ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

僕たちがやりました ネタバレと感想 第6話 罪悪感に耐えられるか?

窪田正孝さん主演のドラマ、【僕たちがやりました】、今週は第6話です。展開の内容は想定内でしたが、なかなか迫力がありました。以下すぐにネタバレです


パイセンこと小坂秀郎の父親はやはり輪島宗十郎でした。小坂は輪島と愛人の間に生まれた息子だそうで、小坂本人は父親が誰か知らずに育ったようです。今の小坂を見れば分かるように、金だけはふんだんに与えられていたようですが


小坂の代わりに自首してきた犯人の真中も、輪島が手を回してホームレスを買収したようです。ボケ校爆破では10名が死亡しているため、犯人は当然死刑を免れません。真中はそれを承知で金を受け取って身代わりになったそうです。


小坂はこの事情を全て知った上で、あれは冤罪だった、とトビオ達に嘘をついていました。が、根っからのアホなため、つい真相を漏らしてしまいます


本当に無実だったと聞かされて心からホッとし、自宅にも帰って喜んでいたトビオを始め、伊佐美もマルも、この真実には愕然としてしまいました


が、小坂は、これはもう解決したことなのだから、自分達が黙っていさえすれば問題はない、すべてを闇に葬ろうと促します。これにつられてマル、そして伊佐美が声を合わせると、トビオもまたいつものように流されて、その気になってしまいます。


闇の中!闇の中!


そこへ突然飯室が現れました。飯室は彼らの会話をすべて聞いていましたが、だからと言って彼らを逮捕する気は毛頭ないと言い放ちます。既に警察上層部にも手が回ったから、下手をすれば自分も輪島に殺されかねないというのです。


が、飯室は、卑怯な彼らをどうしても許すことができず、一言言ってやりたくてやってきたそうです。飯室は事故で亡くなった少年たちの写真を並べてこう言いました


お前たちが殺した10人だ。これからお前たちが幸せになろうとした時、必ずその顔が思い浮かぶはず。お前たちは決して幸せになどなれない。一生苦しむがいい!


これを聞いたトビオは「10人」ではなく「11人」だと独り言ちます。真中が死刑になれば、それもまたトビオ達が殺したのと同様だからです


それからというもの、何をしてもトビオの心が晴れることはありませんでした。マルや伊佐美は平然としているようですが、トビオには耐えられそうにありません。


そしてトビオはついに、屋上から身を投げてしまうのですが?!


以前は伊佐美も同じように首を吊りかけましたものね。マルはともかく、伊佐美もトビオと同じように本当は苦しんでいるに違いありません。お前は親に愛されずに育ったと言われた小坂も、心中複雑なのは間違いないことでしょう


一方、嘘の証言をした菜摘は輪島に深い恨みを抱いていたようですが、それが何なのかはまだ明らかにされてはいません


果たしてトビオは助かるのか?今後どう生きていくのか??kao1


僕たちがやりました」ということは、最後には自白するのではないかと思われますが、その辺をどう料理していくのかが今後の見どころになりそうです


僕たちがやりました」は続きを見るのが楽しみですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング