが嬉しいのだと微笑みます


I'm happy to help, Mr Carson.


その様子を見ていたロバートははたと閃きました。Carson, I know the answer.(カーソン、答えが見つかったぞ)


も~ここは待ってました!でござりましたトーマスがダウントンに戻ってきた!(^^)/。ロバートは、トーマスをカーソンの後釜に据えると提案し、カーソンもまた、自分が育てたトーマスなら大丈夫だと納得してくれたのです。I trained him.


カーソンとエルシーは引き続き今のコテージに住むことになりそうです。今度こそチャーリーエルシーと呼び合うようです


そしてその後、アンナはメアリーの部屋で産気づき、そのまま男の子を出産しました。メアリーとヘンリーがそのままベイツとアンナに部屋を譲って出ていったのも微笑ましかったですね。まさにHappy New Yearです。


また、ずっと煮詰まっていたデイジーは一念発起して髪を切り、メイソンとの同居を決めてアンディにもこう(思わせぶりな)告白をしました


I've decided a lot of things. But I won't tell you all of them now.
たくさんのことを決めたの。でもまだ全部は言えないわ。


デイジーから同居を告げられたメイソンは、パットモアにもちょくちょく遊びに来るよう誘います。


I hope we'll be seeing a lot more of you there, too, Mrs Patmore.


パットモアが「I don't know about that」(どうなるか分からない)と答えると、メイソンはパットモアの目をじっと見つめてこう言い返します。I think you do.(分かっているはずだ)


いやいやここにも恋の予感がいたしまするパットモアとメイソンもお似合い♪


一方、スプラットの「内職」を知ったデンカーは得意げにヴァイオレットにこれを告げ口しましたが、ヴァイオレットが大いに興味を示したため、鼻をへし折られてしまいます


In future, I shall come to you for advice about my clothes, and my entertaining. Who knew we had an expert in the basement?
これからは衣服や娯楽についてはあなた(スプラット)に意見を求めるわ。地下にエキスパートがいたなんて誰が知ってて?


まさに「She never likes to be predictable」(≒へそ曲がり?笑)でござりまする


そしてロバートは、コーラが病院のことで多忙になったのが面白くなかったようですが、イーディスの結婚式のために(泣く泣く子供を置いて)帰国したローズに、生き生きと働くコーラの姿を見せられて、コーラを誇りに思ったそうです。またヴァイオレットもコーラを認め、ダウントンと病院をこの素晴らしい嫁に託しました


It is your kingdom now, your village, it is your hospital. And I think you run it very well.
あなたの王国よ。あなたの村、そしてあなたの病院。あなたならきっとうまくやっていける。


新しい年を迎え、上の階ではパーティーが続いている中、下の階では、エルシーが「Auld Lang Syne」を歌いだしました


Should auld acquaintance be forgot and never brought to mind?
懐かしき友たちは忘れられゆくものなのか。


その頃上ではババ様たちがいかにも含蓄のある最後の会話を交わしていました


ヴァイオレット:
Makes me smile, the way every year we drink to the future, whatever it may bring.
おかしな話ね。毎年「未来」に乾杯するなんて。それが何をもたらすかも知らずに


イザベラ:
Well, what else could we drink to? We're going forward to the future, not back into the past.
それじゃあ他に何に乾杯するの?私たちは前にしか進めない。過去には戻れないのよ


ヴァイオレット:
If only we had the choice!
どちらに進むか選べたらよいのに


最終回にふさわしい実に粋なエンディングでございました


2014年の5月に始まった「ダウントン・アビー」~このドラマのおかげで贅沢な時間を過ごさせていただいたことに心から感謝したいと思います。またこのような素晴らしいドラマに出会えますことを心から祈って筆を置かせていただきます。


また最後になりましたが、毎回暑苦しくも長たらしいあらすじ感想をお読みくださいました皆々様にも心から御礼申し上げます。これからますます暑くなりますので、どうぞくれぐれもご自愛くださいますように本当にありがとうございました!



  
英文のスクリプトです。ダウントンアビーファンなら是非手元に置いておきたいですね



【Amazon.co.jp限定】ダウントン・アビー ファイナル・シーズン ブルーレイBOX(全6シーズン収納BOX付き) [Blu-ray]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 6

There are no comments yet.
とらこ  
涙涙…

本当に素晴らしいドラマでした!

そしてこのブログも!!

おかげさまで楽しみが二倍でした。

ありがとうございました。

2017/07/26 (Wed) 08:21 | EDIT | REPLY |   
とらこさんへ  
こちらこそありがとうございました!

とらこさん、こんにちは♪
いつもブログをご利用頂きましてありがとうございます(^^)/。

ついに終わってしまいましたね~本当に素晴らしいドラマでした。

またいつか面白いドラマをご一緒できますようにv-22。こん

2017/07/26 (Wed) 15:13 | EDIT | REPLY |   
みつき  
奇跡みたいな…

こんなにもたくさんのハッピーが重なったハッピーエンドを知りません。
奇跡的な煌めきがあるドラマでした。

こんさまの感想で、ふたたび感動にひたっております。
長い間、ドラマとこちらで楽しませていただきました。
英語のセリフも、そんな風に言っているのね、と勉強になりました。

ありがとうございました。

2017/07/27 (Thu) 18:27 | EDIT | REPLY |   
みつきさんへ  
ドラマならではですね♪

みつきさん、こんにちは♪
いつもブログをご利用頂きましてありがとうございます。

このハッピーエンドに象徴されるように
ドラマの醍醐味がいっぱい詰まった本当にドラマらしいドラマでしたね。
何度でも見直してじっくり味わいたい作品ですね。

またこのような素晴らしい作品をご一緒できるとよいですね^^。こん

2017/07/28 (Fri) 15:03 | EDIT | REPLY |   
yocchi  
No title

本当に これ以上奥深いドラマにこの先出あえるかと思ってしまいました。

シーズン前半で 録画し損ねたりしたところがあるので、おっしゃるように是非 普通の時間の再放送があるといいなあと思いました。

私は吹き替えで視聴していたので こちらのブログは勉強になりました。

ありがとうございました。

2017/07/29 (Sat) 11:14 | EDIT | REPLY |   
yocchiさんへ  
寂しくなりますね

yocchiさん、こんにちは~♪
いつもブログをご利用頂きましてありがとうございます^^。

本当に素晴らしいドラマでしたね~。
終わってしまってすっかり寂しくなりました。

再放送をしてくれたら絶対また見たいですよね。
もう一度見たらまた新しい発見もありそうな気がしませんか?(^_-)

また面白いドラマをご一緒できるとよいですね。
どうぞまたいつでも遊びにいらしてくださいね~v-254。こん

2017/07/29 (Sat) 16:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.