2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

長瀬智也さん主演のドラマ、【ごめん、愛してる】は5話もなかなかでしたね~。以下ネタバレのあらすじです長瀬のごめ愛のあらすじ行きますよ~(^^)/


律はいつものように自分の動画を撮りながら、再び「一日一善」について決意表明していました。以前は「1日1回は美味しいご飯を食べること」(一日一膳)だと思っていたらしいのですが、膳ではなく「善」だと知ったそう。それで律は

1日1回は良いことをして、家族とともに美味しいご飯も食べる

と決めたそうです。家族とは、血のつながりは関係なく、律の側にいて、律が大切に思っている相手のことです。若菜に魚、そして凛華


その凛華は、サトルのコンサートをこっそり覗きに行きました。おそらくは、自分が側に付いていないとだめだと言ったサトルのことが心配で様子を見に行ったのでしょうが、そして確かにサトルは演奏前には動揺していましたが、いざ演奏する際にはまったく問題なかったため、凛華は、もうサトルには自分が必要ない、と思ったようです。


凛華は会場を抜け出したその足で若菜の店を手伝いに行きました。そこへまたしてもあのヤクザがやってきて、今度は店を潰されてしまいます。あの場所はそのヤクザの組が仕切っているそうで、これまでは若菜の身体を目当てに大目に見てきたのだそうです


まったくね~これを警察が取り締まれない日本って本当に法治国家なん?とドラマだということを忘れて怒りたくなります


その後凛華は、今度はサトルのサイン会を覗いてサトルに見つかってしまいました。また戻ってくればいいというサトルの言葉に、凛華は、自分と一緒に若菜も雇ってもらうことにします。


若菜や律は、自分の食べる分は自分で働いて稼ぐよう言い聞かせられて育ったのだそうです。私は魚の母親だから、魚にかかるお金も私が稼がなくちゃいけない若菜が健気で泣ける(;´・ω・)


話を聞いた律は三田にばれないようなんとか指輪だけは外させましたが、相手が若菜ではそれも無理な話です。若菜は三田が律を「リュウ」と呼んだのを聞いて、リュウではなく「律」だと訂正してしまいます


三田は、ふたりが育った、というより、自分が律を置き去りにした施設へ行き、律の身元を確認しました。律が「岡崎」を名乗っているのは養父母の姓だということも聞かされます。が、真相を知ったからと言って、それを理由に律を追い出すこともできません


またサトルはついに塔子から結婚の承諾をもらいました。塔子が遊び人に見えたのは、女好きな父親が亡き母を泣かせたというトラウマから、結婚や家庭生活に絶望していたからなのだそうですが、サトルという誠実な人間に出会ったことで、父を見返すためにも結婚しようと決意したのだそうです。その父親は入院中でもう長くないようでした。


喜んだサトルは自宅でふたりの婚約を発表することにし、そこで麗子にピアノを弾いてほしいと頼みました。


サトルのために麗子がピアノを練習するのを、律が黙って聴き入っています。後に律が明かしたところによると、律にはそれが「子守歌に聞こえるのだそうです。律がお腹にいた時も、麗子はピアノを弾いていたのでしょう


その麗子がある日、サトルから貰ったルビーの指輪が無くなったと騒ぎ出しました。麗子は当然のように若菜を疑います


服を脱ぐよう命じられた若菜は必死でこれに抵抗し、律の名を呼びました。りっくん!助けてりっくん!!


ちょうどサトルとともに帰宅した律が慌てて駆けつけると、若菜はすっかり怯えきっていました。律はそんな若菜をなだめ、家に連れて帰ります。こいつは仕事を辞めさせる。俺もクビにしてもらって構わない


もちろん指輪は麗子の勘違いで、その辺の床に転がってましたよ


これを見つけたサトルが家まで謝りに来ます。母は悪いと思っても謝れないから分かってやってほしい


律が戻ってくると、ぶっきらぼうながらも麗子は一応謝罪しました。その上麗子は、自分も昔は貧乏だったから、若菜と同じように泥棒扱いされて嫌な思いをしたことがある、と打ち明けます。それなのに、自分が同じことをしてしまった、と


そんな一面を覗かせながらも、麗子は律が近づくと、途端に警戒してしまいます。サトルが塔子と旅行に出かけて寂しくなった麗子が、おそらくは酒を飲んでふらついたのを律が慌てて抱きかかえると、触らないで!と冷たく突き飛ばしてしまうのです。


少しだけ母に近づけた気がしていたに違いない律はまた落ち込み、やはりサトルが去っていった寂しさで落ち込んでいた凛華と座り込んで静かに言葉を交わしました。


俺だって元気がない時もある。死にたくなる時もある。生きてても意味ねえなって。


そんなのダメだと言った凛華に、律は、じゃあ元気をくれ、抱きしめてくれ、と促しました。凛華は「分かったよ、チャン」と言って両手を大きく広げます


律はその腕に抱かれながら、俺の名前は「チャン」じゃない、親からもらった「律」という名前がある、律と呼んでくれ、と頼みました。凛華は、分かったよ、律、と言い直し、律の髪をなでながら、いい子いい子、と励まします。


ふたりがこうして抱き合っている姿は、薬を取りに戻ってきたサトルに目撃されてしまいました。あの表情からして、サトルは凛華の大切さに気付いたのでしょうね~きっと。とはいえ、今頃気づいても遅いんですけど


また世間では、サトルと塔子の婚約に続き、麗子の隠し子についても報道されてしまいます。いきなりのことに衝撃を受ける麗子一体誰が?


予告では、麗子が誰か(サトル?)にすべてを打ち明けると言い、三田は凛華に律との交際は絶対ダメだと怒鳴っていました。「絶対ダメだ」というと血縁なのかとも妄想しますが、そういう話ではないのですよね??


毎回、凛華と律の心が寄り添っていく様子があまりに心地よくて、律の身体のことも忘れてしまいそうなほどです律と凛華がお似合い過ぎ( *´艸`)


ごめん、愛してる」は続きを見るのが楽しみです


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.