2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

コードブルー3】の8話を視聴しました。いや~無事でよかったです。以下ネタバレのあらすじですコードブルー3のあらすじ行きますよ~(^^)/


前回の予告で最も心配だったのはやはり緋山のことでした。緋山は名取とともにヘリで成田空港で倒れた男性を救助しに向かったのですが、そこで名取が点滴をしようとしたところ、患者が動いたためにその針を緋山に刺してしまったのだそうです


最初の情報では、その患者はエコノミークラス症候群だということでしたが、病院に到着後吐血したため、何らかの感染症が疑われることとなりました。橘は皆に、一旦患者から離れてマスクやゴーグルを着用するよう命じます。これを聞いた名取と緋山は動揺せずにいられませんが、緋山はその動揺を隠してなんとか冷静に振る舞います。


その理由は、後に緒方が指摘したところによると、期せずして「被害者」となった緋山が動揺したら、後輩の名取が居たたまれないだろうと考えてのことだったそうです


緋山は秘かに自分の血液を採取し、名取のことには一切触れず、患者の血液とともに感染症研究センターに送ってもらうよう藍沢に依頼しました。そこへ先の患者が死亡したという連絡が入ります。


西アフリカを回っていたジャーナリストと聞けば浮かぶのはエボラ出血熱です。まさか!?


ずっと白石のアパートに居候と決め込んでいた緋山は、ちょうど部屋が見つかったと出ていこうとしていた所でした。病室に隔離された緋山は白石に皮肉を言わずにいられません。あんたの部屋には帰らないから安心して。ずっとソファだったから、久しぶりにベッドに寝るのが気持ちいいわ


一方、前回線路に落ちて大けがをした灰谷が、ようやく復帰してきました。白石は、繊細な灰谷が自殺を図ったのではないかと心配します。灰谷は性格上、明るく振る舞えば振る舞うほどその心理状態が透けて見えるようなのです


あんたが心配しても何も変わらない。あんなんで死ぬんだったら弱すぎ


緋山の冷たい態度に腹を立てていた白石は、どうしても緋山に優しい言葉をかけることができません。緋山自身は、何せ命がかかっているのですから、たとえどんなに強がろうと、内心平静ではいられず、八つ当たりしただけなのですが。


そこへ緒方がやってきました。緒方と緋山は病院のコンビニデートを約束していたらしいのですが、緋山は行けなくなったことを知らせなかったようなのです。これもまた緒方に余計な心配をかけたくなかったからでしょう


でも、緋山を心配した名取が緒方に知らせてくれました。緒方はすぐに緋山の病室を訪ね、マスクもせずに入ってきます。


俺がそばにいてやる。先生が俺を励ましてくれたように、今度は俺が先生を励ます番だ!


緒方がずっと一緒にいてくれたことでようやく緋山の心が落ち着いた翌朝、白石もまた居たたまれなくなって駆けつけてきました


緋山のいない部屋で一晩過ごした白石はとても寂しかったそうです。部屋を貸して救われていたのは自分の方だった。話を聞いてもらえるだけで救われた。その相手は緋山先生がいい


もちろん緋山は感染していませんでした。こうして緋山は、引き続き、白石の部屋に居候を決め込むことにしたそうです。だって、いてほしいんでしょ?


その後緋山は緒方とデートに出かけたそうです


また、先輩たちに温かく見守られているフェローたちにも格段の進歩が見られました


今回灰谷は、もう患者を死なせたくないと言って、画像上は異常がないにもかかわらず痛みを訴えていた12歳の少年を、藍沢の勧めに従って入院させていました。たとえ何もなかったとしても、患者がそれで「安心」するならそれも立派な治療だから


が、灰谷の不安は的中し、その少年が急変してしまいます。スタッフドクターたちは皆手が離せなかったことから、藍沢はフェロー3人で何とかするよう命じました。ひとりひとりはまだ半人前ですが、それぞれに知恵を出し合った彼らは「チーム」として患者を救うことに成功します


よくやった。救命はチームだ


藍沢はこの言葉を自分にもぶつけていたようです。以前の奏の手術の際、藍沢が席を外した時にもし新海が藍沢を待ってオペしていたら、もしかしたら、結果は違っていたかもしれないそうです。新海は、藍沢を出し抜きたい気持ちを抑えられず、藍沢も、その時はともかく、新海と争う気持ちは同じように抱いていた。


あの時俺たちはチームじゃなかった。患者を救うために最善の方法を選ぶことができなかった。


患者にとっては本当にありがたい話ですが、医師としてどこまでも自分に厳しい彼らを見ているだけでこちらも苦しくなってしまいます。そんな彼らに「仲間」がいてくれることが自分のことのように嬉しくてなりません仲間同士で励まし合って頑張ってほしい


スタッフたちはもとより、フェローの間にも「絆」が生まれてきたところで、それぞれの新たな道が示されるようです。果たして皆はどのような道を選択するのでしょうか。コードブルー3は続きを見るのが楽しみですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.